快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

「睡眠」は食事、運動とともに、生活習慣改善の3本柱の一つ

睡眠障害を放置すると、メタボから命にかかわる病気につながることも。専門医は「眠って生きろ」と訴える!

睡眠不足で血圧上昇、糖尿病リスク上昇、肥満しやすく

 わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気とも深い関係があります。

 これまで多くの研究から、メタボの診断基準に含まれる血圧や血糖値の異常と睡眠時間との関係が明らかになっています。
 例えばある調査では、高血圧症の患者さんを対象に、8時間眠った場合(夜11時~朝7時)と4時間眠った場合(深夜3時~朝7時)の最大血圧(収縮期血圧)を比べたところ、深夜、早朝、午前中のどの時間帯でも、4時間睡眠の場合のほうが明らかに高くなっていました。4時間睡眠の場合には、交感神経を活性化させ血圧を上昇させる神経伝達物質が増加していたことが判明しています。

 また、睡眠時間と糖尿病の発症リスクの関係を調べた調査からは、睡眠時間が7時間の人に比べ、6時間の人のリスクは1.93倍、5時間未満の人は2.60倍も高いことが明らかになりました。この場合は、短時間睡眠による緊張状態で、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きが悪くなったと考えられました。

 一方、メタボのベースとなるのは肥満ですが、肥満にかかわる体内のさまざまな物質と睡眠不足との関係を調べた研究もあります。それによると、睡眠不足は脳に満腹のサインを送って食欲を抑えるレプチンという物質の分泌を低下させ、逆に、食欲を増進させるグレリンという物質の分泌を増加させることで、食欲が高まり肥満しやすくなることが明らかになっています。

 メタボや生活習慣病の予防・改善に食事と運動が重要であることはよく知られていますが、「睡眠」も大変重要であることがわかります。これからは「食事・運動・睡眠」を生活習慣改善の3本柱とすべきといえるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群は眠れず、心臓の負担を増やし、命にかかわる

 メタボと睡眠障害(不眠、睡眠不足)の関係で見逃してはいけないのは、自殺の危険も伴う「うつ病」です。うつ病と診断される前に4~6割の患者さんに不眠があらわれるとされているからです。睡眠障害から肥満や血圧、血糖値などの異常が起こり、これらが引き金になって眠れない……、という悪循環を続けているうちに、うつ病に進む危険性があるのです。

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)のチェックも重要です。SASは眠っている間にのどがふさがれ、いびきとともに何度も呼吸が止まってしまう病気です。十分眠れないため昼間強い眠気に襲われ、居眠りから交通事故や労働災害などを引き起こす可能性もあり、社会問題にもなっています。
 肥満があると、横になったときにのど周りの脂肪によってのどがふさがれやすく、SASを発症しやすくなります。ただし、あごが細い人や、いわゆる小顔の人はのどが細いため、肥満ではなくてもSASになりやすいといえます。

 SASでは無意識のうちに(本能で)呼吸を再開するものの、何度も呼吸が止まってしまうために酸素が十分に取り入れられず、特に心臓をはじめとする循環器系に大きな負担となります。それに加えて、十分な睡眠がとれないために交感神経を刺激し、高血圧や肥満などメタボの誘因となるのです。
 実際に、SASの患者さんの57%が高血圧、SASの男性患者さんの50%、女性患者さんの32%がメタボであり(SASではない人ではそれぞれ22%と7%)、心臓病・脳卒中を起こす危険度は健康な人に比べて男性で2.08倍、女性で2.24倍、SASの患者さんの糖尿病合併率は26%(SASではない人では8%)――といったデータが明らかになっています。

 日本のSAS治療の草分けであり、2008年に大学病院では初めて「睡眠科」を立ち上げた愛知医科大学の塩見利明教授(循環器内科)は、「睡眠障害をそのままにしていると、メタボから心臓病・脳卒中といった命にかかわる病気に進む危険性があります。そのため、薬の服用を含む適切な治療によって、まず本来の眠りを取り戻すことが大切。まさに『眠って治せ・眠って生きろ』ということです」と強調しています。

「起床時間」「1日の最後の食事時間」「必ず眠る時間」を一定に

 では、本来の眠りを取り戻すためにはどうしたらよいのでしょう。人の体は、いったん上がった体温が下がるときに眠くなるようになっています。本来の眠りを取り戻すには、このしくみを利用して、床に就く2~3時間前にぬるめのお風呂や軽い運動で体温を少し上げておくことが効果的です。

 さらに塩見教授が勧めるのは、「朝、起きる時間」「1日の最後に食事する時間」「必ず眠る時間(帯)」という、3つの時間を決めて守るようにすることです。

(1)朝、起きる時間を決める
 人の体は、起きてから16時間後に眠くなるようになっています。朝の光を浴びたり、朝食をしっかりとるとタイマーのスイッチが入るのですが、起床時間を決めてこのスイッチが入る時間を一定にすれば、眠くなる時間も一定になって、規則正しい睡眠に結びつきます。

(2)1日の最後に食事する時間を決める
 人は、脳からの「栄養(糖質)がほしい」というサイン、いわば脳からの空腹サインで目が覚めるのが自然です。ところが夜遅くまで飲食していると、朝になってもおなかに食べ物が残り、このサインが出にくくなって睡眠リズムを崩す引き金になります。「夕食後は食べない」など、1日の最後の食事時間を決めて、さらに夕食の時間を早めにして、朝の空腹感を出やすくしましょう。

(3)必ず眠る時間を決める
 仕事の都合などで、どうしても睡眠のリズムを一定にできない場合、少なくとも「必ず眠る時間」を守りましょう。例えば「午前1~4時の3時間は絶対に眠る」などで、夜更かしの限度を決め、最低限の睡眠時間を確保してください。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
塩見 利明先生 


愛知医科大学睡眠科教授
日本睡眠学会副理事長
愛知医科大学医学部卒業。米国スタンフォード大学に客員研究員として出向。帰国後、愛知医科大学医学部助教授を経て、平成16年同大学医学部教授(大学院医学研究科臨床医学系睡眠医学)に就任し、現在に至る。同病院睡眠科・睡眠医療センター部長を兼任。医学博士、循環器専門医。著書に『眠って生きろ』(デコ)、『スリープ・ハート』(風媒社)ほか。

コラムに関連する病名が検索できます。

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

金縛りはどうして起こるの? 金縛りのメカニズムや原因について

「金縛り」──字面からして怪しいフンイキ。「かなしばり」と声に出してみてもその印象は拭えません。睡眠から目が覚め、いざ体を動かそうとしても動けない、声も出せない、夢かと思うが意識は眠っていないようだ……。こんな現象から、「何か物の怪(け)... 続きを読む

スマホの使いすぎは眼から全身、さらにメンタルも疲労させる?

スマホやパソコンを使う時間が長く、肩が凝ってしかたがないと感じるときは「ストレートネック」という問題が起こっているかもしれません。
体をまっすぐ起こした姿勢では、首の骨(頸椎)は前側にやや湾曲しているもの。ところが、スマホの操作などで... 続きを読む

睡眠時無呼吸症候群 Part2 診断方法、どんな治療をするの?

SASは放置しておくと、心疾患や脳血管障害を起こしかねない、命に関わる病気です。疑いのある人は、早めに医師の診断を受けましょう。
SASの受診・診断は、次のようにすすみます。 1.問診
2.基本的な検査(自宅検査)
3.確定診断(入院検... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月... 続きを読む

睡眠時無呼吸症候群 Part1 こんないびきの人は気をつけて!

「いびきがすごいね」といわれたことはありませんか?
寝入りばなにかくいびき、あるいはお酒を飲んだときや疲れたときにかく、いわゆる習慣性のいびきは、医学的にあまり心配ないいびきだといわれます。
しかし、あおむけに寝ると大きくなるいびき、... 続きを読む

女性は男性よりうつ病になりやすい-うつ病自己評価尺度でチェック

うつ病は男性よりも女性に多い病気です。女性が男性よりうつ病になりやすい原因の一つは、月経周期や妊娠・出産、閉経(更年期)による、ホルモンバランスの急激な変化による心身のストレスと考えられています。
もう一つは、就職、結婚、妊娠・出産、子... 続きを読む

食べ応えたっぷり!メタボ解消豆乳スープダイエット

豆腐と豆乳で、大豆、しいたけ、ネギを煮込んだ真っ白でほっこりあったかいメタボ解消豆乳スープなら、おいしく食べるだけで、気になるメタボの予防、改善に!
もちろんダイエット効果も期待できるから、楽しく続けて、... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む