高血圧を放置するとどうなるの?-脳・心臓・腎臓の病気

血圧が高いとなぜ悪いの?

血管を傷めつけて動脈硬化をもたらす。気づいたときには脳卒中、心筋梗塞の危険が迫っていることも。

自覚症状に乏しいから怖い

 アメリカでは高血圧のことを「サイレントキラー」と呼ぶそうです。「静かなる殺人者」とは、ずいぶん怖いネーミングですね。でも実際、高血圧であっても痛みや体調不良というようなはっきりと自覚できる症状はほとんどありません。そのため治療もせずに放っておくと、脳卒中や心筋梗塞など合併症が進行して気づいたときには命にかかわる重大な状態になっている、ということが少なくありません。ですから「静かなる殺人者」という怖いネーミングも、決して大げさではないのです。

 血圧とは、血液が血管内を流れるときに血管の壁にかかる圧力です。心臓から休みなく送り出される血液は、体のすみずみまで行き渡る必要があります。そのためには適度の圧力がないと流れて行くことはできません。
 柔軟で詰まりのない健康な血管であれば、通常の圧力でこれが可能ですが、コレステロールなどが内部にたまって血管内が狭くなっていたり弾力のない血管であったりすると、無理やり通過しようとする血液には勢いがついてしまいます。水道ホースを指で押さえると水圧が高まり、水が勢いよく吹き出るのと同じことで、血液の通り道が狭まって血流の圧力が高まった状態、これが高血圧です。

 日本高血圧学会が示している血圧の診断基準は図の通りです。このうち「収縮期高血圧」というのは、年をとるにつれて動脈硬化が進み、収縮期(最高)血圧だけが高くなる高血圧のことです。

放置すると動脈硬化から脳・心疾患へ

 血流の圧力が高まった状態が長い間続くと、圧力を受け続けていた血管壁は傷つき、弾力も失われて硬くなっていきます。これが動脈硬化です。また、動脈硬化があると高血圧は助長されます。このようにどちらが先というよりは、原因と結果が入れ替わりながら進行していくのが高血圧と動脈硬化の関係です。とはいえ、どちらもその状態自体は命を脅かすものではありません。高血圧から発生した動脈硬化がもたらす以下のような合併症が直接生命にかかわってくるものばかり、というところが危険なのです。

●脳の血管障害
 脳はほかの臓器より酸素やブドウ糖を多く必要とするので、血流が途絶えてそれらが供給されなくなったときのダメージはそれだけ大きくなります。脳の血管は、高血圧・動脈硬化の影響を一番受けやすいといえるのです。
(1)脳出血:脳血管障害のうちで高血圧といちばん深い関係にある。動脈硬化によって弾力を失った血管が、高い血圧に耐えかねて破れて出血。意識を失い、最悪の場合はこん睡状態から死に至る。
(2)くも膜下出血:脳を包む細い血管にできた動脈瘤(どうみゃくりゅう:動脈が部分的に広がり、こぶのように盛り上がった状態)が破れて出血。
(3)脳梗塞:脳動脈や頸動脈が詰まって脳細胞がダメージを受ける。小さな動脈が詰まった場合は軽い症状ですむが、太い動脈におこるとこん睡状態になったり、意識が戻っても運動や言語の機能がマヒするなど重い障害が残る。

●心臓の血管障害
 心臓の筋肉に栄養を送っている冠状動脈の血流が滞ったり詰まったりすると、虚血性心疾患をおこします。
(1)狭心症:冠状動脈が狭まり、心筋が必要とする酸素を十分に送り込めないことからおこる。突然胸がギュッと締め付けられるように痛むが、安静にしていると数十分で治まる。
(2)心筋梗塞:冠状動脈が完全に塞がれて血流が途絶えると、その先の心筋の細胞が死に、激しい胸痛をおこす。胸痛はすぐには治まらず、1時間以上も続き、20~30%の割合で死に至る。

●腎臓の血管障害
 腎臓内の細い動脈に動脈硬化がおこると、腎硬化症や腎不全を引きおこします。
(1)腎硬化症:腎臓を流れる血液量が次第に減って機能が低下すると、血圧上昇から動脈硬化がさらに進む。腎臓は、次第に縮んで弾力がなくなる。
(2)腎不全:腎硬化症が進むと血液をろ過する働きが極端に低くなり、老廃物を含む血液が全身を巡る尿毒症を引きおこす。このため、血液を人工的にろ過する人工透析が必要になる。

   次回は、効果的な血圧コントロール対策をご紹介します。

(『スーパー図解 高血圧・動脈硬化  メタボリックへ転落しないための知識と生活処方』富野康日己監修、法研より)

【監修】
富野康日己先生


順天堂大学医学部腎臓内科教授
1974年順天堂大学医学部卒業。市立札幌病院勤務、東海大学医学部内科助手・講師、米国ミネソタ大学客員講師などを経て、88年順天堂大学腎臓内科助教授となり、94年より現職。日本内科学会(評議員)、日本腎臓学会(理事)、日本糖尿病学会(評議員)、アジア・太平洋腎臓学会(理事)などに所属。医学博士。著書に『腎臓病がよくわかるQ&A110』(医歯薬出版)、『徹底図解 腎臓病と慢性透析』、『腎臓病を治すらくらくレシピ』(以上、法研)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

高血圧を放置するとどうなるの?-脳・心臓・腎臓の病気 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【いつ結婚するの?】親からの圧力を上手に回避する方法

結婚はタイミングが大事。例え恋人がいても、それが結婚に繋がるとは限らない。そんな娘の気持ちとは裏腹に。親の心配がよもや圧力となる今日この頃…。どうやってデリケートな問題に首を突っ込まれずに上手に回避する!?今回は【いつ結婚するの?】コー... 続きを読む

高血圧の人にすすすめたい食事法-8つのポイント

「サイレントキラー」(静かなる殺人者)の異名のある高血圧。その95%は、毎日の悪い生活習慣の積み重ねがベースにあるそうです。つまり私たちは、ふだん何気なく送っている生活ぶりのなかで、自分に牙をむく“殺人者”を育ててしまっているかもしれない... 続きを読む

脚も動脈硬化になる-閉塞性動脈硬化症(PAD)とは?

血管が硬くなったり狭くなったりして血流が制限され、多くの生活習慣病を招く動脈硬化。心臓の血管で起これば狭心症や心筋梗塞を、脳の血管で起これば脳卒中を引き起こします。この動脈硬化が腰から下の脚の血管で起こった病態を閉塞性動脈硬化症(PAD=... 続きを読む

‟膣トレ”で彼も喜び自分もキレイに♡弾力ある膣が手に入る、誰にもバレないエクササイズ

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。膣トレは、膣の締まりがよくなり彼が喜ぶのはもちろんだけど、女性自身にとってのメリットもたくさんあるのはご存知ですか?膣トレは、最高のビューティーエクササイズです... 続きを読む

約3割が死に至るくも膜下出血とは

くも膜下出血の正体をとことん理解する

脳を覆う3層の髄膜のうち2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われる。5... 続きを読む

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子


高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内... 続きを読む

若い世代に増える心筋梗塞-動脈硬化を予防する4つのポイント

心筋梗塞というと50歳以上の中高年の病気というイメージが強いかもしれませんが、最近は30~40歳代で心筋梗塞を発症する人も珍しくありません。2011年にはサッカー元日本代表の30代の男性が心筋梗塞で急死し、今年5月には40代の女優が心筋梗... 続きを読む

狭心症・心筋梗塞の原因は? 予防のための11個のポイント

日本人の死亡原因の第2位は心臓病。なかでも多いのが狭心症と心筋梗塞です。中高年に多い病気ですが、最近は若い人にも増えています。
狭心症は、心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈が狭くなって血液が十分に流れなくなり、急に胸が圧迫されるような... 続きを読む

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧は、高ければ高いほど、血管... 続きを読む

原因は角質と皮脂!?頬の毛穴詰まりのおすすめ対策法

角質と皮脂が混ざり合って出来たものを角栓と呼びます。頬の毛穴にこれが詰まってしまうと、ぶつぶつざらざらの頬になってしまい、見るも無残になってしまいます。毎日しっかり洗顔しているのになぜ?と思っている人も多いでしょう。実際、改善方法はある... 続きを読む