胆石症ってどんな病気?食後の腹痛や下痢に要注意

脂っこい食事は胆のうを疲れさせ、胆石症や胆のう炎の原因に

高脂肪、高エネルギーの食事は控え、40歳をすぎたら定期的に腹部超音波検査を

食後の腹痛や下痢が増えたら要注意

 食事の後、みぞおちや右上腹部が痛んだり、下痢になったりすることはありませんか? 「何か悪いものを食べたのだろうか」と心配になることでしょう。しかも、1回だけでなく、何回も同じような痛みを感じるようになると、放っておくわけにはいきません。

 食後の腹痛や下痢が増えた場合、胆石が原因のことがあります。胆石による痛みは、脂っこい食事の後、みぞおちや上腹部に起こりやすく、黄疸(おうだん)を伴って、時には右肩や背中、胸にまで広がることもあります。
 特徴的なのは突然の激しい右上腹部の腹痛で、脂汗をダラダラかいたり、体をくねらせ、その場にうずくまってしまうほどの激烈な痛みに襲われます。

 最近、こうした激痛に襲われ、救急車で病院に運ばれる人が増えています。食生活の欧米化により、肉類中心の脂っこい食事をする人が多くなったことが大きな要因といわれ、日本人の胆石症の割合は、成人人口の10%に達しています。

 とくに胆石ができやすいのは40歳以上の女性で、活動的、肥満ぎみの人だといわれています。男性に比べ、1.5倍も多いことがわかっていますが、どうして女性のほうが多いのか、原因ははっきりしません。40歳以上に多いということから推測すると、女性ホルモンとの関係も考えられます。また、加齢とともに胆石を持つ人の割合は増えていきます。
 いずれにしても、脂っこい食事や、からだに脂肪を蓄積しやすい生活が、胆石の危険性を増すことは間違いありません。

胆汁に増えすぎた成分が、胆汁の通り道にたまって胆石に

 胆石とは、胆汁の中の成分が固まってできる石のことです。胆汁はたんぱく質や脂肪の分解・吸収を助ける消化液で、肝臓でつくられ、肝内胆管や胆管、胆のう管を経て胆のうにためられ、濃縮されます。食事をすると胆のうが収縮し、胆汁が総胆管を通って十二指腸へと送られます。胆石はこれら胆汁の通り道にでき、できる場所によって胆のう結石、総胆管結石、肝内結石などと呼ばれます。

 また、胆石はその成分によって大きく3種類に分けられますが、最近の日本人ではコレステロール結石が7~8割と多くみられます。

 十二指腸に食べ物が運ばれてくると、胆のうが胆汁を分泌して十二指腸に送り、脂肪の分解・吸収を助けます。食事の内容に偏りがなく、脂肪分が過剰でなければ、この仕組みは問題なく働きます。ところが、脂っこいものばかりを食べていると、胆のうは胆汁を分泌し続けなければならず、過労に陥ってしまいます。
 こうしてオーバーワークになった胆のうが通常どおりに機能しなくなると、胆汁の分泌が滞ります。そのため、食事でとった脂肪分が十分に吸収されないまま大腸に送られて、下痢を起こすことになります。

 脂っこい食事は、胆汁の成分にも変化を及ぼします。通常は胆汁の中に溶けているコレステロールが増えすぎると、過剰な分が結晶化し、胆汁の通り道で胆石となってしまうのです。脂っこい食事の後に起こる激痛は、この胆石が胆管などに詰まることが直接の原因です。
 胆石が胆管などをふさいで胆汁が胆のうにたまったままになると、細菌感染から胆のう炎を引き起こし、命にかかわることもあります。

 突然の腹痛はもちろん、食後に腹痛や下痢が気になる方は、早めに消化器内科や消化器外科などを受診しましょう。黄疸や発熱がある場合は、すぐに受診してください。

 胆石があるかどうかは、腹部の超音波検査でわかります。治療は、内服薬で胆石を溶かす方法、胆石に衝撃波を当てて粉砕する方法、手術で胆のうをとってしまう方法などがあります。胆石があっても自覚症状がない場合、多くは定期的に検査をしながら経過観察をします。

高脂肪、高エネルギーの食事を避け、栄養バランスのとれた食事を

 脂肪分は、食事のおいしさを左右するだけに、全くゼロにすることは不可能ですし、必要もありません。注意が必要なのは、脂肪分が過剰な食事です。1日3食、脂っこいものばかりを食べたり、毎日、肉類や油で揚げたものばかりをとるのは考えもの。高脂肪、高エネルギーの食事は避け、いろいろな栄養素をバランスよくとるようにしましょう。

 また、女性に限らず、肥満の人に胆石症の人が多いのも事実。脂肪に偏った食事を控えるとともに、適度の運動を定期的に行い、体重をコントロールすることが大切です。

 ただし、肥満ではない人にも、あまり脂っこいものを食べない人にも、胆石症になる人はいます。むしろ、40歳前後を境目に胆石症の人が増える傾向にありますから、40歳を迎えたら、定期的に腹部超音波検査を受けて、胆石の有無をチェックすることをおすすめします。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
柁原(かじわら)宏久先生


柁原医院副院長
東邦大学医学部卒業。1985年同大学医学部外科学第三講座入局。同医局長、東邦大学医学部講師などを経て、現職。専門分野は肝胆膵外科、消化器外科。著書に『胆のうの病気―胆石、胆のう炎、ポリープ、ガンとのつきあい方』(共著、講談社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

20〜40歳代女性に急増している子宮内膜症

子宮内膜症は進行性の病気

子宮内膜に似た組織が腹膜や卵巣など子宮以外の場所で増殖する病気。
子宮内膜症 - goo ヘルスケア

子宮内膜症は、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける、進行性の病気です。内膜症の細胞... 続きを読む

主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も

生活習慣病が現れ始める年齢になったら、毎年定期的に健診を受けて自分の健康状態を把握しておくことは、現代人のいわば常識といってもよいでしょう。会社員や公務員の場合は職場で定期健診という機会があるので毎年チェックしやすいですが、家庭にいる主婦... 続きを読む

肉類と砂糖を上手にとることが【太る脳】を【やせる脳】に

肉類と砂糖を上手にとることが【太る脳】を【やせる脳】に変えて、ダイエットを成功させるカギとなる ●解説してくれる人 浜松医科大学名誉教授/高田明和 ●先生のプロフィール 1935年、静岡県... 続きを読む

胆のうがん、胆管がんの基礎知識 危険因子は?|主な検査方法

国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によれば、わが国で1年間に新たに胆のう・胆管がんと診断される人は、男性9,237人、女性9,399人となっています(2005年データ)。また、1年間に胆のう・胆管がんで亡くなる人は... 続きを読む

七転八倒の激痛に襲われる尿管結石を知ろう

尿管結石(尿路結石)とはどんな病気
「尿管結石」は尿路結石の一種です。腎臓・尿路(尿の通り道)で尿中の成分が結晶化したものを尿路結石といいます。尿管結石は尿管にできた結石のことで、腎臓結石・膀胱結石・尿道結石などの尿路結石があります。 ... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

飲みすぎの人は気をつけて-すい炎を予防する7つの習慣

春は新人の入社や異動などで、サラリーマン社会にとっては人の動きの大きい季節。お酒を飲む機会も自然と多くなり、胃腸や肝臓がちょっぴり心配になる人も少なくないでしょう。ところで、心配するなら同時にすい臓のほうにも目を向けてください、というのが... 続きを読む

日本人がもともととってきた食歴

第1回
ダイエットへの第1歩はサプリメントの摂り方を知ること! 「何となくよくなったのはわかるけれど、何がよくなったのかよくわからない……」。 サプリメントを試したことのある人の大半はこんな感想を... 続きを読む

子宮体がんの基礎知識 50代以降は高い死亡率|主な検査方法

子宮頸がんが20歳代後半から30歳代後半に多いのに対し、子宮体がんは50歳代~60歳代に多いがんです。また近年は、年齢に関係なく子宮体がんは増加傾向にあります。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、1年間... 続きを読む