女性のライフスタイルの変化と共に進化する婦人科検診

子宮・卵巣の病気を予防する新しい検診スタイル

豊かな食生活、初潮の低年齢化、子どもを産まない夫婦など、疲れている子宮・卵巣を病気からどう守るか。

休む暇が少なくなった現代女性の子宮・卵巣

 かつて日本女性は、15歳くらいで月経が始まり、18歳で結婚し、その1年後には子どもを出産するといったことも、それほどめずらしくありませんでした。ところが現代では、食生活が豊かになり、栄養状態が向上したことから、初潮年齢も平均12歳とかなり低年齢化しています。
 加えて、晩婚化が進み、結婚しても子どもをもつ時期を先延ばしにする傾向があるため、第一子を出産するのは平均27歳くらいといわれています。また、閉経年齢も後ろにずれ込み、昔に比べ高齢化してきています。つまり現代の女性は、初潮を迎えて身体的に妊娠の準備が整う思春期から、妊娠するまでの期間、あるいは閉経までの期間が昔よりも長くなってきたということになります。

 さらに最近では、結婚しても子どもをつくらないカップルも増えてきました。子どもをつくらない、すなわち妊娠しないということは、新しい生命を育む器官である子宮と卵巣にとっては月経の停止期間がなく、受精する準備をくりかえすばかりで、休む暇もなく排卵から月経に至るまでの仕事を続けることを意味します。

 こうした状態が延々とくりかえされるとしたら、子宮や卵巣の細胞になんらかの異常が生じても不思議ではありません。あなたの子宮と卵巣は疲れていませんか?

受診者に負担の少ない画像診断

 働き盛りの女性をおそう女性特有の病気、わけても骨盤内の子宮や卵巣など生殖器にかかわる婦人科疾患には、不妊や生命の危険をまねく重篤な病気につながるものがあります。子宮・卵巣の病気は自覚症状の現れにくいものが多く、日頃の健康管理により病気の1次予防を心がけるだけでなく、2次予防として早期発見・早期治療のための定期的な検診が欠かせません。

 通常、婦人科の検査には、内診、血液検査、おりものの検査、細胞検査などに加え、超音波検査、MRIやCTなどの画像診断検査があります。MRIやCTなどは、これまで検査の流れの最後のほうで活用されることがほとんどでしたが、最近では、従来の内診や細胞診などを入り口とした検査方法だけでなく、受診者にとってより負担の少ないMRIやCTなどの画像検査を活用した検診のスタイルが新しい流れとして登場しています。

定期検診は健康への“先行投資”

 子宮・卵巣の疾患は、いわゆる住民検診や企業健診ではチェックできないものが多々あります。それらの病気を未然に防ぐためには、自主的に医療機関や検査機関を訪れ、定期的な検診を受けるよう心がけることが重要になってきます。
 それをめんどうくさいと感じるか、自分の将来の健康に対する“先行投資”ととらえるかは人それぞれかもしれません。しかし、いつまでも元気で輝き、仕事もプライベートも充実した魅力的な女性であるためには、自分の健康を維持するための先行投資も必要です。

(「子宮・卵巣の病気を防ぐ」高山雅臣編著、法研より/イラスト:中村啓子)

高山雅臣


東京医科大学名誉教授
東京医科大学大学院卒業。1991年、東京医科大学産科婦人科学主任教授を経て現在に至る。日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会など多数の理事を務める。医学博士、メディカルスキャニング新宿院長。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子宮頸がんを予防しよう-5つの病気と5年生存率について

子宮がんには、子宮の入り口に発生する「子宮頸がん」と子宮の内膜に発生する「子宮体がん」があります。日本では子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がん全体の約70〜80%を占めています。
一般的に子宮頸がんは40〜50歳代に多く発生しますが、最近で... 続きを読む

年々増える人間ドッグ受診者-「異常なし」は全体の8.4%

人間ドックを受診した人で「異常なし」、すなわち健康上の問題が何もないと判定された人は、全体のわずか8.4%しかいなかったことが明らかにされました。日本人間ドック学会は前年1年間の全国の人間ドック受診者の集計データを毎年公表しており、これは... 続きを読む

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む

卵巣が若いと妊娠率UP? 卵巣年齢のセルフチェックで確かめよう

卵子を作る元となる細胞がある卵巣は、妊娠の確率を上げるための重要な臓器のひとつです。卵巣は、生活習慣により実際の年齢よりも老けたり、若くなったりすることも。セルフチェックで確かめてみましょう。 卵子の数はどんどん減り続ける! 加齢とと... 続きを読む

1年後のジューンブライド

今週末は高校の同窓会があるから、ダイエット作戦はそれが終わってからにしようっと。 だってお酒は楽しく飲みたいもの。 なんとなくジーンズのウエストがきつくなった? まさかそんな。気のせい、気のせい。 昨日洗った... 続きを読む

曖昧や先延ばしはNG!お誘いの返事ってどうしてる?

2016年もあっという間にあと1ヶ月!年末のイベントが目白押しでは?忘年会、クリスマスパーティなど集まる機会が多い時期ですが、その時にちょっとだけ気をつけたいポイントをお伝えします。このポイントを知って行動すると良好な人間関係が深まり、... 続きを読む

女性にも多い抜け毛や薄毛-食事、生活習慣、日常的なケアで改善

抜け毛や薄毛に悩んでいるのは、男性だけとは限りません。「女性でも抜け毛や薄毛の悩みをかかえて頭髪外来を訪れる人は増加傾向にあります。元々女性にはそういった問題がないと考えられがちなだけに、女性のほうがむしろ悩みは深いと言えるかもしれません... 続きを読む

遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね? A. YES……ダイエットに大切な「やる気」を出すためには、早起きを! ... 続きを読む

不妊症に悩む夫婦は増えている-不妊症の4つの主な治療法

不妊症においては他の疾患と異なる特徴がいくつかあります。まず、その定義が明白でないこと。一般的に2年以上妊娠しない場合に不妊症と診断される場合が多いと思われますが、これは健常な男女が定期的に夫婦生活を営んだ場合、1年以内に約80%、2年以... 続きを読む

肌トラブルを未然にガード!皮膚吸収されやすい4つの物質はコレ

皮膚には、一見表面からではわからないような働きがたくさん存在します。それは体の体温を調節してくれる働きや、痛みを感じたり熱さを感じたりと身の危険を防ぐサインなどを感知する作用もあるんですよね。しかしその中でもあまり知られていないのが「吸... 続きを読む