女性のライフスタイルの変化と共に進化する婦人科検診

子宮・卵巣の病気を予防する新しい検診スタイル

豊かな食生活、初潮の低年齢化、子どもを産まない夫婦など、疲れている子宮・卵巣を病気からどう守るか。

休む暇が少なくなった現代女性の子宮・卵巣

 かつて日本女性は、15歳くらいで月経が始まり、18歳で結婚し、その1年後には子どもを出産するといったことも、それほどめずらしくありませんでした。ところが現代では、食生活が豊かになり、栄養状態が向上したことから、初潮年齢も平均12歳とかなり低年齢化しています。
 加えて、晩婚化が進み、結婚しても子どもをもつ時期を先延ばしにする傾向があるため、第一子を出産するのは平均27歳くらいといわれています。また、閉経年齢も後ろにずれ込み、昔に比べ高齢化してきています。つまり現代の女性は、初潮を迎えて身体的に妊娠の準備が整う思春期から、妊娠するまでの期間、あるいは閉経までの期間が昔よりも長くなってきたということになります。

 さらに最近では、結婚しても子どもをつくらないカップルも増えてきました。子どもをつくらない、すなわち妊娠しないということは、新しい生命を育む器官である子宮と卵巣にとっては月経の停止期間がなく、受精する準備をくりかえすばかりで、休む暇もなく排卵から月経に至るまでの仕事を続けることを意味します。

 こうした状態が延々とくりかえされるとしたら、子宮や卵巣の細胞になんらかの異常が生じても不思議ではありません。あなたの子宮と卵巣は疲れていませんか?

受診者に負担の少ない画像診断

 働き盛りの女性をおそう女性特有の病気、わけても骨盤内の子宮や卵巣など生殖器にかかわる婦人科疾患には、不妊や生命の危険をまねく重篤な病気につながるものがあります。子宮・卵巣の病気は自覚症状の現れにくいものが多く、日頃の健康管理により病気の1次予防を心がけるだけでなく、2次予防として早期発見・早期治療のための定期的な検診が欠かせません。

 通常、婦人科の検査には、内診、血液検査、おりものの検査、細胞検査などに加え、超音波検査、MRIやCTなどの画像診断検査があります。MRIやCTなどは、これまで検査の流れの最後のほうで活用されることがほとんどでしたが、最近では、従来の内診や細胞診などを入り口とした検査方法だけでなく、受診者にとってより負担の少ないMRIやCTなどの画像検査を活用した検診のスタイルが新しい流れとして登場しています。

定期検診は健康への“先行投資”

 子宮・卵巣の疾患は、いわゆる住民検診や企業健診ではチェックできないものが多々あります。それらの病気を未然に防ぐためには、自主的に医療機関や検査機関を訪れ、定期的な検診を受けるよう心がけることが重要になってきます。
 それをめんどうくさいと感じるか、自分の将来の健康に対する“先行投資”ととらえるかは人それぞれかもしれません。しかし、いつまでも元気で輝き、仕事もプライベートも充実した魅力的な女性であるためには、自分の健康を維持するための先行投資も必要です。

(「子宮・卵巣の病気を防ぐ」高山雅臣編著、法研より/イラスト:中村啓子)

高山雅臣


東京医科大学名誉教授
東京医科大学大学院卒業。1991年、東京医科大学産科婦人科学主任教授を経て現在に至る。日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会など多数の理事を務める。医学博士、メディカルスキャニング新宿院長。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧