30歳以降の男性の30%は高尿酸血症‐痛風の症状や新薬治療

メタボとの関係も明らかになりつつある

結晶化した尿酸が関節や腎臓に沈着して痛風や腎臓障害などの原因に。新薬の登場で治療に新たな選択肢

30歳以降の男性の30%に高尿酸血症

 定期健診や人間ドックなどの血液検査のなかに、「尿酸値」という項目があるのをご存じですか。血液中に溶け出している尿酸という物質の量をみるものですが、男女とも血清1dl中に7mgを超える量が検出されると「高尿酸血症」と診断されます。日本では30歳以降の男性の30%に高尿酸血症があり、潜在患者に至っては1,600万人もいると推定されています。そして、これまでは高尿酸血症が起こる背景として生活習慣病が指摘されていましたが、最近はむしろ、高尿酸血症が生活習慣病をもたらす要因にもなっているのではないかという考え方が出てきています。

 尿酸は、私たちの体内で絶えず行われている新陳代謝の結果生まれる核酸やエネルギーの燃えカスであり、細胞が正常に活動していれば常に作られ続けます。健康な人ならば、体内には1,200mgほどの尿酸がいつも蓄積されていて、これを「尿酸プール」と呼んでいます。このうち700mgほどが尿や汗、便などで体外に排泄され、その一方ではほぼ同じ量の尿酸が毎日作られて尿酸プールにたまります。

 この排泄と生産のバランスが常にとれていれば、検査での尿酸値は正常の範囲内に収まるはずですが、尿酸が作られすぎたり排泄量が少なかったりすると尿酸プールはあふれて血液中の尿酸が増加してくるのです。
 体内の尿酸量のバランスが崩れる原因別に3つのタイプに分類されています。すなわち、
(1)「尿酸産生過剰型」=体内で作られる尿酸の量が排泄能力を上回るほど多過ぎる型
(2)「尿酸排泄低下型」=排泄能力が低下している型
(3)「混合型」=産生過剰型と排泄低下型を合わせた型
などです。このうち(2)と(3)を合わせると日本人の高尿酸血症の約80%を占めるといわれます。

怖いのは合併症、メタボにもなりやすい

 尿酸はもともと水や血液に溶けにくい性質があります。溶け切らない尿酸は尿酸ナトリウムの結晶となって関節やその周辺に沈着します。この結晶を、私たちの体の免疫システムを担う白血球が体外から侵入した異物とみなして攻撃することで炎症が起き、関節やその周辺に腫れや痛みをもたらします。これがいわゆる「痛風関節炎」の発作です。

 痛風関節炎の痛みは、よく「風に吹かれても痛い」と表現されるほど激烈なものですが、それが命にかかわることはありません。放置しても1週間ほどでいったん痛みは消失します。そのまま治療をせずに放置すると、尿酸ナトリウムの結晶が手足や耳たぶなどにたまってコブ状に盛り上がる「痛風結節」ができることがあります。

 高尿酸血症の問題は関節炎や結節もさることながら、むしろその先の合併症が重大です。尿酸値が高い状態が続くと、尿中の尿酸が結晶化して結石ができやすくなります。腎臓から膀胱、尿道へとつながる尿の流れ道(尿路)のどこかで結石ができ、できた場所によっては激痛をもたらします。
 また、尿酸ナトリウムの結晶が腎臓に蓄積すると、腎臓の機能が低下する腎障害を起こし、この状態を放置すると、血液中の老廃物を排泄できなくなる「尿毒症」の危険が高まります。尿毒症は死に至ることもある怖い病気で、対処法は機能しなくなった腎臓に代わる人工透析を行うか腎臓移植をするしかありません。

 高尿酸血症の人は、肥満(特に内臓脂肪の蓄積)、高血圧、脂質異常、耐糖能異常などの合併症を起こしやすいことが多いといわれてきました。これらはどれも複数併発していればメタボリックシンドローム(以下、メタボ)と診断される症状であり、尿酸値が高くなるに伴ってメタボに陥る割合も高くなることがわかっています。
 高尿酸血症はメタボの診断基準の項目には入っていないものの、メタボを推測する重要な病気とみられているのです。さらに最近は、尿酸値が高いことが逆に高血圧、慢性腎臓病、脳・血管障害(脳梗塞、脳出血、心筋梗塞など)をもたらす要因にもなっているのではないかとも考えられるようになってきました。

治療の基本は生活習慣の改善、40年ぶりに新薬も

 メタボと診断される生活習慣病を起こすような生活が、高尿酸血症をも招きやすいことはいうまでもありません。高尿酸血症の治療の基本は好ましくない生活習慣の改善で、その指導は全てのタイプの高尿酸血症の治療に共通となります。さらに以下の場合は、薬物療法によって尿酸値を6.0mg/dl以下に保つことが目標とされます。

●痛風関節炎または痛風結節を起こしている
●関節炎や結節はないが、尿酸値が8.0mg/dl以上で合併症(*)がある
●関節炎や結節、合併症はないが、尿酸値が9.0mg/dl以上と高い
(*)=腎障害、尿路結石、高血圧、虚血性心疾患、糖尿病、メタボなど

 薬物療法は尿酸降下薬による治療が中心になります。このうち、これまで日本で使用できたのは、尿酸排泄促進薬は3種類あるものの、尿酸産生抑制薬は約40年前に開発された「アロプリノール」(一般名)という1種類しかありませんでした。しかし今年の春、日本の製薬会社(帝人ファーマ株式会社)が開発した「フェブキソスタット」という新薬が発売され、保険で使える薬価基準にも収載されました。
 アロプリノールは腎で排泄される薬剤であり、腎機能が低下している人では薬剤の血中濃度が高くなり、重い副作用の頻度が高くなります。このため腎臓機能が低下している患者には使用量を抑える必要がありました。これに対してフェブキソスタットはその心配がないため、腎臓機能が中等度に低下している患者にも用量の調整をせずに使えることで、高尿酸血症治療の選択肢が増えたとして注目されています。

●現在日本で使用される尿酸降下薬
<尿酸排泄促進薬>
 ・プロベネシド(ベネシッド)……( )は商品名、以下同
 ・ブコローム(パラミヂン)
 ・ベンズブロマロン(ユリノームなど)
<尿酸産生抑制薬>
 ・アロプリノール(ザイロリックなど)
 ・フェブキソスタット(フェブリク)

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
細谷 龍男先生


東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科教授
同大学附属病院副院長
74年東京慈恵会医科大学卒業、78年同大学大学院医学研究科修了後、同大学第2内科入局。内科学講座第2助教授を経て、97年同教授。2009年同大内科統括責任者、2010年同大学附属病院副院長となり、現在に至る。同附属病院総合診療部診療部長、血液浄化部長兼務。専門は内科学、腎臓病学、痛風・尿酸代謝、リウマチ学。日本痛風・核酸代謝学会(理事長)、日本腎臓学会、日本内科学会などに所属。一般書に『健診で尿酸値が高めですよと言われた人の本』、『痛風・高尿酸血症を治すらくらくレシピ』、『スーパー図解 痛風・高尿酸血症』(以上、法研)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

尿酸値を気にしない!プリン体の摂りすぎを防ぐ方法

暑くなるこれからは、ビールが美味しい季節です。人気のビアホールに加えて、最近はビールフェスタが増えてきて、ビールを飲む機会も多くなっていますよね。とはいえ、ビールに含まれるプリン体が気になる人が多いようで、ビール各社が「プリン体ゼロ」商... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

ジェネリック医薬品って知ってる? 効果は同じで薬代が安くなる

「ジェネリック医薬品」のことをご存じないという人は、もはやほとんどいないでしょう。「後発医薬品」とも呼ばれ、特許期限が切れた「先発医薬品」(新薬)と同じ有効成分を用いて製造され、新薬と同等の効果を獲得している薬です。新薬に比べて開発費が少... 続きを読む

メタボ解消豆乳スープダイエットQ&A

Q.何時ごろに食べるといちばんよいですか A.夕食がおすすめです。その場合、できれば、主食を食べずに、スープだけ食べるようにしてください。体重を気にせずに、健康効果だけを得たい場合は、おかずとして食べてもかまいません。 ... 続きを読む

メタボ解消豆乳スープの作り方

メタボ解消豆乳スープの作り方はとても簡単。材料をそろえてから、約15分ででき上がります。慣れてくれば、いっそうスピードアップできるでしょう。 材料(2人分) 豆腐 半丁 豆乳 2... 続きを読む

メタボ解消豆乳スープの秘密

1日1杯のメタボ解消豆乳スープで体が軽くなって、美容効果も期待できる! さらさら堂
岡本羽加 大豆のチカラ、知っていますか? 日本人にはおなじみの食材である大豆ですが、その健康効果を知っている人は少ないかも... 続きを読む

女性の人生設計は30歳までにしたい!その理由とは

新型出生前検査で「陽性」判定を受けた妊婦さんの83%が、中絶という選択をしたというニュースが報道されました。この数値に、複雑な心境になった方は多いのではないでしょうか? 新型出生前検査はなぜ注目されているのか? 日本では2013年4... 続きを読む

食べ応えたっぷり!メタボ解消豆乳スープダイエット

豆腐と豆乳で、大豆、しいたけ、ネギを煮込んだ真っ白でほっこりあったかいメタボ解消豆乳スープなら、おいしく食べるだけで、気になるメタボの予防、改善に!
もちろんダイエット効果も期待できるから、楽しく続けて、... 続きを読む

過多月経の新しい治療法-子宮摘出をしない『MEA』とは

過多月経とは、月経の出血量が異常に多く、貧血を起こしたり、外出や仕事など生活に支障をきたす状態をいいます。実際には、患者さんが「月経量が多い」と訴え、そのために「全身がだるい」「動悸や息切れがする」などの自覚症状があり、検査で貧血と血色素... 続きを読む

「量」より「時間」!「いつ食べるか」を考えて健康的にダイエット!

ダイエットで最近注目されているのは、「時間栄養学」という考え方。ダイエットというと「何を、どれくらい食べるか」という点に注目されがちですが、「いつ、何をたべるか」を重視する体内時計の働きに基づいた方法です。 ただ痩せればいいという不健... 続きを読む