冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳梗塞の発症ピークは6~8月。こまめな水分補給を心がけて

発汗による脱水症状が血栓(血のかたまり)をできやすくし、血管を詰まらせ、脳梗塞発症の引き金に

脳卒中でも脳出血は冬に多いが、脳梗塞は夏に多い

 脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。

 脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって血液が流れにくくなる「脳梗塞」、脳の表面にある動脈瘤(りゅう)が破裂して出血する「くも膜下出血」の3つに大きく分けられます。どのタイプも脳の神経細胞がダメージを受け、命を落とすこともある怖い病気です。たとえ命は助かっても半身のまひや言語障害などの後遺症が残ったり、寝たきりになったりして、健康寿命を短くする大きな要因となっています。

 脳卒中のうち、高血圧が最大の原因である脳出血は、寒さで血管が収縮し血圧の上がりやすい冬に多く発症していますが、脳梗塞の発症は夏が多くなっています。東海大学医学部神経内科の瀧澤俊也教授らは、脳梗塞の患者さん2万人のデータを分析し、脳梗塞の発症のピークが6~8月の夏にあることを明らかにしています。

発汗による脱水で血液がドロドロになり、血管が詰まりやすい

 脳梗塞が夏に多い理由の一つに、夏は大量の汗をかくため体が脱水状態になりやすいことがあげられます。脱水が起きると血液中の水分も不足し、血液が粘っこくドロドロの状態になり、血のかたまりである血栓ができやすくなるのです。
 また、水分不足により体内を循環する血液量も減少して、血管が詰まりやすくなります。

 さらに、血圧も原因となります。寒さで血圧が上がりやすい冬とは逆に、夏は体の熱を放出しようと末梢血管が拡張し、血圧は下がりやすくなります。健康な人なら血流が悪くならないように脳の調節機能が働くのですが、血管の拡張作用がある降圧剤(血圧を下げる薬)を服用している人は要注意です。薬のためさらに血圧が下がり、血流が遅くなって血栓ができやすいからです。

 夏に多くなる脳梗塞を予防するため、高血圧の人の血圧管理は医師の指導のもとに行う必要があります。ここでは、脱水症状を防ぐための水分補給のコツを紹介しましょう。

のどが渇く前からこまめに水分補給を

 水分補給は、のどの渇きを感じてからガブガブと飲むよりも、一定の時間ごとに少しずつ補給するほうがよいとされています。特に高齢者は暑さやのどの渇きを感じる感覚が衰えているため、30分に1回など時間を決めてこまめに水分をとる習慣をつけるとよいでしょう。夏は寝ている間もよく汗をかきますから、寝る前にコップ1杯の水を飲むことを、ぜひ習慣づけてください。
 ほかにも、朝起きたとき、スポーツ中とその前後、入浴の前後、飲酒中とその後など、水分が不足しがちな時間帯の水分補給、そしてのどが渇く前の水分補給を心がけましょう。

 また、お酒を飲む人が注意しなければいけないのは、ビールなどのお酒を飲んで、水分を補給したつもりになってしまうこと。お酒の利尿作用や発汗作用に加え、アルコールを分解するためにも体内の水分が使われますから、お酒を飲んでも水分を補給したことにはならず、かえって脱水状態を招きかねません。お酒を飲んでそのまま寝てしまい、脱水から脳梗塞を起こすこともあり、若い方でも大変危険です。お酒を飲んだときは、寝る前の水分補給を忘れずに!

 では、水分補給には何を飲むとよいでしょうか? 普段は、水や麦茶などがよいでしょう。濃い緑茶やコーヒーなどカフェインの多い飲み物にも利尿作用がありますし、ジュースやスポーツ飲料は、飲みすぎると糖質やエネルギーのとりすぎになります。
 ただし、大量に汗をかいたときは体内のナトリウムも一緒に失われるため、スポーツドリンクにしましょう。水や麦茶ではナトリウムが補充できず、意識障害を起こすことがあります。

1年を通じ、食事や運動、喫煙、飲酒など生活習慣の改善で脳梗塞を予防

 夏、意識的な水分摂取で脱水を防ぐことは、熱中症だけでなく脳梗塞の予防にもなることがおわかりいただけたと思います。ただ、脳梗塞は夏の発症が多いといっても、それ以外の季節には少ないというわけではありません。そもそも、脳梗塞の発症は加齢や生活習慣と深くかかわっています。

 脳梗塞の3大危険因子といわれる高血圧、高血糖、脂質異常の予防・改善には、食事や運動、喫煙、飲酒など生活習慣の改善が大変重要です。食事では塩分や脂質、エネルギーをとり過ぎない、運動を日常生活に取り入れる、禁煙する、お酒は飲みすぎないなど、生活習慣を改善することが、脳梗塞、ひいては生活習慣病全般の予防・改善につながります。

(編集・制作 (株)法研)


▼脳ドック施設を比較&予約
忙しい人必見。土日診療可能な検査コース

【監修】
瀧澤 俊也先生


東海大学医学部神経内科教授
1981年東海大学医学部卒業。同大医学部講師、准教授を経て、2008年医学部神経内科教授、現在に至る。同大医学部付属病院神経内科診療部長を兼務。日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本内科学会認定医。専門は、脳血管障害における脳循環代謝、フリーラジカル、神経再生、脳血管障害の治療および予防。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    【発達障害の特徴】3.想像力の障害-こだわりが強い・特定の物事への興味
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典…
  2. 2
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  3. 3
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひ…
  6. 6
    【発達障害の特徴】2.コミュニケーション障害-言葉の遅れやオウム返しなど
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  7. 7
    〇〇する人ほど幸せになる!?幸運を呼びよせる6つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 幸せ…
  8. 8
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  9. 9
    発達障害と同時に現れやすい症状とは?知的障害・てんかんなど
    発達障害と同時に現れる症状の詳細(知的障害、てんかん・脳波異常、運動機…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  12. 12
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  13. 13
    肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと いつ…
  14. 14
    妊娠しやすい体になるポイント|不妊に効果のある漢方とは?
    つらい「不妊」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 体を温めて、妊娠し…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16
    不妊の原因になる子宮内膜症・子宮筋腫|生理痛・量が多い・下腹部痛に注意
    つらい「子宮内膜症・子宮筋腫」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 治…
  17. 17
    小鼻にブツブツができる人は〇〇が乱れてる?原因と改善法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 皮脂…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  19. 19
    トイレを我慢すると頭が冴える!?将来の決断はおしっこを我慢しながら
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 決し…
  20. 20
    産後の体調不良の原因とは?抜け毛・白髪・食欲不振・腹痛の改善方法
    つらい「産後の不調」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 無理をせず、…

一覧