飲みすぎの人は気をつけて-すい炎を予防する7つの習慣

慢性すい炎から糖尿病になることも

大きな原因・お酒は適量、脂肪は控えめに。大豆食品・ビタミン類はたっぷりとってストレスも解消を

小さいながら大事な働きをしている臓器

 春は新人の入社や異動などで、サラリーマン社会にとっては人の動きの大きい季節。お酒を飲む機会も自然と多くなり、胃腸や肝臓がちょっぴり心配になる人も少なくないでしょう。ところで、心配するなら同時にすい臓のほうにも目を向けてください、というのが今回のテーマです。
 すい臓は重さ100g足らず、1kg以上もある肝臓と比べたら小さな臓器ですが、食べたものの消化になくてはならないすい液を分泌するなど重要な役割を果たしています。と同時に、アルコールの影響を強く受ける臓器でもあり、すい臓の炎症が慢性化した慢性すい炎の原因トップにアルコールがあげられているのです。

 すい臓は胃の裏側に位置し、十二指腸から横に10数cmほどの長さに伸びています。主な役割の一つは、多くの消化酵素を含むすい液の分泌です。口からとり込まれた食べものは、胃の中でほぐされて胃酸と一緒に十二指腸に流れていきます。すると十二指腸にあるセンサーが反応してすい臓を刺激し、すい臓は500~800mlという大量のすい液をつくって十二指腸に分泌するのです。

 すい臓のもう一つの重要な役割は、血糖の上げ下げに関係するインスリンとグルカゴンというホルモンを分泌すること。インスリンは、ブドウ糖が利用されるのを促進して血糖値を下げ、グルカゴンは肝臓のグリコーゲンの分解を促進して血糖値を高め、この双方の働きが相まって血糖のバランスを維持しています。

すい臓そのものが消化されてしまう

 さて、アルコールがすい臓に影響するとはいっても、適量を飲んでいるぶんには安全です。目安としては毎日、日本酒換算で3合(540ml)以上を長年飲み続けていると危ないといわれます。また脂っこい食べもののとりすぎが続くこともよくありません。これらを消化するためにすい臓は大量のすい液を分泌しますが、この過剰なすい液が十二指腸に行く前に自らを消化してしまうのがすい炎発症のメカニズムと考えられています。
 こうした、すい臓そのものが消化されてしまう事態が急激に進むのが「急性すい炎」、少しずつ進行して慢性化するのが「慢性すい炎」です。

 急性すい炎では、みぞおちから背中にかけて激痛に見舞われます。軽症から重症までさまざまなケースがありますが、すい臓だけでなくほかの臓器にも炎症を及ぼすため、一旦重症化するとショック、呼吸不全、肝不全、腎不全などを併発して死亡する危険性が少なくありません。そのため重症急性すい炎は、厚生労働省から有効な治療法がない「特定疾患」(難病)に指定されているほどです。
 急性すい炎の原因でアルコールに次いで多いのは、胆石です。肝臓の下にある小さな臓器、胆のうでコレステロールが結晶化したものが胆石です。ところで胆のうと十二指腸を結ぶ総胆管の出口は、すい液が流れてくるすい管の出口も兼ねています。そのため、胆石が総胆管の出口で引っかかるとすい液と胆汁が混じり合い、十二指腸には流れずにすい臓を傷つけてしまうのです。

 一方、慢性すい炎は、自覚症状が少ないまま炎症が少しずつ進み、徐々にすい臓の働きが低下していきます。おなかや背中の鈍痛が特徴的な症状ですが、すい臓の細胞がどんどん消化されて少なくなってくると、すい液そのものが少ししかつくられなくなるので、痛みは感じられなくなってきます。それは半面、食べものの消化吸収が悪くなることでもあり、下痢や栄養状態の悪化があらわれます。血糖コントロールも乱れて糖尿病を発症するのもこの時期です。

飲みすぎ食べすぎを控え、脂っこい食事は減らす

 いったん壊れたすい臓の組織は元に回復することはなく、治療が大変難しいとされています。重症化する前に発見したいところですが、鈍痛だとただちに医師に診てもらうということがないかもしれません。おなかや背中の痛みが慢性すい炎によるものかどうか推測するには、脂っこいものや辛いものを食べたとき・お酒を飲んだとき・ストレスがかかったとき、などに痛む場合は怪しいと考えるべきでしょう。また、肉類など脂っこい食事を以前は好んでいたが、最近はどうも……という場合も要注意です。

 急性にしても慢性にしても、発病してしまうと「絶食・絶飲」という厳しい治療が必要です。すい炎を防ぐためには、日ごろ、次のような注意を心がけてください。これらは同時に、胆石の予防にも役立ちます。

すい炎を予防する生活習慣
(1)飲酒は適量。2日連続では飲まない
(2)脂っこい食事は減らす
(3)エネルギー補給は糖質(ご飯、めん類、パン、芋類)中心で
(4)大豆食品など良質のたんぱく質を十分に
(5)野菜・果物などでビタミン類も過不足なく
(6)食事は腹八分目に
(7)ストレス解消に努める

【監修】
林田 康男先生


順天堂大学医学部附属順天堂医院 総合診療科特任教授
1968年順天堂大学医学部卒業後、同大学医学部第一外科講師、助教授、教授を経て、2001年より同大学医学部附属順天堂医院総合診療科主任教授、2008年4月より現職。専門分野は、消化器外科、消化器内視鏡、老人医療。日本臨床外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会などに所属。著書に『名医のわかりやすい膵臓の病気 第2版』(同文書院)、『胃・十二指腸潰瘍の人の食事』(女子栄養大学出版部)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

飲みすぎの人は気をつけて-すい炎を予防する7つの習慣 関連コラム

アクセスランキング一覧

15件中 1件~15件を表示

  1. 1 医師が教える、夏の効果的な水分の摂り方|脱水症・熱中症を予防する
    医師が教える、夏の効果的な水分の摂り…
    喉が渇いた時にはすでに体重の2%の水分が不足しています。「喉が渇いたら…
  2. 2 知っているようで知らないネイルの危険性について
    知っているようで知らない“ネイルの危…
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…
  3. 3 成長するほくろに要注意!ほくろに似た皮膚のがん・メラノーマを解説
    成長するほくろに要注意!ほくろに似た…
    皮膚がんの一種メラノーマ(悪性黒色腫)に注意 色素細胞の集まり。紫外…
  4. 4 背中の筋肉が硬くなると猫背になる? どこでもできる簡単ストレッチ
    背中の筋肉が硬くなると猫背になる? …
    猫背の改善、肩こり・腰痛予防に、広背筋のストレッチ デスクワークが多…
  5. 5 スタジオジブリ『魔女の宅急便』のキキにならう、5月病の克服の仕方とは?
    スタジオジブリ『魔女の宅急便』のキキ…
    新しい環境に移りしばらく経つのになじめない……。そんな5月病について、…
  6. 6 その爪のケアは逆効果!? 今すぐやめて、間違いだらけの5つのネイルケア
    その爪のケアは逆効果!? 今すぐやめ…
    爪をきれいにすることは、もはや現代女性の身だしなみのひとつと言えるかも…
  7. 7 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる?…
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  8. 8 女性の貧血を改善・予防する食事-貧血改善にいい食材5選
    女性の貧血を改善・予防する食事-貧血…
    疲れやすい、めまいがするなど、貧血の症状に悩む女性は多いもの。そうした…
  9. 9 イクラちゃんは言葉が遅い? こどもの発語はいつから?
    イクラちゃんは言葉が遅い? こどもの…
    「チャーン」「ハーイ」「バブー」と発言するのが印象的な、テレビアニメ「…
  10. 10
    買って損するサプリはコレ! 危険なサ…
    毎日飲むものだけに、サプリメントの選び方を間違えると深刻な影響も…… …
  11. 11 不妊症に効果がある漢方10選|女性のからだを助ける5つのサプリメント
    不妊症に効果がある漢方10選|女性の…
    現代医学と併用されて処方されることも多い漢方薬は、不妊にどんな効果があ…
  12. 12 憂鬱な日曜日の夕方&サザエさん症候群の乗り越え方
    憂鬱な日曜日の夕方…サザエさん症候群…
    テレビアニメ「サザエさん」が始まる日曜日の夜。月曜からの仕事を考えて憂…
  13. 13 便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は「むくみ腸」? 10の診断チェック
    便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は『…
    顔や足のむくみは、実感したことがある人も多いはず。実は、腸もむくみ、便…
  14. 14
    一度空気に触れたらキケン!ペットボト…
    イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先で…
  15. 15
    いつまでも元気でいてほしいから 親の…
    子どもの9割が、親の健康状態で「気になること」がある 世界一…

一覧