信頼性の高い「HbA1c検査」で糖尿病の早期発見・早期治療

食事や運動の影響を受けず高い信頼性をもつ指標HbA1c

日本独自の値から国際標準値へ。0.4%高い数値となるため、病状の誤解などがないよう医療機関に確認を。

過去1~2カ月の血糖の平均的な状態がわかるHbA1c

 日本では成人の5人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍といわれています。糖尿病は、インスリンの分泌不足や働きが悪くなることによって血糖値の異常に高い状態(高血糖)が続く病気。放置すれば合併症を起こし命にかかわることもあります。

 「血糖値」とは「血液中にブドウ糖がどれくらい含まれているか」を示す値です。血液中のブドウ糖は全身の組織に取り込まれて、体を動かすエネルギー源などになりますが、ブドウ糖を十分に取り込めなくなると、使われないブドウ糖が血液中にあふれるようになります。これが高血糖で、血糖値は糖尿病の診断の重要な指標となっています。
 ただ、血糖値は検査直前の食生活などの影響を受けやすいため、普段は高血糖が続いていても、検査直前の数日間、糖質を控えたり、しっかり運動すれば血糖値は低めに出ることがあり、せっかく検査を受けながら早期発見のチャンスを逃してしまうことがあります。

 これに対して、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)という血液成分を測る検査では、過去1~2カ月の血液中のブドウ糖の平均的な状態を知ることができます。HbA1cは赤血球のヘモグロビンに血液中のブドウ糖が結合したもので、ヘモグロビン全体に対する割合で表します。ブドウ糖が多いほどヘモグロビンとたくさん結びつくため、HbA1cの数値も高くなります。
 一度できたHbA1cは赤血球が死ぬまでなくならず、赤血球の寿命は約4カ月で、赤血球が半分入れ替わるのに約2カ月かかることから、HbA1c値は過去1~2カ月の血糖の状態を反映していると考えられています。
 HbA1cは、検査前数日間の食事や運動などの生活習慣の影響はほとんど受けず、「ごまかしが効かない」検査値といえます。その分、高血糖、さらには糖尿病を早期に発見できる可能性が高い、信頼性の高い指標といえるのです。しかも、血糖値のように空腹時に測る必要もなく、食事に左右されずにいつでも検査ができる利点もあります。

 そこで日本糖尿病学会では、2010年7月に糖尿病の診断基準を改訂し、従来は血糖値の補助的な扱いだったHbA1cを“格上げ”しました。すなわち、最初の検査で血糖値とともにHbA1c を測定し、血糖値が「糖尿病型」であることに加え、HbA1cが6.1%以上で「糖尿病型」であれば、それで「糖尿病」と診断してよいことになったのです。従来は、血糖値が「糖尿病型」であることを別の日に再検査し、再び確認してはじめて「持続性高血糖」すなわち「糖尿病」と診断していました。
 「持続性高血糖」の指標であるHbA1cを診断の第一段階に導入することにより、できるだけ糖尿病を早期に診断し、早期に治療を始める必要があると判断されたのです。

診療では国際標準値(NGSP値)に日本独自の値(JDS値)も併記

 上記のHbA1c 6.1%以上の場合の6.1%は日本糖尿病学会(JDS)による測り方の数値であり、正確にはHbA1c(JDS)6.1%と書きます。わざわざこのように書くのは、HbA1cにはこのほかに国際標準値(NGSP値)があるからです。
 HbA1cの極端に低い値(4.9%以下)と高い値(10.0%以上)を除き、ほとんどはJDS値に0.4を加えるとNGSP値に換算することができます。つまり、HbA1c(JDS)6.1%は、NGSP値では6.5%になります。

 さて、日本以外の諸外国で広く使用されているのはNGSP値であるため、このところNGSP値に統一する動きが活発になってきており、日本でも学術分野ではすでにNGSP値を使用するようになっています。日常診療においても、日本糖尿病学会は厚生労働省や日本糖尿病協会など関係団体と協議を重ね、「2012年4月からNGSP値を用い、当面の間はJDS値も併記する」という方針を発表しました。
 このため、すでに診療では両方の値が使用されています。しかし、特定健診・特定保健指導(いわゆるメタボ健診)では2013年3月までは従来通りのJDS値のみでよいことになっており、2013年4月からNGSP値で行われる方向で検討が進んでいます。

 当面心配されるのは、NGSP値はJDS値より0.4ポイント高値であることから、病状の誤解などの混乱を招きかねないということです。たとえば自分のHbA1c値が悪くなったと勘違いしたり、診断基準が緩くなったと誤解することがあるかもしれません。
 そこで日本糖尿病学会では、ポスターやリーフレットなどを医療機関に配布し、HbA1c国際標準化の周知を図っています。また、学会HPに国際標準化に関する『よくあるご質問とその回答』を開設、「大切なのはHbA1c がJDS値なのかNGSP値なのかということ。判断に迷うときは検査を受けた病院や健診機関で確認を」「糖尿病の状態を実際以上に悪く(良く)判断し、薬の量や飲み方を変えたりすると大変危険であるため、医師と相談して自分の糖尿病の状態を正しく理解して」などと注意を呼びかけています。

「HbA1cを測る」習慣で危険な合併症を防ぐ

 日本糖尿病学会による、HbA1cを用いた糖尿病関係の各種の診断基準や血糖コントロールの目標値、メタボ健診での判定値は表の通りです。

 現在血糖関係で特に異常を指摘されていない人なら、これからも診断基準や判定値を超えないように、すでに糖尿病の治療を受けている人なら目標値を達成・維持できるように、食事、運動、睡眠(ストレス)などの生活習慣を見直しましょう。

 このためには、まずHbA1cを定期的に測る習慣が大切です。職場や地域の健康診断、そして人間ドックなども利用してHbA1cを測ってください。日本糖尿病協会などがHbA1c検査の普及活動を展開しており、そのイベントを利用して測ってもらうのもよいでしょう。

 糖尿病の怖さは、細い血管が傷ついて発症する目の網膜や神経、腎臓などの障害、さらには大血管が傷ついて発症する心筋梗塞や脳卒中など、さまざまな合併症が起こりやすいことです。しかも、ほとんど自覚症状もなく進んでしまいます。「HbA1cを測る」習慣で血糖の異常を早めに見つけ、これらの合併症を確実に防ぎましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
門脇 孝先生


東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授
東京大学医学部附属病院病院長
1978年東京大学医学部卒業。同大同学部第3内科入局後、米国国立衛生研究所(NIH)糖尿病部門客員研究員、東京大学医学部第3内科講師などを経て、2003年同大大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授。05年東京大学医学部附属病院副病院長、11年病院長に就任(兼務)。日本糖尿病学会理事長、日本糖尿病協会理事、日本内分泌学会理事、日本肥満学会理事などを務める。専門分野は糖尿病・肥満、インスリン抵抗性の分子機構の研究。著書に『健診で血糖値が心配ですよと言われた人の本(監修)』(法研)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  15. 15
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  18. 18
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…

一覧