歯周病とメタボの意外な関係-お口の健康が体を守る

歯ぐきの病気は重大な生活習慣病につながります

プラークコントロールと禁煙、規則正しい生活、栄養バランスのよい食事で歯と体の健康を

メタボの元凶・肥満を防ぐには健康な歯でよくかむこと

 内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、脂質異常などが重なった状態である「メタボリックシンドローム」と、歯ぐきに炎症などがおこる「歯周病」。一見なんの関係もなさそうですが、最近、両者の間には深い関係があることがわかってきました。

 そもそも生活習慣病の予備群であるメタボリックシンドロームの予防・改善には、バランスがよく肥満にもならない食生活が基本。なにを食べるかも大切ですが、肥満を防ぐには食べすぎないこと。食べすぎを防ぐにはよくかんで食べることです。よくかんで食べるとゆっくり食事をすることになり、少ない量でも満腹感が得られます。バランスよくいろいろなものをよくかんで食べるには、歯が健康でなければなりません。

 歯周病は歯の周りにつくプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌のかたまりが原因でおこり、次第に歯ぐきとその奥の歯槽骨(しそうこつ)が破壊されていく病気。放置すると歯がぐらぐらになって抜けてしまうこともあります。なんと中高年の8割に発症するといわれ、成人では歯を失う最大の原因となっています。
 失う歯が多ければ多いほど食べられるものが制限され、バランスのよい食事をとることも、よくかむこともできなくなって、健康を維持することがむずかしくなってしまうでしょう。

歯周病菌が血流に乗って全身に運ばれる

 歯周病は歯を失う原因になるだけでなく、全身に影響を及ぼすことがわかっています。歯周病があると歯周病菌や、炎症によって生じる物質などが血液中に侵入して全身に運ばれ、さまざまな悪さをする結果、動脈硬化や心臓病、脳卒中をおこしたり、糖尿病を悪化させたり、骨粗しょう症、早産や低体重児出産のリスクを高めたりします。ほかにも、口の中の歯周病菌が誤って気管に入って誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)をおこす危険性もあることなどが、以前から指摘されていました。

 そして、最近注目されているのがメタボリックシンドロームとの関係。メタボリックシンドロームの人には歯周病が多いことが最近の研究で明らかになっています。そして両者に共通する危険因子が肥満と糖尿病。肥満と糖尿病がある人はメタボリックシンドロームにも歯周病にもなりやすいということなのです。

 メタボリックシンドロームと歯周病は肩を並べるように同時に進行し、その結果、動脈硬化の進行が加速され、心筋梗塞や腎臓病で死亡する危険性が高まります。歯周病の予防はメタボリックシンドロームの予防に大きくかかわっているのです。

プラークコントロールと禁煙が予防の決め手

 歯周病はあまり自覚症状もないまま進行し、気づいたときには重症になっていることが多いのですが、日ごろの正しいケアと早めの治療で大切な歯を守ることが可能です。

 歯周病の予防は、プラークをつきにくくすることと、ついたプラークを落としてできるだけ少なくするプラークコントロールが必要。最も重要なのが毎食後の歯みがきとデンタルフロスを使ったフロッシングです。デンタルフロスは歯ブラシが届かない歯と歯の間のプラークを落とすもので、使い方は歯科医の指導を受けるとよいでしょう。歯みがきも自己流だとみがき残しが多いもの。一度きちんと指導を受けて、正しいみがき方をマスターしておきましょう。
 ほかにも、食物繊維の豊富な食べ物をよくかんで食べる、むし歯を治療する、定期的に歯石をとる、夜寝る前に食べたり飲んだりしない―などもプラークコントロールに含まれます。

 毎日のケアで除去できなかったプラークはやがて石灰化して歯石になり、歯肉に炎症をおこします。歯石をそのままにしておくと、歯石の上にプラークがたまる→歯肉の溝が深くなる→さらにプラークがたまるという悪循環におちいってしまいます。歯石除去と歯周病チェックのため、年に2回は歯科検診を受けましょう。

 また、喫煙も歯周病の原因となり、歯周病を悪化させます。タバコに含まれる有害物質が歯と歯ぐきを傷つけ、血流の悪化によって歯ぐきの再生能力が低下します。歯にヤニがつき、唾液の分泌も少なくなるため細菌が繁殖しやすくなります。歯だけでなく体の健康のためにも、今すぐ禁煙しましょう。

 よくかむためには健康な歯が必要だとはじめに述べましたが、よくかむことがまた歯周病を予防します。よくかむと唾液の分泌が促され、唾液は歯周病菌の繁殖を抑えたり、歯の再生を促したりするからです。

 このほか、過労や睡眠不足、過度のストレスなどは体の抵抗力を低下させ、歯周病の悪化につながります。十分な睡眠と休養、規則正しい生活、栄養バランスのよい食事など、歯周病予防はメタボリックシンドロームの予防、ひいては生活習慣病の予防につながります。

(「お口のケアから始めるメタボ対策」法研より)

【監修】
渡辺 久先生


東京医科歯科大学大学院歯周病学分野准教授
昭和52年東京医科歯科大学歯学部卒業。56年同大大学院修了後、文部省長期在外研究員ロンドン大学留学、東京医科歯科大学歯学部第2保存学講座助教授、文部省短期在外研究員英国米国出張を経て、平成12年より東京医科歯科大学大学院歯周病学分野助教授、平成20年より准教授。歯学博士。日本歯周病学会評議員・専門医・指導医、日本レーザー歯学会理事・認定医・指導医。著書に『歯科疾患と食物繊維.食物繊維―基礎と臨床』(朝倉書店)、『歯科用レーザー臨床まるごと大事典』(デンタルダイヤモンド社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

歯周病とメタボの意外な関係-お口の健康が体を守る 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

毎日歯磨きしても歯周病になる-歯のケアはどこまですればいい?

頑張って歯磨きをしているはずなのに、ふと気がついたときに歯がしみたり、歯茎がはれたり、歯茎から血が出たりします。
日本では、毎日2回以上歯磨きをしている人の割合が7割を超えています。しかしながら、歯周病に侵されている割合は、20歳台で1... 続きを読む

アンチエイジングに必須!歯周病ケアで早産や骨粗しょう症を予防

歯周病は活性酸素を増やし老化を促進する炎症反応 歯並びやホワイトニングには関心があっても、歯周病のケアは見落としがちなのではないでしょうか。「歯周病は、口の中だけの問題ではありません。いつまでも若く美しくいたいなら、今すぐオーラルケア... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

歯周病を予防する歯磨きの仕方-歯垢を確実に落とす方法とは

6月4日から6月10日は「歯の衛生週間」。歯周病は、歯を失う大きな原因となるだけでなく、全身に影響を及ぼす“口のなかの生活習慣病”。日本では中高年の80%以上がかかり、その危険性は20代から高まっていると言われています。歯周病は症状がかな... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む

女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは

日本人の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病というと、中高年男性に多いというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、女性のほうが歯周病の危険がいっぱいです。
最近の研究で、女性ホルモンやホルモンバランスの変動が、歯周病の... 続きを読む

メタボになりやすい人10の特徴-メタボを予防する食事法と運動法

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が蓄積したタイプの肥満に加え、血圧や中性脂肪値、血糖値が高めといった要因が複数重なった状態をいいます。この状態を放っておくと、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなり、動脈硬化を促進... 続きを読む

大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法

スポーツや事故で歯が一部抜けてしまったとか虫歯が悪化して抜歯した、というようなとき、その後の処置をあなたならどうしますか?
もちろん、歯医者さんできちんと治療してもらうのが当たり前のことですね。
ケガなどで抜けてしまった健康な歯の場合... 続きを読む

歯周病と骨粗しょう症を一緒に予防-カルシウムや大豆を摂って

歯は主に歯肉(歯茎)と歯肉の中にある歯槽骨という骨に支えられています。ところが、これらの歯周組織が歯周病菌に感染すると炎症が起こり(歯周炎)、悪化すると「歯の支え」が破壊され、歯を失うことになります。
一方、骨粗しょう症は骨密度の低下(... 続きを読む