ストレスで一気に白髪になることってあるの? 白髪に有効な食べ物

一晩ではあり得ないが、強いストレスで一気に増えることも

毛髪ができる過程でメラニン色素が取り込まれて色がつく。老化、ストレス、遺伝、栄養不足は白髪の原因に

捕われたマリーアントワネットの伝説の真偽は?

 歳をとるにつれ、髪に白いものが混じり始めるのは誰にでもあること。しかしそれが、あるとき髪全体が一気に白くなってしまう、などということが起こり得るものでしょうか。

 歴史的に有名なエピソードに18世紀のフランス王妃、マリーアントワネットの伝説があります。フランス革命で断頭台の露と消えたマリーアントワネットですが、革命軍に捕われ幽閉されたとき、処刑の恐怖のあまり一夜にして白髪になってしまったというのです。伝説ですから真偽のほどは確かめようもありませんが、髪が成長するメカニズムからいうと、こんなことはあり得ないというのが結論です。

 髪の毛は、皮膚に埋まっている部分を毛根(もうこん)といいます。毛根の最下部には毛細血管が通る毛乳頭(もうにゅうとう)があり、ここから栄養を吸収した毛母(もうぼ)細胞が細胞分裂を繰り返しながら少しずつ押し上げられ、頭皮の上に出て毛髪となります。 この過程のなかで、毛母細胞の間にある色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素をつくり出し、それが毛母細胞に取り込まれ、頭皮から出るときは色のついた毛髪となっています。
 毛髪は男性で3~5年、女性で4~6年伸び続けるといわれます。この間、色素細胞はメラニン色素をつくり続け、髪の色が維持されます。

ストレスは毛髪の生育や色素細胞の働きを低下させる

 ところが、色素細胞の働きが何らかの原因で低下してメラニン色素をつくり出すことができない事態が起こると、色素を取り込めなかった髪、つまり白髪が生えてきます。色素細胞の働きを低下させる原因はいくつかありますが、誰にも避けることができないのは老化です。
 歳をとるにつれて色素細胞はその働きが低下するだけでなく、数そのものも減ってくるためメラニン色素ができにくくなるとされています。

 しかしなかには、10代や20代でも白髪が目立つ人もいます。これには遺伝的要素が強いといわれてはいますが、はっきり解明されているわけではなく、偏った食生活や睡眠不足といった生活習慣も関係しているのではないかと考えられています。

 また、ストレスも白髪をもたらす大きな要因の1つです。ストレスがかかると毛細血管が収縮するので、毛母細胞や色素細胞の働きを弱めてしまうことが考えられます。
 マリーアントワネットの一夜伝説は、まさに極度のストレスによるものでしょうが、メラニン色素が供給されるのは毛根から伸びていくときで、頭皮から外に出てすでに色がついた毛髪が白くなることはありません。ですから、一晩で白髪になるなどということは、脱色でもしない限りあり得ないことなのです。

 もっとも、ストレス状態が続けば、メラニン色素の生成が妨げられたりしたところから徐々に白髪として現れてきますから、気づいたときには一気に白髪が増えていた、という印象を持つことはあるかもしれません。

亜鉛や銅、カルシウムなどのミネラル摂取を意識して

 白髪の発生を抑えるには、規則正しい生活やストレスの解消などに心がけることが基本になりそう。なかでも、栄養バランスのよい食事に努めることは重要でしょう。

 毛髪の主な原料はアミノ酸ですが、その合成には亜鉛が必要。また、メラニン色素の原料はチロシンというアミノ酸の一種ですが、その合成には銅が欠かせません。さらに、カルシウムは色素細胞を活性化します。たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなども髪の成長に必要です。
 白髪の少ない健康な毛髪を保つために、これらの栄養素を毎日の食事で意識して補いましょう。

●白髪予防に有効な栄養素を豊富に含む食品
亜鉛:玄米、アーモンド、海藻、牛肉、貝、葉物野菜、きのこ類 など
銅 :牛・豚レバー、アーモンド、牡蠣、えび、いか、納豆 など
カルシウム:乳製品、小魚、大豆・大豆製品、ナッツ類、海藻、葉物野菜 など

【関連コラム】
「食事とストレス管理で髪を若々しく」
「最近抜け毛や薄毛が気になりませんか?」

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【髪がきれいな人の習慣10選】白髪、薄毛、パサつきを手軽にレスキュー

こんな髪の悩み、あなたの生活習慣が原因です!
「髪の美しさは、加齢とともに失われると思っている人が多いのですが、原因は別にもあります」と、アンチエイジングドクターの日比野佐和子先生。 「実は整髪剤をつけたまま寝てしまうなど、日々のケ... 続きを読む

ほくろができるまで-ほくろに似た皮膚のがん・メラノーマを解説

誰の顔にも1つや2つは見つかりそうなほくろ。その語源は古くは「ははくそ」。母の胎内でくっついたカスと考えられていました。鎌倉時代には「ははくろ」ともいわれ、それが転じて「はうくろ」という言い方も生まれ、今のように「ほくろ」と変化したのは室... 続きを読む

大和撫子美多民(ビタミン)伝説

“大和撫子”それはいにしえから伝わる、私たち日本女性の美しさを称えた言葉。大和撫子は世界一、健康と美の多い民なのです。その美しさを過去の伝説とせず、未来永劫この伝説を語り継ぐことができるように... 続きを読む

胎児に危険な水銀も!髪の毛で有害物質がわかる「毛髪検査」とは

妊娠したら、食べるのを控えるべきもののひとつに“魚”があります。「魚って体にいいはずでは?」と素朴なギモンが湧きますが、気をつけなくてはいけないのは、魚に含まれる“水銀”。厚生労働省は、「魚は健康的な食生活を営む上で重要な食材ですが、魚... 続きを読む

女性の性欲と美容は関係がある!?その真偽とは!

女性の性欲と美容には関係があるという説があります。それは本当なのでしょうか?もしそうなら、セックスするたび女性は美しくなれます。女性の性欲と美容は関係がある!?その真偽とは!女性の性欲のピークとは? 女性の性欲は20代半ばから始まり、4... 続きを読む

母の存在が重い…【母娘クライシス】を抜け出す6つのコツ

年末年始に帰省したものの、母親との関係にどっぷり疲れて……。そんな、実母との確執に悩む女性が増えているようです。“母娘クライシス(危機)”はどうすれば乗り越えられるのでしょうか。 良妻賢母だった母が
特に娘を苦しめる! 多くの女性た... 続きを読む

シミを防止するキャリアオイルって?メラニン産生を抑制するオイルで美肌に!

強い日焼け止めはお肌に負担ですね。日焼け止めの使い過ぎが、秋口の肌荒れや乾燥肌になる原因の一つと言われています。日焼け止めにもいろいろな種類があるので、できるだけお肌の負担にならないものを選び、あとは日傘や帽子、お洋服などで防備するのが... 続きを読む

美点マッサージって?田中玲子先生のゴッドハンド7大伝説

めっちゃやせるゴッドハンドの持ち主田中先生。あちこちで聞く噂から、そのスゴ腕っぷりが明らかに! 伝説1 今でも後ろからナンパされる プロポーション抜群の田中先生(年齢不詳)の後ろ姿... 続きを読む

レティシア王妃 国民から愛されるBeauty

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 82 レティシア妃 Letizi... 続きを読む

女性500人が答えた「一夜の過ち」を防ぐ方法ランキング

ムダ毛処理をしないでおく ダサい下着を着けていく 親に「○時になったら電話して」とお願いしておく オバサンっぽい肌着を着ていく ボロボロのパンツを履いていく 6位以降をみる とくに好きでもない、付き合っているわけでもない男性と、なんとなく... 続きを読む