年々増える人間ドッグ受診者-「異常なし」は全体の8.4%

わずか8.4%、26年前の3分の1足らずに

肥満、高コレステロール、肝機能異常が目立つ。受診者300万人で7倍以上に。2次予防に有効とのデータも

人間ドックで「異常なし」の人、過去最低を更新

 人間ドックを受診した人で「異常なし」、すなわち健康上の問題が何もないと判定された人は、全体のわずか8.4%しかいなかったことが明らかにされました。日本人間ドック学会は前年1年間の全国の人間ドック受診者の集計データを毎年公表しており、これは2010年分の検査結果です。

 今回の「異常なし」の割合は前年より1.1ポイント低下して過去最低。同学会が全国集計を始めた1984年は29.8%でしたから、26年間で3分の1足らずにまで低下したことになります。また、「異常なし」の割合は年齢が高くなるにつれて少なくなり、39歳以下17.7%、40歳代9.9%、50歳代5.6%、60歳以上3.7%という結果となっています。しかもこれは、各年齢層を通じて年ごとに少なくなる傾向にあるようです。

 逆にどのような異常が多かったのかをみると、全体では肥満(27.7%)、高コレステロール(27.3%)、肝機能異常(27.0%)などが目立ちます。これらは年齢層が上がるごとに割合も高くなり50歳代でピークになりますが、60歳代以降は低下する傾向にありました。これらはどれも生活習慣に関連する項目であることから、その増加の背景には、加齢だけではなく生活習慣の悪化が大きく影響している、と同学会では分析しています。

 異常の割合を性別にみると、男性で最も割合が高いのは肥満(32.9%)で、女性は高コレステロール(26.7%)でした。以下、生活習慣に関連の深い項目でみると、男性は肝機能異常、高コレステロール、耐糖能異常(高血糖)、高血圧と続き、女性では肥満、肝機能異常、耐糖能異常、高血圧の順でした。

 人間ドックではがんの発見率も増えています。最も多く見つかったのは胃がん(28.2%)で、その次に大腸がん(16.5%)が続きます。これらの70%以上は早期がんの段階で見つかっており、90%以上が手術を行っています。さらに大腸がん手術のほとんどは、おなかを大きく開く開腹手術ではなく、内視鏡をそう入して病巣を切り取る方法で済んでいることなどから、早期発見・早期治療という2次予防に人間ドックのシステムが有効であることを示しているとみられています。
 このことは、家族にがんにかかった人がいるなどがんのリスクが高い人の毎年の健康チェックは、多少の自己負担を覚悟してでも人間ドックを選択したほうがよいと言えるかもしれません。

人間ドック受診者が増えている

 人間ドックは、地域や職場で行われる定期健康診査に比べるとより多くの項目を詳しくチェックするので、定期健診では見つからない異常を発見できる可能性があります。ただし、定期健診は法律で義務づけられていますから、無料か比較的低料金で受けられるのに対し、人間ドックは受診者が自らの意思で受診する任意のものなので、その費用は受診者の自己負担になります。それでも今回の集計では、受診者は前年よりも約7万人も増えて308万人近くになり、前述の全国集計を取り始めた84年の41万人からは7倍以上に達しています。

 人間ドック受診者が増加したのは、08年からメタボリックシンドロームの考え方に着目した特定健診・特定保健指導が全国で開始されたことが背景にあるのではないか、という指摘があります。また、人間ドックは法律で義務づけられている職場の定期健診の代わりにもなるため、費用の一定額を補助する健康保険組合や共済組合があることも受診者増加の一因として考えられています。受診者の増加は、当然のことながら異常が見つかる人の増加にもつながっていると言ってよいでしょう。

 「異常なし」の人の割合が年ごとに減っている原因として、偏った食生活や運動不足など不適切な生活習慣の広がりとともに、景気の低迷、経済環境の悪化などによるストレスの増加などが指摘されています。
 個人の力ではどうにもできない部分はありますが、生活習慣の改善は自分ですぐにでも取り組むことができます。毎日運動不足になっていないか、脂肪の多い食事を食べ過ぎていないか、野菜は十分とっているか、ストレス解消の工夫をしているか、節酒・禁煙を実行しているかなど、普段の生活を振り返り、今から改善に努めていただければ、次回のあなたの検査値は今年よりもきっと良くなるはずです。

(編集・制作 (株)法研)


この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

大腸がんを早期発見-便潜血反応検査って知ってる?

近年、大腸がん(結腸、直腸、肛門のがん)による死亡者数が急増しています。厚生労働省の統計によると、平成19年の日本人の死因の約3分の1は「がん」です。このうち男性の大腸がんの死亡者数は10年前の約1.2倍となり、初めて肝臓がんを抜いて3番... 続きを読む

検診を受けていた方が寿命が短い? 健康診断や人間ドックの必要性

健康診断を受けたら
寿命が縮むかも!? 「検診を毎年受けている人たちと、受けていない人たちの生存年数の比較調査では『検診を受けていた人たちの方が、寿命が短い』という結果が出ているんです」と指摘するのは、内科医で予防医学の第一人者、新潟大学... 続きを読む

人間ドックを受けてみますか? 健康診断との違いや費用について

職場や自治体が行っている定期健康診断とは別に、より詳しい内容で短期間に集中してチェックする健康診断に「人間ドック」があります。「ドック」とは、そもそもは船を点検・修理する施設のこと。人間の体もときどき綿密な点検が必要、ということからつけら... 続きを読む

1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月... 続きを読む

健診と人間ドックの違いは? 一般検診はがんの早期発見は難しい

健康に関心が高い人は、毎年何らかの健康診断を受けていると思います。それが人間ドックか一般健診か、個人で受けるか職場や自治体が行う健診を受けるかなどの違いはあっても、毎年受診されている人も多いでしょう。しかし、実際に自分で受けておられる健康... 続きを読む

健康診断の結果の見方-前年との推移も確認しよう

健康診断の中でも人間ドックは検査項目が多く、報告書が手元に届いてすべての項目が問題なしという人は少ないでしょう。しかし、それぞれの検査項目は前回の「賢い健診講座2」で示したように重要度が異なっています。今後それぞれの検査項目についてみてい... 続きを読む

女性のライフスタイルの変化と共に進化する婦人科検診

かつて日本女性は、15歳くらいで月経が始まり、18歳で結婚し、その1年後には子どもを出産するといったことも、それほどめずらしくありませんでした。ところが現代では、食生活が豊かになり、栄養状態が向上したことから、初潮年齢も平均12歳とかなり... 続きを読む

出産育児一時金とは? 産科医療補償制度・直接支払制度も確認して


出産には思いがけず多額の費用がかかります。正常な出産は病気ではないため、公的医療保険が適用されず、全額自己負担となるためです。初めて出産される方は、かなりの出費に驚かれるかもしれません。
それでは、出産にはどれくらいのお金がかかるの... 続きを読む

健康診断はあてにならない?検査項目には科学的根拠が乏しい

前回は、人間ドックは一般健診に比べ、がん検診の項目が多く含まれていることを説明しました(「賢い健診講座1
一般健診と人間ドック」)。がんの検査以外でも一般健診に比べ、より多くの検査項目が含まれていますが、それらはエビデンス(科学的根拠)に... 続きを読む

超高齢社会の課題解決に期待されているICT活用ってなに?

今日のスマートフォンやタブレット型携帯端末の普及により、医療情報や医薬情報の取得はもちろん、個人の健康情報の蓄積、電子カルテの共有などを可能とするモバイルへルスケアに大きな期待が寄せられています。
そんな中、先般、「ITヘルスケア第7回... 続きを読む