脂質異常症とは? 原因は生活習慣に、主な治療法

メタボリックシンドロームを背景に高まる脂質異常症への関心

食べすぎや栄養バランスの悪い食事、運動不足など、生活習慣がもたらす脂質異常症は早期改善が決め手。

血液中のLDLコレステロールやトリグリセライドの過剰症

 内臓脂肪の蓄積から、糖代謝異常(高血糖)や脂質代謝異常(脂質異常)、血圧の異常(高血圧)が複合的に起こった状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい、ここ数年、非常に注目されています。メタボリックシンドロームは動脈硬化を発症し、進行して心血管疾患や脳血管疾患、糖尿病やその合併症を引き起こすリスクが高まるため、予防や早期発見・早期改善が大切とされています。
 メタボリックシンドロームへの注目度が高くなったことで、脂質異常症への関心も高くなってきました。

 脂質異常症とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が過剰になったり、HDL(善玉)コレステロールが不足したりする状態が続く病気です。脂質異常症は、自覚症状はほとんどありませんが、放置しておくと、血管の動脈硬化を進め、やがて心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞、脳出血)などの深刻な病気を引き起こしやすくなります。

 本来コレステロールは、細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料となるものです。トリグリセライドは、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられ、体内の糖質が不足したときにエネルギー源として利用されます。ともに私たちの体には不可欠なものです。いずれも、肝臓でつくられますが、食事からもとりこまれます。

 脂質異常症の多くは生活習慣が関係しており、過食や運動不足といった生活習慣を続けると、体内での脂質の代謝がうまくいかなくなって、血液中のLDLコレステロールやトリグリセライドが増えすぎたり、HDLコレステロールが少なくなってしまいます。
 ただし、遺伝が強く関係している「家族性高コレステロール血症」は、生活習慣とはほとんど関係ありません。また、ほかの病気や薬が原因となって脂質異常症が起こる場合があり、これを二次性(続発性)脂質異常症といいます。
 原因となる病気には、甲状腺機能低下症や肝臓病、腎臓病、糖尿病など、薬にはステロイドホルモン薬、利尿薬、避妊薬などがあります。原因となっている病気を治療したり、可能な範囲で薬を変えたりやめたりすることで、脂質異常症が改善されることがあります。

脂質異常症の種類と診断基準

 脂質異常症は脂質の種類別には、
●「高LDLコレステロール血症」=動脈硬化に関係が深いLDLコレステロール値が高いタイプ
●「低HDLコレステロール血症」=動脈硬化を防ぐ働きを持つHDLコレステロール値が低いタイプ
●「高トリグリセライド血症」=動脈硬化と関係が深く、急性すい炎とも関係があるトリグリセライド値が高いタイプ
の3種類に分けられます。一人で複数のタイプを併せもっている場合もあります。
 脂質異常症かどうかは、血液中のLDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライドの値によって診断されます。この3種類の脂質のうち、いずれかの値が下記の基準値に該当すれば、脂質異常症と診断されます。


【脂質異常症の診断基準】(血清脂質値:空腹時採血)

●「高LDLコレステロール血症」=LDLコレステロール値 140mg/dl以上
●「低HDLコレステロール血症」=HDLコレステロール値 40mg/dl未満
●「高トリグリセライド血症」=トリグリセライド値 150mg/dl以上



*脂質異常症以外のリスクファクター、たとえば心筋梗塞の既往、糖尿病や高血圧の合併、喫煙習慣などがあれば、治療目標値は診断基準値に比べより厳しい設定となっています。
(日本動脈硬化学会編「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」より)

脂質異常症の治療は生活習慣の改善が第一。効果がなければ薬物療法を検討

 脂質異常症を治療する目的は、その先にある動脈硬化を予防・改善することにあります。「家族性」や「二次性」を除き多くの人の場合、脂質異常症の主な原因は生活習慣にありますから、第一の治療法は生活習慣の改善です。食事療法と運動療法を中心に行い、それでも脂質異常が改善しないときは、薬物療法が検討されます。生活習慣の改善としては、禁煙も必須項目です。

【食事療法】
 脂質異常症の人は、まず、肥満を解消・予防するために食べすぎに注意して摂取エネルギーを減らすことが基本です。とくにLDLコレステロール値の高い人は、肉類や脂肪、コレステロールを多く含む食品をとり過ぎないことが大切です(ただし、LDLコレステロールは生体内で炭水化物などからも合成されるので、必ずしも脂肪を多く含む食品だけを制限すればよいわけではなく、ごはんやパンなど炭水化物食品も食べすぎに注意)。トリグリセライド値の高い人は、とくにアルコールや、糖質・脂質の多い食品を控えます。
 いずれのタイプも、ビタミン、ミネラル、食物繊維をはじめ、各種有効成分を豊富に含む野菜、豆・豆製品、海藻などを積極的にとり、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

【運動療法】
 適度な強度の有酸素運動を続けると、トリグリセライド値を下げ、HDLコレステロール値を上げる効果があります。肥満の予防や解消にも役立ちますから、積極的に取り組みましょう。手軽で身近な運動としてウオーキングがおすすめです。
 ただし、心臓、腎臓、関節などに病気をもっている場合は、運動を行ってよいかどうか、行ってよい場合の強度など、必ず主治医に相談して、その指示に従うことが大切です。

【薬物療法】
 薬物療法をいつから開始するかは、脂質異常症の診断基準値に該当していることのほか、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)を引き起こす危険因子をもっているかで判断されます。冠動脈疾患の危険因子には加齢、高血圧、糖尿病、喫煙、冠動脈疾患の家族歴などがあり、これらを考え合わせて判断されます。

 脂質異常症の薬には、主にLDLコレステロールを下げる薬や、トリグリセライドを下げる薬などがあります。脂質異常のタイプや危険因子の数などに応じて、適切な薬を用います。
 副作用を防いで薬の効果を最大限に発揮するために、医師や薬剤師の指示を守ることが大切です。

 日本人に多い脂質異常症は、「高LDLコレステロール血症」、「高トリグリセライド血症」、「混合型脂質異常症」(LDLコレステロール値・トリグリセライド値ともに高いタイプ)です。とくに最近の傾向では、「混合型脂質異常症」が増えています。
 従来の脂質異常症の治療は、LDLコレステロール値を下げる薬物療法が中心に行われていましたが、現状を踏まえると、今後は「高トリグリセライド血症」や「低HDLコレステロール血症」の治療も含め、患者さん一人ひとりにとって、より適切な薬を選んで用いることが、治療効果を上げるために大切になっていきます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
弘世 貴久先生


順天堂大学医学部内科学・代謝内分泌学准教授
1985年大阪医科大学卒業。同年大阪大学医学部第三内科研修医に。92年大阪大学大学院医学研究科内科学修了、博士号取得。同年、米国国立衛生研究所(NIH)研究員に。95年に大阪大学医学部第三内科に戻り、97年に西宮市立中央病院内科医長。2004年順天堂大学医学部内科学講師を経て、06年同大学准教授(当時の呼称は助教授)、同大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学・先進糖尿病治療学准教授兼任、現在に至る。日本内科学会認定医、日本糖尿病学会評議員・専門医・指導医、日本内分泌学会専門医・指導医、日本医師会認定産業医など。

コラムに関連する病名が検索できます。

脂質異常症とは? 原因は生活習慣に、主な治療法 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  2. 2 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  3. 3
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  4. 4
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  5. 5
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  6. 6
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  7. 7
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  8. 8
    運動しない人は注意!筋肉が減少して脂肪が増える『サルコペニア肥満』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 高齢…
  9. 9
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  10. 10
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  11. 11 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  12. 12
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  13. 13
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  14. 14
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  15. 15 その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) 脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状を…
  16. 16
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  18. 18
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  19. 19 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  20. 20
    実はかなり他人にみられてる…背中・うなじニキビの原因と治療法
    シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていません…

一覧