生活習慣病、痛風・高尿酸血症‐健康的な生活とは?

いまや若者でも痛風になる時代

食べ過ぎ、ストレス、運動不足などが原因。これらの改善で比較的治りやすい病気でもある。

30代で発病する男性が急増

 ある日突然、足の親指のつけ根の関節がギリギリと激しく痛み出し、赤く腫(は)れて歩けなくなるほどの痛みです。この症状が「風に吹かれても痛い」と形容される痛風です。かつては、美食を楽しめる富裕層に多いことから“ぜいたく病”などと言われたこともありました。しかし経済成長とともに食生活が豊かになった今は、誰もがかかる可能性のある病気になり、とくに仕事柄お酒のつき合いが多い中高年男性が患者の中心になっています。最近はそれにも新しい傾向が加わり、発病する割合が最も多いのは30歳代ですが、20歳代でも尿酸値の高い人がみられるようになりました。

 痛風は、体内で多過ぎる尿酸が血液中に溶けきれずに結晶化し、主に手足の末端の関節に沈着して激痛や腫れを伴う関節炎を起こすものです。尿酸のもとになるのはプリン体という物質です。プリン体の多くは、私たちの体を動かすためのエネルギーがつくられるときや細胞の新陳代謝の結果体内でつくられますが、一部は食べ物とともに体内にとり込まれます。尿酸は、このプリン体が分解されるときにできる老廃物です。

 健康であれば、尿酸のほとんどは尿や汗、便などと一緒に体外に排出されるのですが、尿酸がつくられ過ぎたり排出が進まないと血液中の尿酸の量が多くなります。この状態を高尿酸血症といい、そうなる最大の原因が美食や過食によるエネルギーのとり過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、肥満といった不健康な食生活にあります。

 現代の若者の食生活の傾向をみると、洋風の食事に代表される高脂肪・高エネルギーなものが好まれます。飲酒年齢の低年齢化も見逃せない問題で、さらに、現代社会特有のストレスの多さが加わります。ストレスも尿酸の排泄を抑えてしまう原因の一つとされているのです。

怖いのは動脈硬化などの合併症

 痛風に見舞われたり高尿酸血症と診断されたとしても、実はそのことだけでむやみに恐れる必要はありません。食生活をはじめとする不健康な生活習慣を改め、尿酸値をきちんとコントロールすれば激痛発作に苦しむことはないのです。この意味で、痛風は数々の生活習慣病の中では比較的治療しやすい病気といわれます。むしろ痛風発作に見舞われたら、「尿酸値が高くなっていますよ」という危険信号と受け止め、生活習慣病予防のための生活改善に取り組むきっかけにすればよいのです。

 問題はその危険信号を無視することです。痛風関節炎は1週間ほどでいったん痛みが消失します。そのため、そのまま病院にも行かずに放っておく人がいます。これでは、やがては尿路結石や腎障害を招き、さらに動脈硬化が原因の脳卒中や心臓病など命にかかわる重大な合併症を引き起こしかねません。

自己管理の3つの柱――食事、運動、ストレス

 問題の多い生活習慣の改善は、痛風ばかりでなく糖尿病や高血圧の改善にもつながります。次のような自己管理を心がけてください。

●食生活改善のポイント
(1)栄養バランスのよい食事をとる
(2)動物性脂肪を控える
(3)1日の食事量をこれまでより少なめにする(肥満の解消)
(4)プリン体の多い食品(レバー、干物、干ししいたけなど)を食べ過ぎない
(5)アルコールは適量を守る
(6)水分は多めに(1日2リットル以上)とる

●運動不足解消のポイント
(1)ウオーキングのような、ある程度の時間続けてできる軽い運動を毎日行う
(2)エレベーターやエスカレーターの代わりに、階段を使うなど生活の中での運動量を増やす

●ストレス解消のポイント
(1)「疲れ」はストレス信号、疲れを感じたら休息をとる
(2)自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスを感じたら気分転換を図る

(『スーパー図解 痛風・高尿酸血症  確実に尿酸をコントロールして激痛発作を防ぐ』細谷龍男監修、法研より)

【監修】
細谷龍男先生


東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科教授
1947年生まれ。74年東京慈恵会医科大学卒業、78年同大学大学院医学研究科修了後、同大学第2内科入局。内科学講座第2助教授を経て、97年教授となり、現在に至る。日本内科学会(理事)、日本腎臓学会(理事)、日本リウマチ学会(評議員)、日本痛風・核酸代謝学会(理事長)などに所属。著書に『透析患者合併症のマネジメント』(医療ジャーナル社)、『健診で尿酸値が高めですよと言われた人の本』、『痛風・高尿酸血症を治すらくらくレシピ』、『スーパー図解 痛風・高尿酸血症』(以上、法研)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

生活習慣病、痛風・高尿酸血症‐健康的な生活とは? 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  7. 7
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  14. 14
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  15. 15
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  16. 16 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  17. 17
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  18. 18
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  19. 19
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  20. 20
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…

一覧