細菌やウイルスの感染によるガン 肝臓ガン・胃がん・子宮頸がん

肝がんの90%はC型・B型肝炎ウイルス感染後に発症

がんの中には、ウイルスや細菌の感染によって発症するものがあり、肝がん、胃がん、子宮頸がんなどはその可能性が指摘されています。各がんに関与する細菌やウイルス、発がんとの関連、予防対策について紹介します。

肝がん―日本ではC型肝炎ウイルスの感染によるものが多い

 肝がんの約90%はC型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した後、発症しています。とくに日本人にはHCVの感染者が多く、その数は100~200万人ともいわれます。しかし、HCV感染者のすべてが肝がんを発症するわけではありません。感染者の60~70%が肝炎を発症し、その後、慢性肝炎となる人も少なくありませんが、肝硬変、肝がんに進行するのは、そのうちの一部です。ただし、肝硬変になった人は、35%の割合で5年以内にがんを発症し、その治療後、異なった場所にがんが発生する確率は3年間で70%といわれています。

 肝がんの予防には、まず、感染の有無を確認し、肝硬変に進行させないことです。さらに重要なのが、新たな感染を防ぐことです。近年、新規の感染者はほとんどいませんが、歯ブラシやカミソリなど血液の付着しやすいものを共有しない、性行為の際にはコンドームを使用する、入れ墨やピアスは清潔な器具で行うなどの注意が必要です。

ピロリ菌―胃・十二指腸潰瘍や胃がんの原因になることも

 胃がんと関わりが深いとされる細菌がヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter Pylori=ピロリ菌 )です。ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜にすみついて慢性的な炎症を起こし、胃・十二指腸潰瘍や、胃がんの前がん段階ともいわれる萎縮性胃炎をひきおこすことがあるといわれています。ピロリ菌は井戸水などから経口感染し、日本の場合、国民の約半数、50歳以上では7~8割の人がこの菌に感染しているといわれます。

 しかし、感染者のすべてが胃・十二指腸潰瘍や胃がんを発症するわけではなく、多くの人は胃に問題を生じません。現時点では、ピロリ菌の除去は、胃・十二指腸潰瘍の治療のためには有効であるものの、病気を発症していない保菌者まで除菌する必要はないとする考え方が一般的です。

ヒトパピローマウイルス-感染者の1%ががんに

 子宮の頸部(腟につながっている部分)にできる子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって起きるといわれています。HPVは性行為によって感染しますが、多くの場合、自然に消滅します。しかし、消えないまま感染が長期化すると、子宮頸がんをひきおこすことがあります。アメリカでは75%の女性がこのウイルスに感染していると推計され、日本でもほぼ同程度と考えられますが、子宮頸がんを発症するのはこのうち1%ほどです。感染予防のため、セックスの際にはコンドームを使用しましょう。また、子宮頸がんは、早期発見・治療が有効ながんなので、性体験のある女性は、年に一度は検診を受けるようにしましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
国立がんセンター研究所・副所長 若林敬二氏
国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センター・センター長 神田忠仁氏

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  6. 6
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  7. 7 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  9. 9
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  10. 10
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  11. 11 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  12. 12
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  13. 13 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  17. 17
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  18. 18
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  19. 19
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  20. 20
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…

一覧