主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も

家族だけでなく自分も大切に! 今年こそ受診を

40歳以上なら「メタボ健診」。40歳未満でも「主婦健診」や「家族健診」。「がん検診」もぜひ受けよう

主婦も対象のメタボ健診

 生活習慣病が現れ始める年齢になったら、毎年定期的に健診を受けて自分の健康状態を把握しておくことは、現代人のいわば常識といってもよいでしょう。会社員や公務員の場合は職場で定期健診という機会があるので毎年チェックしやすいですが、家庭にいる主婦などは、普段から自分で意識していないと健診の機会を見逃しかねません。その気になれば主婦でも受けられる健診の機会はいくつか必ず見つかります。家族の健康を気使うのと同様に、自分の体にもいたわりの目を向けてあげましょう。

 主婦が受けられる健診には、どのようなものがあるでしょうか。まず、夫が会社員や公務員ならば、夫の被扶養者として健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合などの各医療保険者が実施する健診が受けられます。平成20年4月からは、40~74歳のすべての国民を対象にいわゆる“メタボ健診”(特定健診)が行われています。該当する年齢層のすべての国民が対象ですから、会社員や公務員だけでなくその被扶養者(主婦や祖父母など)も対象になっていて、各医療保険者が契約している医療機関などで受けることになります。
 メタボ健診は、市区町村を窓口として国民健康保険でも実施していますから、夫が自営業の場合は、妻自身が被保険者として受けることができます。

 メタボ健診の目的は、動脈硬化をベースとする心筋梗塞や脳卒中などの重大な生活習慣病を未然に防ぐことにあります。動脈硬化を招きやすいメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者を早目に見つけ、生活習慣を見直して危険な病気を発病させないように専門家が改善を指導(特定保健指導)します。健診では、身長、体重、腹囲などの身体計測と、血圧測定、血液検査、尿検査などが行われ、内臓脂肪の蓄積、高血圧、脂質異常、高血糖などメタボリックシンドロームの該当項目の有無と、肝臓、腎臓などの機能についても調べます。

 メタボ健診の対象にならない40歳未満の主婦に対しては、「主婦健診」や「家族健診」などの名称で、メタボ健診とほぼ同じ検査項目で健診を実施しています。それらの健診に替って人間ドック受診を希望する人には、保険者によっては独自に費用の補助を行って受診を促しているところもあります。

がんの検診のなかでも、とくに乳がんと子宮がん検診はお忘れなく

 主婦が受けてほしいもう一つの検診は、がん検診です。前述の各保険者でオプションとしてがん検診を導入しているところもあるので、問い合わせるとよいでしょう。また、市区町村では、検診の有効性が証明されている「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「乳がん」「子宮がん」を無料か低料金で実施しており、該当年齢に達していれば受診できます。

 とくに主婦の場合、乳がん、子宮がんは忘れずに受けておきたいもの。どちらも近年女性に増えているがんですが、早期に発見できれば治る確率が高いので、検診の機会を見逃さないようにしましょう。女性のがん死亡率トップの大腸がんについても、定期的な検診受診をすすめる専門家もいます。

 厚生労働省では、乳がん検診は40歳になったら、また子宮(頸)がん検診は20歳になったら、それぞれ2年に1回は受けるようすすめています。受診促進のため厚労省は平成21年4月1日現在で該当年齢の人に、22年2月28日まで使える女性のがん検診の無料クーポン券を配布しています。
 乳がん検診は40歳から60歳までの5歳刻み、子宮(頸)がん検診は20歳から40歳までの5歳刻みで配布されます。自分が該当するかどうかは、市区町村のがん検診担当窓口に問い合わせてください。

乳がんの自己検診と自主的な検診のすすめ

 乳がんは自分で見つけることのできるがんです。20歳になったら自己検診は必ず行うことが大切です。日常のコンディションを知っておくことが異常に気づくための第一歩です。

 また、家族に乳がんにかかった人がいる場合などは40歳になるのを待たず、20代のうちに、一度乳腺の専門クリニックなどで自主的に乳がん検診を行ってみてください。その際、家族歴や生理の状態、女性ホルモン剤などの服用状況なども医師に知らせ、その後の検診の受け方や日常の注意点などを相談しておくことをおすすめします。家族歴がなくても30歳からは、定期的な検診を始めたほうがよいでしょう。

 乳がんは他の臓器のがんより40代50代と比較的若い年代に多く発生する病気。30代の乳がんも増加しています。乳がんの原因が確定されない今、早くから検診の習慣をつけておくことが、乳がんに対する最大の防御なのです。

健診を受けるときはこんなことに注意して

 健診を受ける際、女性ならではの注意したい以下のような事柄があります。

●着脱しやすい服装で
 ストッキングの上にスラックス着用などは着脱に時間がかかります。また、私服のまま採血や血圧測定をすることもあるので、そでをまくりやすい服装がよいでしょう。
●月経中の受診は避ける
 尿検査では正しく判定できないこともあります。検査日と重なりそうだとか急に始まってしまったときは、検査機関に連絡して受診してもよいか、あるいは日程変更が可能かどうか問い合わせを。乳房の検査は生理終了直後から1週間以内くらいが、乳房のはりや痛みも少なく楽に検査を受けられるタイミングです。
●化粧やマニキュアに注意
 顔色や爪の色から気づく病気もあるので、化粧するなら薄めに、マニキュアは塗らないで。
●性行為は避ける
 婦人科健診などでは、前日や当日の検査後は避ける指示を出すところが多いようです。また、前日に腟内洗浄をすると細胞が洗い流されて検査結果に表れないことがあるので、行わないように。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
島田 菜穂子先生


ピンクリボンブレストケアクリニック表参道院長
NPO法人乳房健康研究会副理事長
1988年筑波大学医学部卒業。東京逓信病院放射線科などに勤務の後、米国ワシントン大学ブレストヘルスセンター留学。帰国後、東京逓信病院放射線科医長、南青山ブレストピアクリニック副院長、イーク丸の内副院長、東京ミッドタウンクリニックシニアディレクターなどを経て、2008年より現職。日本医学放射線学会認定放射線科専門医、日本乳癌学会認定医、日本乳癌検診学会マンモグラフィ読影指導資格(A判定)、日本がん検診・診断学会認定医、日本体育協会スポーツドクターなど。共著に『乳がん全書』(法研)、『乳がんの早期発見と治療』(小学館)など。
ピンクリボンブレストケアクリニック表参道(乳腺専門クリニック)http://www.pinkribbon-breastcare.com/

コラムに関連する病名が検索できます。

主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  7. 7
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  14. 14
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  15. 15
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  16. 16 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  17. 17
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  18. 18
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  19. 19
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  20. 20
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…

一覧