糖尿病は万病のもと!合併症による命の危険も

三大合併症だけでなく、心臓病、脳卒中の原因にも

今や国民病、自覚症状がなく進行し、全身の血管が傷ついてさまざまな合併症が命取りになりかねない

血糖値が高い状態が続くのが糖尿病

 世界中で糖尿病の患者が増加し、深刻な問題として捉えられています。一説には10秒間に1人が糖尿病の合併症で亡くなるといわれており、日本でも、患者と予備群を合わせると1,870万人と推測され(平成18年「国民健康・栄養調査」)、国民病といってもいいくらいの状況です。こうした実状を広く知ってもらい、予防のための啓発活動を進めようと、国連は11月14日を「世界糖尿病デー」に定め、世界各地ではいろいろなイベントが開かれることになっています。

 毎日の食事でとったご飯やパン、めん類などの糖質は消化されてブドウ糖に変わり、血液とともに全身に運ばれて体を動かすエネルギー源になります。これをコントロールするのはすい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。しかし、インスリンの働きが不十分だと、エネルギー源として利用できなかったブドウ糖が血液中にダブついてしまいます。こうして血液中にブドウ糖の量(血糖値)が異常に多くなり、その状態が長く続くのが糖尿病です。

 それでは、どれくらいブドウ糖が多いと糖尿病とされるのかというと、日本糖尿病学会の診断基準では、12時間ほど絶食した後に採血して測る「空腹時血糖値」が、血液1デシリットル中に126ミリグラム(126mg/dl)以上が2回の検査で認められれば糖尿病と診断しています。また、110mg/dl以上126mg/dl未満は糖尿病になる可能性が高い「境界域」(いわゆる予備群)とされてきましたが、最近新たに100~109mg/dlは正常域であっても糖尿病に移行する危険度が高いため、「正常高値」とすることが定められました。

高血糖状態が続くと多くの病気の危険性が高まる

 血糖値が高いだけでは、初めのうちは何の自覚症状もありません。ここが糖尿病の恐ろしいところなのですが、自覚症状がないために高血糖の状態を放っておくと、知らないうちに全身の血管や神経が侵され、やがて全身にさまざまな合併症を引きおこします。これらのうち、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症を糖尿病の3大合併症と呼んでいます。

 糖尿病性神経障害は体の末端の神経から侵されます。手足の先の冷たい感じやしびれ、痛みなどから始まり、症状が進むと感覚そのものがなくなってしまいます。けがややけどに気がつくのが遅れるうえ傷が治りにくく、最悪の場合は細胞が死んでしまう壊死(えし)をおこし、足を切断せざるを得なくなることも少なくありません。

 糖尿病性網膜症は、目の奥にある網膜の細い血管に詰まりや出血などの異常がおき、重症化すると網膜はく離などから失明する危険度が高まります。

 糖尿病性腎症は、腎臓の細い血管に異常がおきて、体中から運ばれてきた老廃物の処理ができなくなります。腎臓は、血液を濾過する働きをしていますが、その網の目が粗くなり、体内のタンパク質が尿中に漏れ出てしまいます。進行すると最終的には尿毒症となって命が危険にさらされるため、人工透析で腎臓の替わりに血液中の老廃物処理を一生涯、定期的に続けなくてはなりません。

 これら3大合併症は、どれも細い血管が高血糖状態によって障害を受けるためにおこります。しかし、高血糖状態で傷つくのは細い血管だけではありません。脳や心臓、手や足に酸素や栄養を運んでいる太い動脈も傷つき、動脈硬化をおこします。

 これに加えて、血糖値が高いと中性脂肪値が高くなりやすく、中性脂肪値が高いと血管内の余分なコレステロールを回収するHDLコレステロール値が低くなりやすいという相関関係から、動脈硬化はますます進んでしまいます。この行き着く先は、脳梗塞や心筋梗塞という命を直接脅かす重大な病気であることはもうおわかりでしょう。

糖尿病になってからでは後戻りできない

 糖尿病の一つの特徴は、血糖値が高くなっても自覚症状がほとんどないため、それまでの生活習慣を改善するなどの対策が後手に回りがちなこと。明らかに糖尿病を発症していても本人にまったく自覚がない場合が多く、健康診断で高血糖を指摘され、医療機関で詳しく検査を受けた結果、糖尿病と診断されるケースが多いのです。

 そしてもう一つの特徴は、いったん発病すると元の健康な状態には戻らないということ。発病がわかった時点でできるのは、今以上に状態や症状を悪化させないように血糖をコントロールしていくことなのです。ですから、健康診断やその後の精密検査で高血糖や糖尿病が指摘されたら、すぐにも治療を開始し、医師の指示を守って生活習慣を見直すことに着手しなければなりません。

【監修】
岩岡 秀明先生


船橋市立医療センター内科外来部長
1981年千葉大学医学部卒業後、同大学第2内科に入局し、内科各科を研修。その後、国立佐倉病院内科、成田赤十字病院内科、国家公務員共済組合三宿病院内科などを経て、2002年船橋市立医療センター内科副部長。2006年同センター内科外来部長に就任、現在に至る。専門は、糖尿病・内分泌疾患の臨床。日本内科学会認定内科医・認定総合内科専門医・指導医、日本糖尿病学会認定専門医・研修指導医、日本内分泌学会認定専門医。

コラムに関連する病名が検索できます。

糖尿病は万病のもと!合併症による命の危険も 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

血糖値の上昇を抑えるシジュウム茶ダイエット

シジュウム茶
痩せるだけでなく美肌効果も高いダイエットとして注目を集めているのが、シジュウム茶ダイエットです。
シジュウム茶は南アメリカ大陸の熱帯原産の植物で、現地では薬草として多くの民間療法に用いられています。シジュウム茶の健康効... 続きを読む

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む

死亡リスクの高い糖尿病・肥満・痛風-検診データを活用して予防

糖尿病は、血液中のブドウ糖を低下させるホルモン、インスリンの不足によって、血液中のブドウ糖濃度=「血糖値」が高くなった状態です。血液中のブドウ糖は、食事をすると一時的に増えるものの2~3時間ほどでまた元に戻ります。血液検査では、(1)随時... 続きを読む

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子


高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内... 続きを読む

美容に悪いだけじゃない!睡眠時のよだれは命に関わるって本当?

よだれは普段通常の状態で垂れるとだらしがないと思われますが、実は人間によだれはかなり重要な役割をしています。ですが、寝ている間によだれが出ていると、命にまでリスクが及ぶという説があります。どういうことなのでしょうか?美容に悪いだけじゃな... 続きを読む

自覚症状がないまま進行する糖尿病‐予防のための4つのポイント

11月14日は国連の「世界糖尿病デー」。世界中で糖尿病患者が増加し、10秒に1人が糖尿病の合併症で亡くなるといわれるほど問題は深刻化しています。糖尿病の啓発活動の推進を呼びかけるこの日、世界各地でさまざまなイベントが開催されます。
厚生労... 続きを読む

恋人とケンカ。先に謝るのは?

ケンカの内容による 80%自分から 半々くらい 100%自分から 80%相手から ... 続きを読む

命の危険がある脳出血の原因と症状、予防法とは

まずは、脳出血の正体を理解しよう
脳出血とは、その名の通り、脳の中を複雑に巡る血管が破れ脳内で出血を起こす状態に陥ることです。脳内に流れでた血液は、体の中であらゆる障害をひきおこし、最悪の場合は命の危険を伴うことも…。


脳出血... 続きを読む

布団でゆっくりは地獄!

Q.1
布団でゆっくりを選んだあなたには「地獄」が待っている~ 生ぬるいココロがダイエットの命取りに? だらだらした朝は、きょうから撤回すべし
寝ているより乾布まさつのほうがよさそだけ... 続きを読む

梅干しダイエットで中性脂肪を燃焼させる!

梅干し
ダイエットに欠かせない要素として、体内の中性脂肪を燃やしていく、という要素が挙げられます。

しかし、この中性脂肪を燃やすのは中々大変な作業で、一般に見受けられる通常のダイエットでは効率良く中性脂肪を燃やしていく事が出来ない... 続きを読む