腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

どちらもまとめて防いでしまおう

危険因子が共通、メタボが進むと腎臓にも影響、腎臓が弱るとメタボも危ない。気をつけたい肥満、食塩、水分

肥満、高血圧、高血糖は腎臓病の引き金にも

 いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気の危険度が高まることになります。

 そこで、メタボリックシンドロームを予防・改善する取り組みが国を挙げて始まっていますが、メタボリックシンドロームの危険因子は同時に、腎臓病を引き起こす危険因子でもあります。大切なものごとを称して「肝腎かなめ」というように、腎臓は流れ込んでくる血液の中から老廃物を取り出し、それを尿として体外へ排泄して血液をきれいにする大事な器官で、腎臓の機能不全もまた命を脅かします。腎臓病を防ぐ生活は、同時にメタボリックシンドローム予防にもつながることを知っておいてください。

腎臓の働きが低下したらメタボも疑え

 メタボリックシンドロームが怖いのは、高血圧や高血糖などの危険因子の重なりが心臓や脳の動脈に動脈硬化をもたらすためと初めに述べましたが、高血圧や高血糖の状態が続くと腎臓の動脈にも動脈硬化がおこり、腎臓の血流が滞ってその働きが低下してしまいます。
 また、腎臓は血圧を上げるホルモンをつくるある種の酵素を分泌しています。動脈硬化などで血流が不足すると、腎臓は血圧を上げるホルモンを分泌するように働き、血圧を上げて少しでも多くの血液を循環させようとするのです。

 そこで、腎臓の働きが十分でないことがわかれば、高血圧、高血糖、さらにはメタボリックシンドロームなどが進んでいることも推測できます。しかし、腎臓の異常を自分で察知するのはかなり難しいといっていいでしょう。ほとんどの腎臓病は自覚症状があまりみられないことが特徴だからです。

 ふだんから気をつけていると腎臓の異常に気づきやすいのは、尿の状態とむくみです。排尿の回数や尿量が少なく(多く)なった/朝起きると顔がむくんでいる(とくにまぶた)/足のすねや甲がむくんでいる、などのことがあったら腎臓の働きの異常を疑ったほうがよいでしょう。

 しかしなんといっても、はっきりわかるのは健診での尿たんぱく検査です。尿にたんぱく質が出ていることが、腎臓病が見つかるいちばんのきっかけになります。ただし、たんぱく質がたくさん出ているからといって腎臓病が重いとは限らず、逆に少なくても病気が進行していることは少なくありません。また、健康な人でも、激しい運動をした後や疲れているときに尿たんぱくが出ることがありますから、こういう場合は医師に相談して原因をはっきりさせておくことが大切です。

肥満と塩分過剰にならないように

 腎臓を守る生活の一つは、肥満を防ぐことです。詳しいメカニズムはまだ解明されていませんが、肥満の人に腎臓の働きが低下している人が多いことは事実です。ともあれ、肥満は血圧や血糖値を上げ、脂質異常も招くことから、メタボリックシンドロームを防ぐ意味でもその対策は重要です。

 食生活で最も気をつけなければいけないのは、食塩(塩分)をとりすぎないことです。腎臓の働きが低下すると高血圧になりやすい上に、塩分過剰は血圧を上げる最も大きな危険因子ですから、ふだんの食事で食塩(塩分)を控え目にした薄味に慣れていくことが大切です。薄味に慣れるには次のような工夫をしてください。
・減塩調味料を使う。
・調味料を少なくするため、鮮度のよい食材を選んで素材の味そのものを味わう。
・調味料の代わりに香辛料、かんきつ類の酸味、ねぎやしょうがなどの薬味などで味を補う。
・めん類のつゆは飲み干さない。
・ねりものや干物、ハム、ソーセージなど加工食品の塩分に注意する。

 このほか、十分な水分摂取にも気を配りましょう。水分を十分にとることで、尿量を増やして排尿をスムーズにします。水や無糖のお茶で1日に1.5リットル以上をとってほしいものです。

【監修】
上野 高浩先生


日本大学医学部 腎臓高血圧内分泌内科
1987年日本大学医学部卒、91年日本大学大学院医学研究科修了。医学博士。98~2002年モントリオール大学医学部分子医学教室研究員。日本動脈硬化学会評議員、日本臨床栄養学会評議員、日本臨床生理学会評議員。専門領域はメタボリックシンドローム、高脂血症、高血圧、肥満、腎疾患など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

生活習慣を改善して仮面高血圧などの高リスクを改善しよう

医師が治療の際に参考にするものに「治療ガイドライン」があります。高血圧に関して最新の治療ガイドラインは、日本高血圧学会が作成した『高血圧治療ガイドライン2009』です。その特徴は、国内での大規模な臨床試験の結果を参考とし、日本人の高血圧治... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

認知症と物忘れのちがいとは? 認知症を見分ける8つのチェック

昔見た洋画の主演俳優の名前が出てこない、重要な書類をどこにしまったか思い出せない――こんな「もの忘れ」の経験はありませんか?
年をとれば誰にでもあること、と気楽に考えることができる一方で、そんなことが時々あると、「もしかして悪い病気?」と... 続きを読む

酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果

人類最古の発酵調味料といわれる酢。最近はその健康効果が注目され、お店には色々な種類の酢が並び、酢を使ったドリンク商品がよく売れています。黒酢カフェやビネガーバーなども話題になっています。
食品成分表には食酢類として穀物酢、米酢、果実酢... 続きを読む

健康診断の肝機能検査でわかること-B型・C型肝炎検査のすすめ

健康診断で一般的な肝機能検査として「AST」、「ALT」、「γ-GTP」という検査項目があります。いずれも労働安全衛生規則の健康診断の項目に入っています(1989年から40歳以上が対象)。
AST (aspartate aminotra... 続きを読む

食べ応えたっぷり!メタボ解消豆乳スープダイエット

豆腐と豆乳で、大豆、しいたけ、ネギを煮込んだ真っ白でほっこりあったかいメタボ解消豆乳スープなら、おいしく食べるだけで、気になるメタボの予防、改善に!
もちろんダイエット効果も期待できるから、楽しく続けて、... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む