脳の疲れには休むより「運動」が効果的!? おすすめの運動法

頭の疲れやストレス対策は何も考えず体を動かすのがおすすめ

疲れたときこそ軽い運動をすることで疲労回復を早めることができる。休日はゴロゴロするより体を動かそう

ストレスや頭の疲れはゴロ寝では解消できない?

 進学や就職、職場の異動などで環境が変わった人も、新しい環境に慣れたころでしょうか。それでもまだ緊張続きでストレスがたまっている人、あるいは環境は変わらないけれど、人間関係や仕事上の悩みで精神的に疲れているという人も少なくないでしょう。そして今度の休日は、1日ゴロ寝で疲れを解消しようなんて思っているかもしれませんね。

 でも、ちょっと待ってください。単なる肉体的な疲れなら、ゆっくり休むことで解消されますが、ストレスや頭の疲れはゴロ寝ではなかなか解消できません。
 それどころか、家でただゴロゴロしていると、気になることや仕事のことをくよくよと考えてしまい、かえって逆効果になりかねません。
 それではどうすればよいのでしょうか。

スポーツの後はすぐに体を休めるより、軽い運動が疲労回復を早める

 スポーツ選手の間では、運動後の疲労回復法としてアクティブレスト(積極的休養)という考え方が定着しています。これは、スポーツのあとすぐに体を休めてしまうのではなく、軽めの運動をすることで疲労回復効果を高めようというもの。

 激しい運動で酷使された筋肉は硬くなって血行が悪くなり、疲労物質である乳酸もたまっています。そこで軽い運動を行って血液循環を良くすると、乳酸がスムーズに分解され、疲労回復が早まるとされています。
 つまり、疲れたときこそ軽い運動をすることで、疲労回復を早めることができるというわけです。

精神的な疲れにもアクティブレスト(積極的休養)が有効

 このアクティブレスト(積極的休養)の考え方は、体の疲れだけでなく精神的な疲れにも有効です。

 運動には、ストレス解消や心身をリラックスさせる働きがあることはよく知られています。これには、幸福感をもたらすエンドルフィンや、精神を安定させるセロトニンなど脳内物質の分泌が、運動によって促されることが影響していると考えられています。

 また、精神的な疲労はあっても肉体的には疲れていないとき、寝つきが悪かったりぐっすり眠れなかったりすることはありませんか? そんなときも、軽く運動して肉体的にも少し疲労するほうが、ぐっすり眠れて疲れがとれます。

 何より、何も考えず体を動かすことに集中しているうちに、小さな悩みはふき飛んでしまうでしょう。

楽しみながらできるリズミカルな運動を

 心や頭の疲れをとるには、無理なく楽しみながらできる運動、一定のリズムで体を動かす運動がおすすめです。たとえばウオーキングや軽いジョギング、サイクリング、エアロビクス、スイミングなど。これらリズミカルな運動には、セロトニンの分泌を促す効果があるといわれています。

 スポーツクラブや家でランニングマシーンもよいけれど、お天気のいい日は外に出て太陽の光を浴びながら、景色を楽しみながら運動するのも、気持ちが晴々してよいものです。仕事を忘れ、頭をからっぽにして体を動かしましょう。

毎日の生活に軽い運動をとり入れよう

 できれば、週末だけ運動するのではなく、毎日の生活に軽い運動をとり入れるとなおよいですね。朝のラジオ体操や入浴後のストレッチなどできる範囲でかまいません。
 特に寝る前のストレッチはリラックス効果があり、体のこりとともに精神的な緊張もほぐしてくれるので、頭が疲れている人におすすめです。

 運動は生活習慣病対策はもちろん、パソコン作業などによる慢性的な疲れにも有効です。心身の健康のために、普段から運動習慣を身につけておきましょう。

 ただし、貧血や内臓の病気、糖尿病などが疲れの原因であることもあります。いつもと違うと感じたり、休んでも運動してもなかなか疲れがとれないときには病気も疑い、受診することをおすすめします。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

!ラジオ体操ダイエット

ラジオ体操
ラジオ体操ダイエットは、毎日ラジオ体操をするだけのダイエットです。
ラジオ体操によって刺激できる筋肉はなんと400種類以上です。
このようにさまざまな筋肉を動かすので代謝がアップして脂肪が燃焼しやすく痩せやすい身体になっ... 続きを読む

【科学が証明】正しい疲労回復法-疲労がたまると老化が進む

正しく対処しないと疲労は蓄積する一方。疲れが蓄積すると自律神経の働きが乱れ、生活習慣病や老化の促進にも。思い込みではなく科学的な対処法を。 疲労と老化の原因は同じ。こまめに解消を 暑い日が続くと、ふつうに生活しているだけで疲れてしま... 続きを読む

雨続きだと体調が悪くなるのはナゼ? お天気の体の関係と対処法

梅雨の時期は、肩こりや頭痛、むくみなどの身体の変調、あるいは、気分の落ち込みに悩まされる人が多いのではないでしょうか。その原因の一つといわれているのが「気象病」。低気圧が日本にとどまることで、心身に影響を与えているのです。 どうして「... 続きを読む

ヨガは2.5、エアロビクスは6.5!あなたのその運動、消費カロリーは?

ダイエットに欠かせない食事と運動。食事の摂取カロリーは気になり、お店のメニューやお弁当などのカロリーチェックをすると思います。では、運動でどのくらいエネルギーを使えたの?
それを知れば運動へのモチベーションもかなりUPすること間違なし!... 続きを読む

効率よく脂肪を燃やす有酸素運動-効果倍増のウォーキング法とは

体にとって大切なエネルギーである脂質。しかし、その過剰摂取は高血圧や動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞をまねくことになります。体内に蓄積された脂肪を減らすために有効なのが有酸素運動です。運動を始めると、体はまず糖質を燃やしますが、その後、... 続きを読む

パーソナルトレーナーが教えるダイエットのコツ-運動前の食事は?

暖かくなりましたね。身も心も軽く、思い切り体を動かしてみたくなりませんか?
ダイエットや体力づくりのために、ジムに行こう、ランニングを始めようという方もいるでしょう。ふだんから運動している人も、これから始めようという人も、運動前後に何を食... 続きを読む

体質改善にもなる「スイミングダイエット」

スイミング
スイミングダイエットは、泳ぐことでカロリーを消費して痩せるというダイエット方法です。
スイミングは実はとてもカロリーを消費するスポーツで、同じ人が30分をーキングをした場合と30分泳いだ場合では、泳いだ方が約3倍もカロリー... 続きを読む

力がなくても大丈夫-自宅でできる足裏のツボとマッサージ方法

前々回、前回の2回にわたって、太ももから足首にかけて脚全体のマッサージを紹介してきました。今回は足裏のマッサージです。
足の裏をマッサージしてもらって、スッキリした経験はありませんか? 足裏には「反射区」といって、体のあらゆる部分(器... 続きを読む

酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果

人類最古の発酵調味料といわれる酢。最近はその健康効果が注目され、お店には色々な種類の酢が並び、酢を使ったドリンク商品がよく売れています。黒酢カフェやビネガーバーなども話題になっています。
食品成分表には食酢類として穀物酢、米酢、果実酢... 続きを読む

流行のウェアを先取りしてスポーツデビュー!スイミング編


まだまだ厳しい残暑がつづいているけれど、秋はすぐそこ。ダイエッターなら食欲の秋はおあずけにして、ことしこそスポーツの秋を楽しまなきゃ!
となると気になってくるのはウエアのこと。せっかくならおしゃれにもとことんこだわ... 続きを読む