今年こそ絶対!禁煙(1)禁煙のメリット

喫煙は大切な人も傷つける「脳の病気」!

美容と健康の大敵、そのうえ大切な人の健康まで損なうタバコ!
その正体を知って禁煙しよう。

「かっこいい」で吸ってはダメ!タバコはこんなに怖い

 禁煙車に社内禁煙、最近は禁煙の居酒屋まで…、喫煙者に対する風当たりは強くなっています。そんななか、タバコを吸う男性は年々減っているのに対し、タバコを吸う女性は逆に増えています。なかでも20歳代、30歳代の若い女性の喫煙率の高さが目立ちます。

 タバコをくゆらすかっこいい大人の女性、そんなイメージでタバコを吸っているとしたらすぐにやめましょう。かっこいいと思っているのは自分だけ。タバコは健康だけでなく美容にもダメージを与えます。

 タバコというとまず思い浮かぶのが肺がんですが、それだけではありません。すべてのがんをはじめ、あらゆる病気に関係があると言われています。特に女性は骨粗しょう症、不妊や子宮頸がんにかかりやすくなり、妊娠中のタバコは胎児にも悪い影響を及ぼします。また、乳幼児がなんの前触れもなく突然死亡するという恐ろしい病気「乳幼児突然死症候群」のリスクも高まることがわかっています。

 美容にとってもタバコは大敵!タバコ1本吸うことで失われるビタミンCの量はレモン1個分より多いと言われています。お肌の老化を早め、ハリがなく、シミやシワだらけのお肌になってしまうのです。

自分だけの問題ではありません

 タバコがいけないことは十分わかっている。でも自分の体なんだからほっといて―と思っていたら大間違い。タバコは自分よりも、そばで煙を吸わされる人にもっと悪い影響を及ぼすのです。あなたがタバコを吸うことで、あなたの大切な人の健康を傷つけているとしたら……。

 「受動喫煙」ということばを聞いたことはありませんか?自分ではタバコを吸わないのに、タバコを吸う人のそばにいることでタバコを吸ったのと同じ状態になる、この状態が「受動喫煙」です。おまけに受動喫煙で吸い込む煙のほうが、本人が吸う煙よりもタールや一酸化炭素などの有害物質が多いのです。そんな煙をあなたは大切な人に吸わせているのです。
  厚生労働省研究班(2004年)によると、閉経前の女性ではタバコを吸わなくても受動喫煙によって、乳がんになるリスクが2.6倍高くなることが報告されています。

 街でよく見る歩きタバコ、混雑した歩道ではたいへん危険です。手に持ったタバコは小さい子どもの顔と同じ高さ。もしも目に当たったりしたら、大変なことです。

禁煙するとこんなにいいことが

 タバコをやめるとどんな変化が起こるのか、想像してみましょう。

 まず朝の目覚めがさわやかになる、顔色が良くなる、かぜをひきにくくなる、スタミナが戻るなど、よいことがいっぱいあります。

 お肌の調子もよくなって「化粧品替えた?」って聞かれること間違いなし。

それでもやめられないあなたへ。喫煙の正体は「脳の病気」!

 わかっていても、やめようと思ってもやめられないのは、喫煙がニコチン依存症という脳の病気だからです。病気に対して意志や根性だけで戦おうとしてもダメ、病気の正体を知ったうえで対策をたてなくてはいけません。

 タバコに含まれるニコチンは、アルコールやコカインと同様の依存性薬物と言ったらびっくりする人もいるでしょう。ニコチンは脳の神経に作用し、いい気持ちにしてくれるドーパミンという物質の分泌を促します。だからまたいい気持ちになりたいと使用を繰り返すようになる、そしてニコチンが切れたとき、イライラや苦痛、不安、だるさといった離脱症状(禁断症状)が起こります。そうなると吸わずにはいられない体になってしまいます。

 それではどうしたらよいのでしょうか?
 次回は効果的な禁煙方法をご紹介しましょう。

(「決定版 賢者の禁煙」中村正和・大島 明編著、法研より)

【監修】
中村正和氏


大阪府立健康科学センター健康生活推進部長
1980年自治医科大学卒業後、大阪府立病院や大阪府立成人病センターで臨床および疫学を研修。84年大阪府門真保健所保健予防課長、87年(財)大阪がん予防検診センター調査課長、89年同調査部長を経て、2001年より現職。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  7. 7
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  14. 14
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  15. 15
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  16. 16 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  17. 17
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  18. 18
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  19. 19
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  20. 20
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…

一覧