主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も

家族だけでなく自分も大切に! 今年こそ受診を

40歳以上なら「メタボ健診」。40歳未満でも「主婦健診」や「家族健診」。「がん検診」もぜひ受けよう

主婦も対象のメタボ健診

 生活習慣病が現れ始める年齢になったら、毎年定期的に健診を受けて自分の健康状態を把握しておくことは、現代人のいわば常識といってもよいでしょう。会社員や公務員の場合は職場で定期健診という機会があるので毎年チェックしやすいですが、家庭にいる主婦などは、普段から自分で意識していないと健診の機会を見逃しかねません。その気になれば主婦でも受けられる健診の機会はいくつか必ず見つかります。家族の健康を気使うのと同様に、自分の体にもいたわりの目を向けてあげましょう。

 主婦が受けられる健診には、どのようなものがあるでしょうか。まず、夫が会社員や公務員ならば、夫の被扶養者として健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合などの各医療保険者が実施する健診が受けられます。平成20年4月からは、40~74歳のすべての国民を対象にいわゆる“メタボ健診”(特定健診)が行われています。該当する年齢層のすべての国民が対象ですから、会社員や公務員だけでなくその被扶養者(主婦や祖父母など)も対象になっていて、各医療保険者が契約している医療機関などで受けることになります。
 メタボ健診は、市区町村を窓口として国民健康保険でも実施していますから、夫が自営業の場合は、妻自身が被保険者として受けることができます。

 メタボ健診の目的は、動脈硬化をベースとする心筋梗塞や脳卒中などの重大な生活習慣病を未然に防ぐことにあります。動脈硬化を招きやすいメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者を早目に見つけ、生活習慣を見直して危険な病気を発病させないように専門家が改善を指導(特定保健指導)します。健診では、身長、体重、腹囲などの身体計測と、血圧測定、血液検査、尿検査などが行われ、内臓脂肪の蓄積、高血圧、脂質異常、高血糖などメタボリックシンドロームの該当項目の有無と、肝臓、腎臓などの機能についても調べます。

 メタボ健診の対象にならない40歳未満の主婦に対しては、「主婦健診」や「家族健診」などの名称で、メタボ健診とほぼ同じ検査項目で健診を実施しています。それらの健診に替って人間ドック受診を希望する人には、保険者によっては独自に費用の補助を行って受診を促しているところもあります。

がんの検診のなかでも、とくに乳がんと子宮がん検診はお忘れなく

 主婦が受けてほしいもう一つの検診は、がん検診です。前述の各保険者でオプションとしてがん検診を導入しているところもあるので、問い合わせるとよいでしょう。また、市区町村では、検診の有効性が証明されている「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「乳がん」「子宮がん」を無料か低料金で実施しており、該当年齢に達していれば受診できます。

 とくに主婦の場合、乳がん、子宮がんは忘れずに受けておきたいもの。どちらも近年女性に増えているがんですが、早期に発見できれば治る確率が高いので、検診の機会を見逃さないようにしましょう。女性のがん死亡率トップの大腸がんについても、定期的な検診受診をすすめる専門家もいます。

 厚生労働省では、乳がん検診は40歳になったら、また子宮(頸)がん検診は20歳になったら、それぞれ2年に1回は受けるようすすめています。受診促進のため厚労省は平成21年4月1日現在で該当年齢の人に、22年2月28日まで使える女性のがん検診の無料クーポン券を配布しています。
 乳がん検診は40歳から60歳までの5歳刻み、子宮(頸)がん検診は20歳から40歳までの5歳刻みで配布されます。自分が該当するかどうかは、市区町村のがん検診担当窓口に問い合わせてください。

乳がんの自己検診と自主的な検診のすすめ

 乳がんは自分で見つけることのできるがんです。20歳になったら自己検診は必ず行うことが大切です。日常のコンディションを知っておくことが異常に気づくための第一歩です。

 また、家族に乳がんにかかった人がいる場合などは40歳になるのを待たず、20代のうちに、一度乳腺の専門クリニックなどで自主的に乳がん検診を行ってみてください。その際、家族歴や生理の状態、女性ホルモン剤などの服用状況なども医師に知らせ、その後の検診の受け方や日常の注意点などを相談しておくことをおすすめします。家族歴がなくても30歳からは、定期的な検診を始めたほうがよいでしょう。

 乳がんは他の臓器のがんより40代50代と比較的若い年代に多く発生する病気。30代の乳がんも増加しています。乳がんの原因が確定されない今、早くから検診の習慣をつけておくことが、乳がんに対する最大の防御なのです。

健診を受けるときはこんなことに注意して

 健診を受ける際、女性ならではの注意したい以下のような事柄があります。

●着脱しやすい服装で
 ストッキングの上にスラックス着用などは着脱に時間がかかります。また、私服のまま採血や血圧測定をすることもあるので、そでをまくりやすい服装がよいでしょう。
●月経中の受診は避ける
 尿検査では正しく判定できないこともあります。検査日と重なりそうだとか急に始まってしまったときは、検査機関に連絡して受診してもよいか、あるいは日程変更が可能かどうか問い合わせを。乳房の検査は生理終了直後から1週間以内くらいが、乳房のはりや痛みも少なく楽に検査を受けられるタイミングです。
●化粧やマニキュアに注意
 顔色や爪の色から気づく病気もあるので、化粧するなら薄めに、マニキュアは塗らないで。
●性行為は避ける
 婦人科健診などでは、前日や当日の検査後は避ける指示を出すところが多いようです。また、前日に腟内洗浄をすると細胞が洗い流されて検査結果に表れないことがあるので、行わないように。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
島田 菜穂子先生


ピンクリボンブレストケアクリニック表参道院長
NPO法人乳房健康研究会副理事長
1988年筑波大学医学部卒業。東京逓信病院放射線科などに勤務の後、米国ワシントン大学ブレストヘルスセンター留学。帰国後、東京逓信病院放射線科医長、南青山ブレストピアクリニック副院長、イーク丸の内副院長、東京ミッドタウンクリニックシニアディレクターなどを経て、2008年より現職。日本医学放射線学会認定放射線科専門医、日本乳癌学会認定医、日本乳癌検診学会マンモグラフィ読影指導資格(A判定)、日本がん検診・診断学会認定医、日本体育協会スポーツドクターなど。共著に『乳がん全書』(法研)、『乳がんの早期発見と治療』(小学館)など。
ピンクリボンブレストケアクリニック表参道(乳腺専門クリニック)http://www.pinkribbon-breastcare.com/

コラムに関連する病名が検索できます。

主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「検診は意味がない?」乳がん検診3つの疑問 自己検診だけじゃダメ?

北斗晶さんが乳がんを公表されて以来、乳がん検診への関心が高まっており、中には数ヶ月待ちの検診機関もあると聞きます。一方で、「検診は意味がない」「自己検診だけで十分」といった情報もネットなどで飛び交っていて、何が正しいのかわからず不安・・... 続きを読む

有名人のがんにまつわるニュースが多い?後悔しないためのがん検診のススメ

歌手のテイラー・スウィフトが自身のブログで、母親ががんと診断されたと発表しました。クリスマスプレゼントとして贈った健康診断を受けたところ、がんが発見されたそうです。プライベートなことなので病気の詳細は書かれていませんが、彼女の母親から... 続きを読む

胆石症ってどんな病気?食後の腹痛や下痢に要注意

食事の後、みぞおちや右上腹部が痛んだり、下痢になったりすることはありませんか?
「何か悪いものを食べたのだろうか」と心配になることでしょう。しかも、1回だけでなく、何回も同じような痛みを感じるようになると、放っておくわけにはいきません。 ... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

子宮体がんの基礎知識 50代以降は高い死亡率|主な検査方法

子宮頸がんが20歳代後半から30歳代後半に多いのに対し、子宮体がんは50歳代~60歳代に多いがんです。また近年は、年齢に関係なく子宮体がんは増加傾向にあります。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、1年間... 続きを読む

肝臓がんの基礎知識 4つの危険因子|肝臓がんの主な検査方法

国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国での生涯で肝臓がん(「肝がん」ともいう)にかかるリスク(2005年データ)は、男性で26人に1人(臓器別では第5位:大腸がんを結腸がんと直腸がんに分けた場合。以下同... 続きを読む

婦人科検診を受けるメリット-ゆったり検査できるレディスドッグ

厚生労働省の「平成19年国民生活基礎調査」によると、日本の女性のがん検診受診率は、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮(頸)がんの平均が2割台前半でした。そのうち乳がん、子宮がんの受診率は、20.3%と21.3%でした。平成16年の同調... 続きを読む

休日だけでもオシャレしたい!マニキュアで春色カラーに挑戦♡

まだまだ寒い日はありますが、近ごろのお客様から頂く色のオーダーは春色が多くなってきて、特にパステル系の色が好まれています。春色の明るい色は、手元も気分も明るくウキウキさせてくれます。でも仕事などで目立つ色が難しい方や、自分の手に似合うの... 続きを読む

風疹の予防接種が重要な理由とは-妊娠中の風疹は赤ちゃんに危険

去年から今年にかけて、全国で風疹患者が急増しています。2013年6月19日現在、今年に入ってからの全国の風疹患者報告数は約1万800人と、すでにこの時期で昨年1年間の合計数の4倍以上にも上り、流行の勢いは止まりません。患者は大人がほとんど... 続きを読む