食べすぎ・飲みすぎに効くツボ-胃腸にいいツボをイラストで解説

年末年始の暴飲暴食による胃の疲れや食欲不振などを改善する

つい食べすぎ飲みすぎで消化器に負担をかけてしまいがちなこの季節。お灸やツボ押し、温めで快適に

胃の特効ツボ「六華の灸」はちょうど胃の裏あたり

 クリスマスに忘年会、お正月、新年会と楽しい行事が続く年末年始は、つい食べすぎ飲みすぎで胃腸に負担をかけてしまいがち。
 おいしく食べられることは健康な証拠ですが、胃の疲れや食欲不振といった未病(病気までいかないけれど不調を感じている状態)のうちに、ツボ療法で体の調子を整えましょう。

 *一般的なツボの探し方、マッサージの方法は、『自分でできる簡単ツボマッサージ 1』を参照してください。

 胃の特効ツボと言えば、背中にある「六華の灸」(ろっかのきゅう)です。別名「胃の六つ灸」(いのむつきゅう)とも言われる膈兪(かくゆ)・肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)の6つのツボが背骨の両脇にあります。ここにお灸をすると非常によく効きます。

 お灸でなくても、指圧でも効果があります。「六華の灸」はちょうど胃の裏あたりにありますが、胃腸の調子が悪いときにはこのあたりが重苦しく感じられることがありますね。
 背中のこの部分に手を当ててもみほぐしたり、さすってもらうだけでも楽になります。

まずは丹田に手を当て、温めるイメージで腹式呼吸を

 おなかが痛むときは、自分の手を痛む場所に当てて、ゆっくり深い呼吸をしましょう。手を当てたところが冷えているようでしたら、簡易カイロなどで温めながら行うとより効果的です。
 深い呼吸は横隔膜を動かして腸の蠕動運動を助け、緊張をほぐし消化器の動きを良くします。

 おなかの不調全般には、下腹部の真ん中の丹田(関元)に手を当て、温めるイメージで腹式呼吸をすることから始めましょう。

 胃腸のツボと言えば胃の真ん中にある中かん(ちゅうかん)です。中かんはストレス性の胃の不調や胃腸の疲れを癒します。みぞおちにある巨けつ(こけつ)は食欲不振によく効きます。これらのツボを指でじっくり押したり、もむのもおすすめです。
 おなかのお灸も気持ちの良いものです。ぜひ図のツボでお試しください。

気づいたときに押したい手足や耳のツボ

 手にも消化器に効くツボがあります。さまざまな体の不調に効く万能ツボ合谷(ごうこく)は、胃腸の調子を整え消化機能を改善します。労宮(ろうきゅう)はストレスによる胃腸の不調に効きます。いつでも気づいたときに押せるのが手のツボのよいところです。

 耳には、胃の動きを活性化して消化を助けるツボ、その名も胃点があります。ここをもんだり、つまようじのお尻の部分で刺激したり、お米の粒を絆創膏で貼ったりして刺激すると、胃の調子が良くなります。

 足にある胃腸のツボ足三里は消化器全般によく効きます。また、ひざの上にある梁丘(りょうきゅう)は胃の働きを整え、足指のれい兌(れいだ)は胃のむかつきや吐き気にも効きます。

 年末年始は忙しさからくる精神的な疲れや冷えなどによっても体調をくずしやすく、胃腸も不調になりやすいいときです。冬の体調管理に、次の記事もご活用ください。
『簡単ツボマッサージ20 精神的な疲れ』
『簡単ツボマッサージ21 冷え性・風邪』

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
佐藤 明子先生


心愛治療院 院長
宮城学院女子大学卒業後、神奈川衛生学園専門学校卒業。鍼灸按摩マッサージ指圧師、リンパ浮腫療法士(日本リンパ学会・日本脈管学会・日本血管外科学会・日本静脈学会認定)、日本医療リンパドレナージ協会 上級修了。2002年より、がん術後リンパ浮腫治療とがん術後の身体のコリ・張りの専門治療を行っている。
東京・南青山『心愛治療院』(http://sinnai.net/

食べすぎ・飲みすぎに効くツボ-胃腸にいいツボをイラストで解説 関連コラム

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

じんわりと温かいお灸ダイエット

お灸
普通、腰痛や肩こりの改善などに利用されるお灸ですが、ダイエットや美容にも大変効果があると言われています。
お灸ダイエットは、無理な運動など一切なしでホッとリラックスしながらでき、ストレスの解消にもなるお勧めのダイエット法です。 ... 続きを読む

生理のトラブルに効くツボマッサージ 自分でできるイラスト解説付き

月経痛、月経不順、月経前症候群(PMS)など、月経にかかわる不快な症状は女性にとって悩ましい問題です。初経から閉経までの長い期間に、これらの症状に悩まされることのない女性は少ないでしょう。
背中や腰、おなかのツボを使ったマッサージは、... 続きを読む

便秘に効くツボマッサージ方法-イラストで分かりやすく解説

便秘で悩む女性は少なくないでしょう。便秘になるとおなかが張って苦しくなったり痛くなるだけでなく、気分もすっきりしませんね。本来なら体外に排出されるべき老廃物が体内に長く居座るため、腸内環境が悪化して吹き出ものや肌荒れ、くすみなど肌のトラブ... 続きを読む

ダイエットの特効食!黒ゴマおからダイエット

18kg/15kg/5kg/やせた! おなかいっぱい食べても低カロリーなダイエットの特効食、黒ゴマおから。効果のヒミツは黒ゴマとおからの組み合わせにあり! 撮影協力/大野孝枝、外崎久雄 取材... 続きを読む

ストレスや不眠に効くツボマッサージ-心の疲れをツボやお灸で癒そう

疲れに効くツボマッサージ2回目の今回は、「精神的な疲れ」を中心に、ストレスによる食欲不振や不眠、精力減退に効くツボマッサージを紹介します。
精神や情緒面で不安定になると、動悸がして呼吸が浅くなり、手足が冷たくなったり、ほてったりします... 続きを読む

痩せるツボマッサージのやり方-食欲を抑えるツボやむくみに効くツボ

太り過ぎに効くツボ(やせるツボ)は数多くあります。しかし、そもそも太る原因は「消費エネルギーより摂取エネルギーが多すぎる」ことですから、まずは食べ過ぎを抑えて運動するのが基本。ツボが効くからといって、食べてゴロゴロしていては効果も半減して... 続きを読む

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

お肌の調子は腸内から整えよう!簡単にできる腸内環境セルフチェック

「腸の仕組みや腸内フローラが発見された」など、いろいろと話題になっている腸。実は、肌コンディションも腸内から届いているものです。 では、自分の腸の中はどんな様子なのでしょうか?セルフチェックしてみましょう。お肌の調子は腸内から整えよう!... 続きを読む

見直したいお灸の健康効果-女性におすすめのお灸で効くツボ

お灸は、よもぎから作られるもぐさを皮膚の上に置いて燃やし、その温熱刺激で血行を良くし体のバランスを整えるもの。お年寄りがするものというイメージが強いお灸が、最近若い女性の間で人気上昇中だとか。
なかでも東京・銀座にある「せんねん灸お灸ル... 続きを読む

気になる角質にお試しあれ!角質ケアには拭き取り化粧水が効く

「なんとなく肌がくすんで見える」という人は、もしかしたら角質がたまっているかもしれません。そんな時には、拭き取り化粧水を使って角質ケアを行うとよいでしょう。拭き取り化粧水はたくさん種類がありますから、自分の肌に合ったものを選びます。気に... 続きを読む