子どもの虚弱体質を改善するツボマッサージ 優しくなでて刺激する

緊張をほぐし全身を元気にするツボ、胃腸の調子を整えるツボ

子どもへのツボマッサージは、パパやママが言葉をかけながら、ツボのあるエリアを優しくなでて低刺激に

弱いところに症状が出てしまう子どもの心身のメンテナンスにも

 ツボ療法は、大人だけでなくお子さんにもよく効きます。ツボマッサージが得意とするのは、病気まではいかないけれど何か不調のある「未病」と呼ばれる状態。病気ではないのにすぐに疲れたり体調を崩しやすい「虚弱体質」も、未病といえるでしょう。

 子どもなら、おなかが弱くてしょっちゅう下痢や便秘をする、いつも落ち着きがなくイライラして熱を出したり吐いてしまう、気候の変化に敏感でかぜをひきやすい、せきが止まらないなど……、その子が体質としてもっている弱いところに症状が出ることが多いようです。
 今回は、そんな心身のメンテナンスに役立つツボマッサージを紹介しましょう。

子どものマッサージは、パパやママが様子を見ながら優しく触れて

 まず、赤ちゃんから15歳以下の小児へのツボマッサージの特徴と注意点を押さえておきましょう。

 小児は体の機能や仕組みが未熟で抵抗力が弱いため、生まれつきの体質だけでなく、気候の変化や食生活、精神的状態などにも影響を受けて大きく症状が出てしまいます。
 一方、病気や体調の回復は大人よりはるかに早く、ツボマッサージの効果が出やすいのも小児の特徴。ただ、小さい子どもほど刺激に敏感ですから、刺激が強くなりすぎないよう注意が必要です。

 その点、子どもの成長度合いを近くで見て知っているパパやママなど家族なら、子どもの発達に合せて、無理強いすることなく行うことができます。
 体を触ると嫌がって泣く、機嫌が悪くなる、怒るなど、少しでもそんなことがあればしばらく様子を見て、落ち着いてから行いましょう。

 体と心はつながっているため、大好きなパパやママが優しく触れ、子どもが喜んで体を委ねることが大切です。気持ちよく触れることで心が落ち着き、心も体も安定し、「元々生まれ持った気」を活発にして「元気」になるのです。

ツボのあるエリアをなでることで刺激

 小さな赤ちゃんや幼児のマッサージは、ベッドやソファーで横になっているときや、ひざの上にいるときに始めましょう。大切なのは、手のひらを体に密着させ、優しくなでるように行うこと。温めた手で、ツボのあるエリアをなでることで刺激します。

 また子どもへの言葉がけはとても大切です「おなかが気持ち良くなるよ」とか「いい子、いい子」「“ふーっ”て息はいてごらん」「気持ちいいね」「楽になるよ」「落ち着くよ」などと言葉をかけながら行ってください。

(1)ぐずったり、イライラしているとき
 背中をさすることから始めましょう。背骨の周囲や両わきには、体の緊張をほぐしてイライラを治め全身を元気にするツボがあります。子どもの様子を見ながら、緩急つけてマッサージするとよいでしょう。

(2)おなかの調子が悪いとき(下痢をしやすい子、便秘や胸やけのとき)
 おへその周りを、円を描くようになでさすりましょう。おへその周りには、胃腸の調子を整え消化機能を高めるツボがあります。おなかを触らせてくれないときは足のマッサージでもよいでしょう。

 次回は、小児のかぜ、ぜんそくを予防・改善するツボマッサージを紹介します。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
佐藤 明子先生


心愛治療院 院長
宮城学院女子大学卒業。鍼灸按摩マッサージ指圧師、リンパ浮腫療法士(5学会認定)。2002年よりがん術後リンパ浮腫治療、がん術後の身体のコリ違和感の専門治療を行う。東京・南青山『心愛治療院

子どもの虚弱体質を改善するツボマッサージ 優しくなでて刺激する 関連コラム

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その5 外で子どもと遊ぶ時

今回は、子どもと一緒のお出かけについてです。子どもが小さいときのお出かけは、色々と持って行くものも多くて大変なので、力のある男性のほうが有利な面もあります。小さいときはあっという間に過ぎてしまうので、一緒に遊びに行く時間を大切にするといい... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その6 予防接種は必要?

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンなど、ワクチンに関するさまざまな記事が、新聞や雑誌、インターネット上で毎日のように流れ、母親たちにとっては最大の関心事の一つになっています。
自分の子どもの予防接種をどうし... 続きを読む

子どもの風邪やぜんそくに効くツボマッサージ 長引く咳にも効果あり

せきが止まらないときは大人でもとても苦しいものです。とくに子どもの場合は見ているだけでもつらくなります。
せきの原因は風邪や喘息、気管支炎、アレルギーなどさまざまですので、まずは医療機関を受診して適切な処置を受けてください。
それで... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト

皆さんは「未病(みびょう)」という言葉をご存じですか?
健康診断、検査などで異常はないけれど、体の疲れやだるさ、胃腸の不調、手足の冷え、不眠などなんらかの体調不良を感じている状態、まだ病気ではないが放置するといずれ病気として治療が必要にな... 続きを読む

食欲の秋こそ、食べてメンテナンス!美活に取り入れたいスーパーフード5選

食欲の秋がやってきました。栄養満点の食べ物で体内のはたらきを活性化させましょう。代謝が高まり、食べても太りにくい体質を実現できますよ。そこで今回は、体内のはたらきを活性化する栄養素がたっぷりのスーパーフードを5つご紹介します。食欲の秋こ... 続きを読む

筋力UPや若返り効果も!ダイエットウォーキング【インターバル緩急】

Aloha~!ウォーキングプロデューサーのOK和男です。健康増進・ダイエットのためにウォーキングを積極的に行っている人ならば、筋力UPや若返り効果まで期待できる歩き方にも興味あり!?ダイエットウォーキングのポイント第3弾は、緩急を活かし... 続きを読む

お肌の調子は腸内から整えよう!簡単にできる腸内環境セルフチェック

「腸の仕組みや腸内フローラが発見された」など、いろいろと話題になっている腸。実は、肌コンディションも腸内から届いているものです。 では、自分の腸の中はどんな様子なのでしょうか?セルフチェックしてみましょう。お肌の調子は腸内から整えよう!... 続きを読む

わきの肉を落とす!老廃物を流すマッサージ&ストレッチ3つ

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。年齢とともに皮膚がたるみ、気になってくるわきのお肉。歳のせいとあきらめる前に、なぜわきの肉がついてたるむのか?原因を押さえて解消する方法をご紹介致します。わきの肉を落とす! わきの周りは... 続きを読む

痩せるツボマッサージのやり方-食欲を抑えるツボやむくみに効くツボ

太り過ぎに効くツボ(やせるツボ)は数多くあります。しかし、そもそも太る原因は「消費エネルギーより摂取エネルギーが多すぎる」ことですから、まずは食べ過ぎを抑えて運動するのが基本。ツボが効くからといって、食べてゴロゴロしていては効果も半減して... 続きを読む