飲みすぎの人は気をつけて-すい炎を予防する7つの習慣

慢性すい炎から糖尿病になることも

大きな原因・お酒は適量、脂肪は控えめに。大豆食品・ビタミン類はたっぷりとってストレスも解消を

小さいながら大事な働きをしている臓器

 春は新人の入社や異動などで、サラリーマン社会にとっては人の動きの大きい季節。お酒を飲む機会も自然と多くなり、胃腸や肝臓がちょっぴり心配になる人も少なくないでしょう。ところで、心配するなら同時にすい臓のほうにも目を向けてください、というのが今回のテーマです。
 すい臓は重さ100g足らず、1kg以上もある肝臓と比べたら小さな臓器ですが、食べたものの消化になくてはならないすい液を分泌するなど重要な役割を果たしています。と同時に、アルコールの影響を強く受ける臓器でもあり、すい臓の炎症が慢性化した慢性すい炎の原因トップにアルコールがあげられているのです。

 すい臓は胃の裏側に位置し、十二指腸から横に10数cmほどの長さに伸びています。主な役割の一つは、多くの消化酵素を含むすい液の分泌です。口からとり込まれた食べものは、胃の中でほぐされて胃酸と一緒に十二指腸に流れていきます。すると十二指腸にあるセンサーが反応してすい臓を刺激し、すい臓は500~800mlという大量のすい液をつくって十二指腸に分泌するのです。

 すい臓のもう一つの重要な役割は、血糖の上げ下げに関係するインスリンとグルカゴンというホルモンを分泌すること。インスリンは、ブドウ糖が利用されるのを促進して血糖値を下げ、グルカゴンは肝臓のグリコーゲンの分解を促進して血糖値を高め、この双方の働きが相まって血糖のバランスを維持しています。

すい臓そのものが消化されてしまう

 さて、アルコールがすい臓に影響するとはいっても、適量を飲んでいるぶんには安全です。目安としては毎日、日本酒換算で3合(540ml)以上を長年飲み続けていると危ないといわれます。また脂っこい食べもののとりすぎが続くこともよくありません。これらを消化するためにすい臓は大量のすい液を分泌しますが、この過剰なすい液が十二指腸に行く前に自らを消化してしまうのがすい炎発症のメカニズムと考えられています。
 こうした、すい臓そのものが消化されてしまう事態が急激に進むのが「急性すい炎」、少しずつ進行して慢性化するのが「慢性すい炎」です。

 急性すい炎では、みぞおちから背中にかけて激痛に見舞われます。軽症から重症までさまざまなケースがありますが、すい臓だけでなくほかの臓器にも炎症を及ぼすため、一旦重症化するとショック、呼吸不全、肝不全、腎不全などを併発して死亡する危険性が少なくありません。そのため重症急性すい炎は、厚生労働省から有効な治療法がない「特定疾患」(難病)に指定されているほどです。
 急性すい炎の原因でアルコールに次いで多いのは、胆石です。肝臓の下にある小さな臓器、胆のうでコレステロールが結晶化したものが胆石です。ところで胆のうと十二指腸を結ぶ総胆管の出口は、すい液が流れてくるすい管の出口も兼ねています。そのため、胆石が総胆管の出口で引っかかるとすい液と胆汁が混じり合い、十二指腸には流れずにすい臓を傷つけてしまうのです。

 一方、慢性すい炎は、自覚症状が少ないまま炎症が少しずつ進み、徐々にすい臓の働きが低下していきます。おなかや背中の鈍痛が特徴的な症状ですが、すい臓の細胞がどんどん消化されて少なくなってくると、すい液そのものが少ししかつくられなくなるので、痛みは感じられなくなってきます。それは半面、食べものの消化吸収が悪くなることでもあり、下痢や栄養状態の悪化があらわれます。血糖コントロールも乱れて糖尿病を発症するのもこの時期です。

飲みすぎ食べすぎを控え、脂っこい食事は減らす

 いったん壊れたすい臓の組織は元に回復することはなく、治療が大変難しいとされています。重症化する前に発見したいところですが、鈍痛だとただちに医師に診てもらうということがないかもしれません。おなかや背中の痛みが慢性すい炎によるものかどうか推測するには、脂っこいものや辛いものを食べたとき・お酒を飲んだとき・ストレスがかかったとき、などに痛む場合は怪しいと考えるべきでしょう。また、肉類など脂っこい食事を以前は好んでいたが、最近はどうも……という場合も要注意です。

 急性にしても慢性にしても、発病してしまうと「絶食・絶飲」という厳しい治療が必要です。すい炎を防ぐためには、日ごろ、次のような注意を心がけてください。これらは同時に、胆石の予防にも役立ちます。

すい炎を予防する生活習慣
(1)飲酒は適量。2日連続では飲まない
(2)脂っこい食事は減らす
(3)エネルギー補給は糖質(ご飯、めん類、パン、芋類)中心で
(4)大豆食品など良質のたんぱく質を十分に
(5)野菜・果物などでビタミン類も過不足なく
(6)食事は腹八分目に
(7)ストレス解消に努める

【監修】
林田 康男先生


順天堂大学医学部附属順天堂医院 総合診療科特任教授
1968年順天堂大学医学部卒業後、同大学医学部第一外科講師、助教授、教授を経て、2001年より同大学医学部附属順天堂医院総合診療科主任教授、2008年4月より現職。専門分野は、消化器外科、消化器内視鏡、老人医療。日本臨床外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会などに所属。著書に『名医のわかりやすい膵臓の病気 第2版』(同文書院)、『胃・十二指腸潰瘍の人の食事』(女子栄養大学出版部)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

飲みすぎの人は気をつけて-すい炎を予防する7つの習慣 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむし... 続きを読む

二日酔いを防ぐお酒の飲み方-シーフードを一緒に食べるといい?

忘年会やクリスマス、お正月や新年会と、年末年始はお酒を飲む機会が多くなる季節です。一年の感謝や新年の希望を願いながら親しい人と飲むお酒は心も和み、リラックス効果も期待できます。ただ、お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかけ、翌日は二日酔いで苦しむ... 続きを読む

やせる三要素:アルコールを抑えてやせる

アルコールのカロリーはどれも大差ナシ。おつまみも高カロリーのものが多いので、ダイエット中の飲酒はなるべく控えめに
ビールや日本酒は糖質が含まれているから、ダイエット中はダメ。でも、糖質の含まれ... 続きを読む

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

胆石症ってどんな病気?食後の腹痛や下痢に要注意

食事の後、みぞおちや右上腹部が痛んだり、下痢になったりすることはありませんか?
「何か悪いものを食べたのだろうか」と心配になることでしょう。しかも、1回だけでなく、何回も同じような痛みを感じるようになると、放っておくわけにはいきません。 ... 続きを読む

体をこわさないお酒の飲み方とおつまみ選び-健康的な飲み方5つのコツ

「酒は百薬の長」といわれるように、昔から適量の飲酒が健康によいことは知られています。なによりお酒を飲むと楽しい気分になって、コミュニケーションが進んだり、ストレスが解消されるなどプラス面がたくさんありますが、これはあくまで適量を守ったとき... 続きを読む

お酒を飲んだ後ラーメンが食べたくなるのはなぜ?お酒の基礎知識

アルコールを摂取したあと、一時的に低血糖の状態に陥ることがあります。原因としては、次の2つが考えられます。
1つめは、料理を食べずにお酒ばかり飲んでいると、糖をつくり出す機能がアルコールによって妨げられ、「空腹時低血糖」がおこるため。... 続きを読む

要注意!こんな肌荒れは臓器のトラブルかも

大人にきびは腸が弱っている証拠
大人になってもにきびを「若さの象徴」などと思っていてはいけません。実は便秘が原因でも肌荒れを起こしてしまうのです。


便秘をそのままにしていると、肌荒れや肩こり、頭痛などの症状を引き起こしたり、長... 続きを読む

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

お酒も飲んでいいんです

“お酒NG”は迷信!
うまくお酒と付き合おう♪ 『ダイエットにお酒はNG!』、これは“ダイエットの常識”として、お医者さんやダイエットの専門家をはじめ、世のダイエッターのほとんどが信じていることと思います。 しか... 続きを読む