朝食を食べて集中力UP!食べられない人は体内リズムを整えて

「朝食抜き」は太りやすい! 集中力が低下して仕事に影響も

朝おなかがすく体内リズムをつくり、無理なく朝食をとる方法をアドバイスします

一人暮らしの20代男性は65%が朝食を食べていない

 「朝は起きるのがやっとで食欲もない。朝食なんてとても…、」という人が多いのでは?
 厚生労働省の平成16年「国民健康・栄養調査」によると、朝食を食べない人は年々増えており、その割合は男女とも20代で最も高く、男性で34.3%、女性で22.0%も。一人暮らしの20代に限った場合、男性でなんと65.5%、女性で29.0%が朝食を食べていないことがわかっています。

 しかし朝食は、1日の生活のリズムをつくり出す大切な食事。朝食を食べて胃腸が働き出すと、今日1日の活動が始まったことを体全体が認識するのです。その朝食を抜いてしまうと…、体に及ぼす悪影響は思っている以上に深刻です。

昼や夜のまとめ食いは肥満のもと

 ダイエットで朝食を抜くのはとんでもないこと! 「朝食抜きは太りやすい」って知っていました? そのわけは、朝食を抜くと、昼食や夕食をつい食べすぎてしまったり、間食に甘いお菓子を食べてしまったりで、一日の摂取エネルギーがオーバーになりがちに。また長い空腹時間は、次の食事の消化吸収をさかんにし、かえって肥満を招きやすくなるのです。さらに、まとめて食べると血糖値も上がりやすく、続けていると糖尿病も誘発しかねません。
 朝食抜きの弊害はまだあります。

●集中力が保てなくなる
 脳のエネルギー源になるのはブドウ糖だけ。だから朝食でご飯やパンを食べることは大切なのです。それが朝食抜きでは、午前中は脳がエネルギー切れのまま活動することに。これでは集中力もなくなり仕事や勉強に身が入りません。

●便秘になりやすい
 朝食は腸へ刺激を与え、朝の排便を促します。朝食抜きではこのリズムが乱れ、便秘になりやすいのです。

朝おなかがすくリズムをつくろう

 朝食を食べない人には、それぞれ理由があるでしょう。下記のアドバイスの中からあなたにぴったりのものを見つけて、朝からしっかり食べられる人になりましょう。

「朝は5分でも長く寝ていたい」あなたへのアドバイス
 夜型の生活をしている人は、早寝早起きを心がけ、朝型の生活に。といっても平日に生活リズムを変更するのは難しいので、日曜日から始めてみましょう。できれば今度の日曜日は、夕食を早めに済ませて早く寝てしまいます。そして月曜日、少し早起きして何かおなかに入れてから1日の活動を始めましょう。

「小さいときから食べていない」あなたへのアドバイス
 夜型の生活をしている人が多いようです。上記を参考に、生活リズムを朝型に整えましょう。

「朝は食欲がない」あなたへのアドバイス
 遅い食事や夕食の食べすぎが原因かも。朝おなかがすく体内リズムをつくるために、夜9時までには食事を済ませ、それ以降は食べ物を口にしないこと。メニューは脂肪分を控え、おかずを一部残して翌朝食べるのもよいでしょう。できれば夕食後、20分程度のウオーキングなど軽い運動を習慣にして、エネルギー消費を促しましょう。

「朝食べると通勤中にトイレに行きたくなる」あなたへのアドバイス
 早めに出勤し、職場や職場の近くで朝食をとるようにするといいでしょう。

バナナや野菜ジュース1杯からでも、まず朝食をとることを習慣づけて

 朝食べられないという人は、ヨーグルトや牛乳、野菜ジュースなどのど越しのよいものから口にして慣らし、徐々にバナナ1本、トースト、コーンフレーク、おにぎり1個にゆで卵1個と腹もちのよいものに。ただし、エネルギー過多になりやすいお菓子や菓子パンなど「甘い朝食」に偏りすぎないこと。
 朝食をとる習慣がついたら、例えばご飯とみそ汁(具は野菜と豆腐など)を基本に、納豆や焼き魚、おひたしを組み合わせるなどして、栄養バランスを整えていきましょう。トーストと目玉焼きなら、プチトマトやきゅうりを丸かじりでもよいでしょう。

 これで、午前中から頭も体もイキイキ活動してくれること間違いなし。もう朝食抜きの生活には戻れませんね!

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
川島由起子 氏


聖マリアンナ医科大学病院 栄養部部長
管理栄養士、栄養学博士。女子栄養大学卒業後、聖マリアンナ医科大学病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院栄養部に勤務。その後、女子栄養大学臨床栄養学研究室専任講師、同助教授を経て、平成15年より現職。

コラムに関連する病名が検索できます。

朝食を食べて集中力UP!食べられない人は体内リズムを整えて 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

夕食抜きダイエットとは

夕食抜き
夕食抜きダイエットとは、朝食と昼食は普段通りにとり、夕食だけを抜くダイエットです。夕方を過ぎる時間帯から、人間は食物の吸収率が高まると考えられています。22時~2時は脂質が特に吸収されやすいとされています。このようなことから、... 続きを読む

吹き出物が治らないあなたへ!おすすめ肌荒れ解消簡単マッサージご紹介♪

血液と同じようにリンパ液も流れています。リンパ液って何?という人の質問には、「血液から出た体液で、老廃物をもってまわるもの」と言えば良いでしょう。 顔にもリンパ液はめぐっており、肌荒れやニキビなどはリンパがドロドロ状態になっているからと... 続きを読む

年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか? A. NO.……お正月についた脂肪はすぐ落とせる!
今すぐ気持ちを切り替えて ... 続きを読む

朝食抜きダイエットとは

朝食抜き
朝食抜きダイエットとは、朝食を抜くことにより、断食のような効果を得ることができるダイエットです。断食をおこなうと、体内の老廃物や余剰物を排出したり、燃焼することができると考えられています。この断食を、朝だけおこなうことで、本格... 続きを読む

集中力アップ!魅力アップ!感情をコントロールする「瞑想」で、ストレスから解放

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。今回は『瞑想』でキレイになっちゃいましょう。瞑想と言うと、ジッとしていられないから無理などと思ってしまいますよね。しかし、瞑想で得られるメリットは計り知れず、し... 続きを読む

バランスのとれた食生活の目安は? ひと目で分かるバランスガイド

ビタミン、カルシウムをしっかりとらなくっちゃ。塩分、脂質はひかえめに……なんて、知識としてはわかっていても、毎日のメニュー選びとなると、好き嫌いや習慣、気分まかせになっていないでしょうか。一人暮らしだったり、家族がそれぞれ別々に食事をして... 続きを読む

パーマ後のダメージが気になるあなたへ!自宅で簡単おすすめケア法3つ

ぱっと起きて、スタイリングもほとんどせずに、忙しく行ってきまーす!と言えるヘアスタイルといえばパーマでしょう。華かやかでオシャレ、スタイリングも楽・・・と良いこと尽くしのパーマですが、髪の毛には相当なダメージを与えています。ですから、自... 続きを読む

温かいご飯から冷たいご飯に替えるダイエット

冷たいご飯
でんぷんを多く体内に摂取すると脂肪に変わりやすいです。
ダイエットするには出来るだけでんぷんを制限したいところですが、でんぷんが多く含まれている代表的なご飯は日本人なら一日一度は食べたい食材なので制限しにくいのが難点です。... 続きを読む

10-20代男性が30代女性に怯えてしまう瞬間ランキング

イライラして暴言を吐いているとき 「今、胸見たでしょ!」と身に覚えのないことを言われたとき 酔って下ネタばかり振られるとき あまり親しい仲ではないのに... 続きを読む

砂糖抜きダイエット

歯磨き
日々の暮らしで何気なく摂取している白砂糖を出来る限り抜くダイエットです。市販のお菓子、菓子パンなどはもちろん、コンビニのお惣菜など甘くなくても白砂糖はたくさん使われています。できるだけ自炊し、甘いものが食べたくなったら手作りの砂... 続きを読む