更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係

「高LDLコレステロール」だけでは動脈硬化に進まない

薬を飲まなくてよい場合もある。まずは食事コントロールと運動、婦人科でホルモンチェックも

更年期以降LDLコレステロール値が急に上昇するのはなぜ?

 「健診でLDLコレステロール値が高いといわれてしまった。とくに太ったわけでも、脂っこいものばかりを食べたわけでもないのに、なぜ?」50歳前後の更年期を迎えた女性に、このような経験をする人が増えてきます。

 男性の場合コレステロール値の異常を示す人が30代から急激に増えるのに比べ、女性は40代前半まではそれほど異常数値を示すことはありません。ところが、40代後半から50代になると、急にLDL(悪玉)コレステロール値や中性脂肪値が上昇してきます。
 そして、50代以降では男性と同じように、約半数が「脂質異常症」(かつての高脂血症)の診断基準にあてはまる数値になってしまいます。

 なぜ女性は、50歳を境に急にコレステロール値に異変が生じるのでしょうか。これは、女性が更年期になり閉経に近づくと、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が減少してくることと関係しているのです。

女性ホルモンのエストロゲンが女性の血管を守っている

 エストロゲンは、女性の体内で骨、皮膚・粘膜、脳、肝臓、血管など全身において大切な働きをしています。とくに血管内では、次のような重要な働きをしています。
●血管壁を柔軟に保つ
●LDLコレステロールの分解と排泄を促す
●HDL(善玉)コレステロールの合成を促す

 こうした働きが相互に作用し合い、血管の老化を防いで動脈硬化などの悪い方向に進むのを防いでくれているのです。エストロゲンがなくなることにより、健診結果でコレステロール値に危険信号が灯るのは、自然の摂理といってもよいでしょう。

   逆にいうと、閉経前でまだエストロゲンが十分に分泌されている女性では、血管壁は守られているため、少しぐらいLDLコレステロール値が高くても心配はいりません。日本動脈硬化学会策定の『動脈硬化疾患予防ガイドライン2007』でも「閉経前の女性では、LDLコレステロールが高くても非薬物治療が中心になる」としており、運動や食事などの生活指導を行うことをすすめています。(ただし、家族性の高LDLコレステロール血症や、すでに冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)を起こした人は薬物治療の対象になります)

女性は「高LDLコレステロール」だけでは動脈硬化のリスクとはいえない

 では、閉経後の女性でLDLコレステロール値が上がってきている場合はどうでしょう。
 循環器内科専門医であり、性差医療の草分けである天野恵子先生は、「NIPPON DATA80」という日本人を対象とした疾患基礎調査の結果をもとに「閉経後の女性の高LDLコレステロールが動脈硬化のリスクとなるのは、「糖尿病」「喫煙習慣」という要因が重なったときです。これらの要因がなく、LDLコレステロールが高いだけなら、すぐに動脈硬化や動脈硬化による心血管疾患のリスクであるとはいえません」といいます。
 実際、50代、60代の女性は、その半数前後が日本動脈硬化学会の診断基準による脂質異常症にあてはまるにもかかわらず、実際の心血管疾患は男性より少ないことがわかっています。

 先ほども触れたように、女性の場合はエストロゲン分泌の減少がLDLコレステロール上昇の原因となります。そこで、健診でコレステロール値に異常が出たら、まず女性外来・更年期外来や婦人科で女性ホルモンのチェックを行い、更年期症状にホルモン補充療法が効果的と判断された場合には、ホルモン補充療法を始めてはどうでしょう。脂質異常も改善されます。

   ところが実際には、閉経前か閉経後かにかかわらず、「LDLコレステロールが高い」という理由だけで、ただちに抗LDLコレステロール薬を処方されている女性も多いのではないでしょうか。天野先生は「日本では、年間販売額で3,000億円を超える抗LDLコレステロール薬が処方され、その7割が女性に使われています。これは使われすぎといってもいいのではないか」といいます。

   高齢社会の中で、医療費抑制が叫ばれている昨今です。必要のない薬は処方を受けず、食事や運動など生活習慣に気をつけて、自分の健康は自分で作っていくという意識も大切でしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
天野 惠子先生


静風荘病院女性外来、更年期外来
1967年東京大学医学部卒業。81年医学博士。東京大学保健センター講師を経て、94年より東京水産大学(現・東京海洋大学)保健管理センター教授・所長に就任、2002年より千葉県衛生研究所所長兼千葉県立東金病院副院長として女性専用外来の診療にあたる。2009年4月より現職。性差医療研究・実践の第一人者で、「NPO法人性差医療ネットワーク」や「日本性差医学・医療学会」の創設に中心的にかかわる。

コラムに関連する病名が検索できます。

更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

脂質異常症とは? 原因は生活習慣に、主な治療法

内臓脂肪の蓄積から、糖代謝異常(高血糖)や脂質代謝異常(脂質異常)、血圧の異常(高血圧)が複合的に起こった状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい、ここ数年、非常に注目されています。メタボリックシンドロームは動脈硬化を発症し... 続きを読む

結婚が決まったら-二人の健康診断 ブライダルチェック検査とは?

これから結婚をひかえているあなたは、新しい生活に期待を感じつつ、さまざまな準備をすすめているのではないかと思います。
そのなかにぜひ加えてほしいのが、結婚前の健康診断である「ブライダルチェック」。
幸せな新生活の基礎となるのは、ふ... 続きを読む

コレルテロールには善玉と悪玉が-動脈硬化を防ぐコツ

「コレステロール」というと、「体によくないもの」「できるだけ少ないほうがいい」といったように、ひとくくりにした超悪役のイメージを持っている人が少なくないかもしれません。しかし実は、コレステロールには体内で代謝の違う、「善玉コレステロール」... 続きを読む

J・ジャクソンが50歳で妊娠! 40・50代の高齢不妊で妊娠できる確率は?

先日、米国の人気女性歌手ジャネット・ジャクソンさんが50歳で第1子を妊娠していることを公表しました。 晩婚化が進む現代では、高齢出産が増えてきていますが、妊娠・出産できる確率は、加齢とともに低くなるのは周知の事実です。40代、50代で出産し... 続きを読む

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧は、高ければ高いほど、血管... 続きを読む

悪玉コレステロールのLDLコレステロール-本当は必要な存在

脂質異常症は、高血圧と同様ほとんど無症状のため自分では気づきにくく、健康診断をきっかけに見つかることが多い病気です。脂質異常症は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患のリスクを増加させるとされています。今回は、脂質検査... 続きを読む

動脈硬化の予防にはコレステロール値を下げるのがポイント

狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳出血・脳梗塞などの脳卒中、これら循環器の病気が日本人の死亡原因の30%近くを占めています。循環器の病気の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化は、血管に余分なコレステロールなどがたまり、血管が狭くなったり弾力性が... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

美しく痩せるためのカギ!エストロゲン

きれいに痩せることが永遠の課題
これまでダイエットが肉体と精神に及ぼす悪影響を述べてきました。
第一に女性の生殖機能が犠牲にされることを述べたと思います。これは生物はまず、生殖よりも命の存続... 続きを読む

女性の病気|こんな症状はすぐに病院へ|不正出血など5つの症状

何となく気になる症状があっても、忙しい毎日の中でついつい取り紛れて見過ごしてしまうことがあります。どんな症状に注意すべきなのか、何に気を配っておくといいのかを知っておくと、病状が進んでしまう前にスムーズに対処できるでしょう。
とくに婦人... 続きを読む