冷たいものの摂りすぎはデブのもと? 夏太りを予防する方法とは

基礎代謝の低下とエネルギー過多、運動不足で夏は太りやすい

「夏冷え」も夏太り、秋太りの原因に。「夏は太りやすい」ことを意識して過ごすことが大切

夏はやせる人より太る人が多い?

 8月ももうすぐ終わりですが、涼しくなるのはまだ大分先になりそうです。厳しい暑さが続いていますが、食欲が落ちて「夏やせ」してしまったという人は、そう多くないのではないでしょうか?

 夏というと「夏バテ」から「夏やせ」を連想したり、汗をかく分やせやすいのではと思いがちですが、実は逆のようなんです。最近は「夏やせ」どころか「夏太り」する人が多いという報告もあります。

夏太る原因は基礎代謝の低下、摂取エネルギーの多さ、運動不足

 夏に太る人が多い理由の第一は、基礎代謝の低下といわれています。
 基礎代謝とは呼吸や血液循環、体温調整といった、生きていくために不可欠な活動で消費されるエネルギーのことで、眠っている間も消費されています。
 寒いときは体温を維持するために脂肪を燃やしてエネルギーを作りますが、気温の高い夏はその必要がないため、ほかの季節に比べて基礎代謝が下がるのです。

 次に、食事などでとるエネルギーが意外に高くなりやすいことが挙げられます。たとえば暑いからとそうめんなどの麺類単品で空腹を満たした場合、炭水化物が多く摂取エネルギーは高いのに、ほかの栄養素は不足します。すると糖質や脂質の代謝に必要なビタミン・ミネラル類が不足し、脂肪として蓄えられることになってしまうのです。
 甘い清涼飲料水やビールの飲みすぎも、エネルギーの摂りすぎに直結です。

 そして、真夏は屋外の運動などは休みがちになるうえ、普段なら歩いて行くところも電車や車を使ったり、外出そのものを避けたりと、運動不足になりやすいのも太る原因です。

「冷え」も太る原因に?

 さらに、「夏の冷え」が夏太りや秋太りの原因になるって知ってました?
 クーラーで冷えすぎた電車やオフィス、冷たいもののとりすぎ、ノースリーブにホットパンツでサンダルと肌の露出が大きい服装など、夏でも冷えやすい条件はたくさんあります。

 冷えは血行を悪くして肩こりや腰痛、腹痛、下痢などの症状をひき起こしたり、免疫力の低下につながることが知られていますが、この「冷え」も代謝を低下させて太る原因になります。さらに冷えから内臓を守ろうと体に脂肪がつきやすくなるので要注意!

 また、冷たい飲み物のとりすぎなどで胃腸が冷えると、胃腸の働きが鈍くなって消化・吸収が悪くなり、栄養不足になることも。涼しくなると食欲が出てきますが、栄養不足の人は不足分を取り戻そうとたくさん食べてしまい、秋太りにつながるとか。

夏太り、秋太りを防ぐには

 「夏は太りやすい」ということを意識して過ごすようにしたいものです。まずは栄養バランスのよい食事をとり、涼しい時間のウオーキングやスイミング、屋内でできる体操などで運動不足解消をこころがけましょう。運動は基礎代謝のアップにもつながります。

 以下に、肥満だけでなくさまざまな不調を招く「冷え」を防ぐためのポイントを挙げます。

●クーラーの効かせすぎに注意し、自分で調節できない場所ではストールやカーディガン、ひざ掛けなどでしっかり対策を。特に首、足首、手首は冷やさない。

●入浴はシャワーだけで済ませず、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かると冷えの改善に効果的。

●涼しい室内では常温か温かい飲み物で水分補給を。冷たい食事が中心なら温かいスープを飲んだり、せめて食後のお茶は温かいものを。しょうがやねぎ、にんにく、こしょう、とうがらしなどの香味野菜や香辛料、発酵食品など体を温めるものを積極的にとるとよい。

 今からでも遅くありません。まだまだ続く暑い日の過ごし方に気をつけ、夏太り、秋太りを防ぎましょう。

【関連コラム】『夏だって「冷え」対策をお忘れなく!』

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

夏バテの原因や症状-対処法や食事で気をつけることは?

うっとうしい梅雨が明けて太陽ギラギラの夏本番ですが、相変わらず湿度は高いのが日本の夏。人間の体は暑いと汗を出し、汗が蒸発するときの気化熱で体温が下がるのですが、湿度が高いと汗が蒸発しないため体温が下がりにくく、体には大きな負担となります。... 続きを読む

女性は夏も冷えを感じている-体を冷えから守る3つのポイント

もうすぐ本格的な夏がやってきますが、暑さ対策と同じく大切なのが夏冷え対策です。冷房の効いた部屋で過ごしていると、体が冷えきり外に出てもなかなか温まってくれないといった経験は、特に女性に多いはずです。
女性は男性と比べると筋肉量が少ない... 続きを読む

「クーラー冷え」を予防して、夏の体調不良を克服!【カウンセリングルームから】

連日、日本中で猛暑が続いています。自宅や職場、移動に使用する車や電車などでもクーラーが効いていて、涼しく快適に過ごせるようになっています。 とはいえ、暑い中を歩いてきた人には快適な電車でも人によっては寒く感じますし、職場は背広姿の男性... 続きを読む

寝苦しい夜をぐっすり眠る方法-クーラーなしで涼しく眠るには?

夏も中盤にさしかかると、食欲が低下する、体がだるい、疲れやすいといった夏バテの症状が出てきます。体温以上の気温が何日も続けば、夏バテになるのも無理はないかもしれません。夏バテする、しないの違いは、暑さに負けずに夏を乗り切るだけの体力、気力... 続きを読む

やせるメカニズム:摂るエネルギーより、消費するエネルギーを増やす

お湯をただあふれさせてムダに流してしまうなんて、お金はかかるし、ガス代はかかるしで、もったいない。体脂肪も同じこと
ヒトが普通の暮らしのなかでエネルギーを消費することを基礎代謝と呼びます。基礎代謝は家の中... 続きを読む

流行のウェアを先取りしてスポーツデビュー!スイミング編


まだまだ厳しい残暑がつづいているけれど、秋はすぐそこ。ダイエッターなら食欲の秋はおあずけにして、ことしこそスポーツの秋を楽しまなきゃ!
となると気になってくるのはウエアのこと。せっかくならおしゃれにもとことんこだわ... 続きを読む

夏が終わっても熱中症対策は続けたほうがいい理由とは?

熱中症は、高い気温と湿度によって引き起こされ、頭痛や吐き気、めまい等、ひどくなると意識障害になり死に至る場合もあります。
気温が高くなると、体内の熱を放出するのが困難になります。さらに湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、脳にある体... 続きを読む

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む

運動の秋と言われるだけあって、秋にダイエットしたほうが痩せるにちがいない?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 運動の秋と言われるだけあって、秋にダイエットしたほうが痩せるにちがいない! A. YES…秋はカラダにとってもダイエットに最適な季節! 近年、夏... 続きを読む

エネルギーを燃焼しやすい体に!冷えを治して基礎代謝アップ

ダイエットをしたけど効果がいまいちだった……。そんな経験はありませんか?
もしかしたら、それは体が冷えているからかもしれません。「冷え」を理解して、やせやすい体に近づきましょう! ... 続きを読む