人工透析が必要になる病気とは?-5つの腎機能低下リスク

機能が失われた腎臓に代わって血液をろ過する腎代替療法

腎機能は低下しても自覚症状がなく、進行すると元に戻らない。早期発見・早期治療のため定期的な健診を

透析を受ける人が増え続けている

 日本では人工透析(透析療法)を受ける人が増え続けています。1990年には約10万人だったのが、2000年には約20万人になり、現在は30万人にものぼります(日本透析医学会調べ)。そのため最近は、人工透析を専門に行う病院をよく見かけるようになりました。

 透析療法とは、腎臓の機能がほとんど失われる末期腎不全になったときに、腎臓の働きを人工的に補う治療法です。
 かつて透析が必要になる病気で最も多かったのは、慢性糸球体(しきゅうたい)腎炎でしたが、現在は糖尿病の合併症の腎臓病(糖尿病性腎症)が最も多く、半数近くを占めています。高血圧による腎硬化症が原因となっているケースも増え続けています。

 腎臓は一旦機能が失われると元に戻すことができないため、末期腎不全になると腎移植か透析を行うしかありません。腎移植を受けることができる患者さんは多くありませんから、ほとんどの方は透析を受けることになります。

 ところで、慢性糸球体腎炎は腎臓そのものの病気であり、糖尿病性腎症や腎硬化症は腎臓以外の原因で起こります。最近では、このように原因は異なっても腎機能が慢性的に低下する病気を総称して「慢性腎臓病(CKD)」と呼ぶようになっています。
 日本では現在CKDの潜在患者は成人の8人に1人にも及ぶと推計され、透析療法に至らないよう早期発見・早期治療が求められます。

失った腎臓の機能を代替する透析療法

 腎臓は、体内を流れる血液をろ過し、必要な成分を再吸収して、不要な老廃物や有害物質、水分を尿として体外に排泄する働きをしています。このほか、体内の水分量やナトリウム、カリウムなどの電解質濃度の調節、血圧調節なども行う大変重要な臓器です。

 その腎臓の機能が低下してほとんど働かなくなる状態になると、本来なら尿として排泄される老廃物や毒素が血液中にたまり、さまざまな症状が出ます。尿毒症といって、食欲の低下やむくみ、倦怠(けんたい)感、神経症状、貧血、吐き気、呼吸困難、心不全など、全身にさまざまな症状があらわれ、放置すれば死に至ります。
 この段階になると食事療法や薬物療法では治療できず、腎臓に代わって老廃物などを取り除く腎代替療法(透析療法や腎移植)が必要になります。

 透析療法には血液透析と腹膜透析の2つのタイプがあり、前者が多く行われています。
●血液透析
 血液を体外にあるダイアライザーという透析装置に送って余分な水分や老廃物を取り除き、きれいになった血液を体内に戻します。手首近くの動脈と静脈をつないでシャントと呼ばれる太い血管をつくり、ここから血液の出し入れを行います。治療にかかる時間は1回約4~5時間で、週に3回通院することが必要。

●腹膜透析
 自分のおなかの腹膜を透析膜として利用する方法です。おなかに埋め込んだカテーテルから透析液を注入し、血液中の余分な水分や老廃物がしみ出た透析液を体外に取り出します。透析液の交換は1回約30分程度かかり、1日4回必要です。また、夜だけ機械を使って腹膜透析を行うこともできます。自宅や勤務先で行えるため、通院は月に1~2回程度ですみますが、腹膜炎を起こしやすくカテーテルの衛生管理に注意が必要。腹膜のろ過機能が低下したら(5~10年)、血液透析に切り替えます。

 透析療法を行うと尿毒症の症状がなくなりますが、透析で腎臓のすべての機能を補うことはできません。たんぱく質やカリウム、塩分などを制限する食事療法や血圧管理などの生活上の管理が必要ですし、通院・治療に時間をとられるなど、日常生活にかなりの制約を受けることになります。

 さらに、透析療法には1人年間約500万円の医療費がかかり、しかも生涯にわたって続ける必要があるため、国の財政負担は莫大なものになっています(自己負担は月1~2万円程度)。

自覚症状がない腎機能低下の早期発見には、定期的に健康診断を

 腎機能が低下しても初期には自覚症状がなく、症状が出たときにはかなり機能低下が進んでいることが少なくありません。ですから、定期的に健康診断を受け、症状がないうちに発見して治療を始めることが大切なのです。
 早期発見には尿たんぱく検査や血清クレアチニン検査が有効です。もしも検査値の異常を指摘されたら、自覚症状がなくても放置したりせず、腎臓専門医を受診しましょう。

 また、以下はCKDのリスクを高めます。一つでも当てはまる人は特に注意しましょう。
・加齢
・糖尿病
・高血圧
・肥満・メタボリックシンドローム
・喫煙、遺伝など
 加齢や生活習慣病がCKDの大きな原因となっています。原因となる病気の治療とともに、生活習慣の改善を行うことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
飯野 靖彦先生


あだち入谷舎人クリニック院長
日本医科大学名誉教授
1973年東京医科歯科大学医学部卒業後、自治医科大学、米国国立衛生研究所、ハーバード大学、東京医科歯科大学などを経て、89年日本医科大学第二内科助教授、98年教授、2013年名誉教授に。同年あだち入谷舎人クリニック院長に就任。湘南医療大学学部長予定。専門は内科学、腎臓病学、透析療法、腎移植、高血圧など。日本内科学会認定医、日本透析医学会認定専門医、日本腎臓学会認定専門医。一般書に『専門医が答えるQ&A腎臓病』(主婦の友社)、『世界で一番やさしい腎臓病』(エクスナレッジ)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

女性の身体は月のリズムで変わる。月の満ち欠けとアロマセラピー【新月編】

新月と満月を意識したことがありますか?新月は浄化のエネルギーなのでデトックスに最適な時期。満月は満たすエネルギーなので溜め込みやすくなり、すべてにおいて吸収する時期。いいものを取り入れるということにも意識をむけたほうがいいかもしれません... 続きを読む

健康診断で尿たんぱくが指摘されたら-腎臓を健康に保つポイント

原因となる病気にかかわらず、腎機能が慢性的に低下する状態を慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)と言いますが、そのほとんどは進行するまで自覚症状が乏しく、気づいたときには失った腎機能を元に戻すことができないこ... 続きを読む

そろそろ「がん検診」を受けよう-受診の目安と検査方法

9月はがん征圧月間です。この四半世紀、がんは日本人の死亡原因の第1位。戦後がんの死亡者数はずっと増え続け、今年の6月に厚生労働省が発表した「平成18年人口動態統計の概況」によると、昨年は全死亡者の約3割にあたる33万人近くががんのために亡... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったこと... 続きを読む

貧血のカギはヘモグロビン-鉄欠乏性貧血は女性の病気の疑いあり

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいい、血液検査で調べることができます。健康診断における貧血検査の項目は、労働安全衛生規則に基づく一般健診ではヘモグロビン(血色素:Hb)と赤血球数の2つです。通常人間ドックでは、この2つ... 続きを読む

乳がん検診で「要精密検査」といわれたら‐検査の流れ

かつて欧米の女性に多いとされていた乳がんは、近年日本女性にも急増しています。一生のうちに乳がんを経験するであろうとされる確率は、日本人女性で約20人に1人といわれており、毎年4万人を超える人が、新しく乳がん患者になっています。
乳がんに... 続きを読む

乳がんを予防するには-生活習慣をあらためるだけでも効果アリ

10月は乳がん月間です。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、2011年に日本で新たに乳がんと診断された女性は約72,500人、生涯で乳がんにかかるリスクは12人に1人と高く、現在日本人女性がかかるがんで最も... 続きを読む

若い女性に増える子宮がん-早期発見には自覚症状が出てからでは遅い?

一般にがんになりやすい年齢は40歳以降といわれますが、子宮がんはむしろ若い世代に多いがんであるため、若い人も油断はできません。子宮がんには、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸(けい)がん」と、子宮の奥(体部)にできる「子宮体がん」があり... 続きを読む

糖尿病は万病のもと!合併症による命の危険も

世界中で糖尿病の患者が増加し、深刻な問題として捉えられています。一説には10秒間に1人が糖尿病の合併症で亡くなるといわれており、日本でも、患者と予備群を合わせると1,870万人と推測され(平成18年「国民健康・栄養調査」)、国民病といって... 続きを読む