「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子

空腹時血糖値だけで安心せず、食物繊維などでしっかり予防

食後の血糖値が異常に高い「食後高血糖」の人は、糖尿病の予備群でも脳卒中や心筋梗塞になりやすい

一般的な空腹時血糖値の検査では「食後高血糖」はわからない

 高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内で変化したブドウ糖が、作られすぎたり、十分に使われずに血液中にあふれている状態です。

 この血液中のブドウ糖の量を表すのが「血糖値」で、食事をとれば誰でもある程度は血糖値が上がります。健康な人の場合は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが食事に合わせてすぐに分泌されるため、血糖値はそれほど上がらず、しかも短時間で下がって元のレベルに戻ります。
 しかし、糖尿病の患者さんやその予備群の人の場合は、食事をしてから十分な量のインスリンが分泌されるのに時間がかかり、しかも効き目が弱いこともあるため、食後、大幅に血糖値が上昇してしまいます。食事をしてから2時間後に測った血糖値が140mg/dl以上である場合を「食後高血糖」といいます。

 ただ、糖尿病の早期の段階などでは、食後に血糖値が大幅に上昇するものの、空腹時には正常域まで下がっています。しかし、糖尿病のもっとも一般的な検査は空腹時血糖値の測定であり、食後高血糖かどうかは判断できません。つまり、空腹時に測った血糖値が「正常」というだけでは安心できないわけです。食後高血糖を診断するためには、「食後2時間血糖値」や「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」などの検査値が有効です。
 実際は食後高血糖なのに気づかず、「空腹時血糖値は正常なんだから…」とそのままにしていると、やがて空腹時にも血糖値が高いままとなってしまいます。さらに、食後高血糖だけでも長く続くと動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気のリスクも高まることが、多くの調査研究で明らかになっているのです。

食後高血糖は大血管疾患のリスクを高め、がんや認知機能障害とも関連

 東京大学の門脇孝教授が15年前(1994年)に、空腹時血糖値が120mg/dl未満(*)にコントロールされている糖尿病の患者さんに、毎食後、自己測定で血糖値を測ってもらったところ、食後1時間や2時間の血糖値が200mg/dl以上になっているケースが続出しました。

 国際糖尿病連合(IDF)による2007年版『食後高血糖の管理に関するガイドライン』でも、下記のような事項は科学的な根拠(エビデンス)が明らかであるとして、「食後高血糖は有害で、対策を講じる必要がある」と明記しています。


●こんなに危ない食後高血糖
(1)脳卒中や心筋梗塞など(大血管疾患)のリスクを高める。
(2)糖尿病網膜症の発症リスクの上昇と関連する。
(3)頸動脈の血管壁(内膜中膜)が厚くなる(動脈硬化が進む)ことと関連する。
(4)動脈硬化などの引き金になる活性酸素の働きの活発化(酸化ストレス)、血管の炎症、血管壁の働きの低下、の原因になる。
(5)がんの発症リスクの上昇と関連する。
(6)高齢者の認知機能障害と関連する。




*日本糖尿病学会の判定基準では、空腹時血糖値100mg/dl 未満を「正常型」、100mg/dl以上110mg/dl以下を「正常高値」としている。

食物繊維などを十分にとって食後の血糖上昇を緩やかに

 上記の(1)について、食後(ブドウ糖負荷後)2時間の血糖値が140mg/dl未満の人が心筋梗塞などで亡くなる(心血管死)割合は、糖尿病ではない人とほぼ同じですが、140mg/dl以上になると明らかに増加、200mg/dlを超えると急上昇していました。空腹時血糖値との関係を調べた結果では、空腹時血糖値と心筋梗塞などで亡くなる危険度には、食後血糖値ほどの強い関係はありませんでした。
 心筋梗塞などに限らない死亡危険度全体でも、食後2時間血糖値が140mg/dlを超えると、超えない人に比べて急上昇します。これは空腹時血糖値が正常の人にもあてはまります。

 (3)については、食後2時間の血糖値がおおよそ148mg/dlを超えると血管壁が厚くなるという報告があります。ほかの検査値との関係では、血管壁の厚さは、空腹時血糖値よりも、食後血糖値のほうが強い影響を与えているとされています。
 食後に血糖値が急上昇すると、1日の中で血糖値の変動幅が大きくなりがちです。このような日内変動幅が大きいほど、(4)のような酸化ストレスが増大する可能性があります。酸化ストレスの増大も、空腹時血糖値と比べ食後血糖値のほうがより関係が深いとされています。

 以上のような危険な食後高血糖を改善するため、速効型インスリン分泌促進薬、αグルコシダーゼ阻害薬などの薬剤が開発され、広く使われています。しかし、治療の基本になるのが適度な運動習慣を加えた食生活の改善であることは、一般的な糖尿病対策と変わりません。食事による大幅な血糖上昇を抑えるわけですから、食事の見直しが第一であることは当然です。
 そのためには、血糖値を上げにくいGI(*)値が低い食品(未精製の穀類、豆類など)や、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維(野菜、海藻、きのこなど)を十分にとることがおすすめです。

*GI(グリセミック・インデックス)=血糖上昇指数、低いほど血糖値を上げにくい。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
門脇 孝先生


東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授
東京大学医学部卒業。同大同学部第3内科入局後、米国国立衛生研究所(NIH)糖尿病部門客員研究員、東京大学医学部第3内科講師などを経て、平成15年から現職。東京大学医学部附属病院副病院長などを兼務。日本糖尿病学会理事長、日本内分泌学会理事、日本肥満学会理事などを務める。専門分野は糖尿病・肥満、インスリン抵抗性の分子機構の研究。著書に『健診で血糖値が心配ですよと言われた人の本(監修)』(法研)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  2. 2
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  3. 3 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  4. 4
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  5. 5
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  6. 6
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  7. 7
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  8. 8
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  9. 9
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  10. 10
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  11. 11
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  13. 13
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    スマホ老眼!にならないための3つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 手元…
  15. 15
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  16. 16
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  17. 17
    実はかなり他人にみられてる…背中・うなじニキビの原因と治療法
    シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていません…
  18. 18 緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    (編集・制作 (株)法研) 夏に汗はつきもの。でも、汗をかきすぎる病…
  19. 19 星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人健康まとめ】
    GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    (編集・制作 gooヘルスケア) めまいといえばメニエール病とい…
  20. 20
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…

一覧