乳がん予防には定期的な運動がカギ-週1の運動でも効果あり

余暇によく運動する人ほど乳がんにかかりにくい

特に太り気味の女性や閉経後の女性は、週1日でも運動習慣をとり入れよう

乳がんは女性に最も多いがん

 9月の「がん征圧月間」に続いて、10月は乳がん月間です。そして10月13日は体育の日。そこで、「運動と乳がんの発生リスク」について調べた研究報告がありますので紹介しましょう。

 女性がかかるがんの中で最も多いのが乳がんです。年齢別では30歳代から増加し始めて50歳前後にピークがあり、職場や家庭で頼りにされる働き盛りの女性にとって、特に注意が必要ながんといえます。(「若い世代から増えている女性のがん」参照)

 さて、国内外のさまざまな研究により、食生活や運動習慣などの生活習慣ががんの発症に深くかかわっていることが明らかになっています。日本人女性の乳がんについても、定期的な運動が発症リスクを下げることがわかりました。

余暇に運動する頻度が高い人ほど乳がんになりにくい

 国立がん研究センターが行っている大規模追跡調査「多目的コホート研究」*では、日本各地に住む40~69歳の女性約5万人を対象に生活習慣についてアンケート調査を実施し、その後平均14.5年間にわたって追跡調査を行って、余暇運動や総身体活動量と乳がん発生との関連を調べました。
 ここでいう余暇運動とは、仕事のほかに何かスポーツや運動をする機会、総身体活動量とは、労働や日常生活での動きも含めたすべての活動を指します。

*多目的コホート研究(JPHC研究):数万人以上の特定の集団に対し生活習慣などの調査を行い、その後何年も追跡調査を行うもので、がんだけでなく、脳血管疾患、循環器疾患、糖尿病などさまざまな病気と生活習慣の関係を調査している。

 調査の結果、余暇運動をするのが「月3回以内」のグループに比べ、「週2日以内」では14%、「週3日以上」では27%ほど、乳がんの発生リスクが低いことがわかりました。つまり、あまり運動をしない人よりも週1回でも運動する人のほうが乳がんになりにくく、運動頻度が高いほど乳がんになりにくいことがわかったのです。

●運動習慣のある女性は特に閉経後、ホルモン受容体陽性の乳がんになりにくい
 乳がんはがん細胞の特性によって「ホルモン受容体陽性」と「ホルモン受容体陰性」に分けられます。「ホルモン受容体陽性」は、がん細胞に女性ホルモン受容体(エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体)があり、女性ホルモンの影響を受けるタイプ、「ホルモン受容体陰性」は受容体がなく女性ホルモンに関係しないタイプです。
 タイプ別で見ると、「ホルモン受容体陽性」の乳がんの場合、特に閉経後の女性において、余暇運動によって乳がんリスクは大きく減少しました。

 なお、総身体活動量別で見た場合、「ホルモン受容体陽性」の乳がんでは、閉経後の女性においてリスクの減少が認められました。

太り気味の女性は週1日の運動でもリスクが大きく減少

 さらに、肥満(BMI**25以上)の女性の場合、余暇運動をするのが「月3日以内」のグループに比べて、「週1日以上」では35%も乳がんリスクが低いことがわかりました。
** BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 運動には、免疫機能の改善、体脂肪を減らし閉経後のエストロゲン濃度を下げるなどの働きによって、乳がんを予防する可能性があるとされますが、そのメカニズムはまだはっきりとはわかっていません。
 しかし、この調査の結果から、余暇に積極的に運動をする女性はしない人に比べて乳がんになりにくく、とくに太りぎみの女性は週1日でも余暇運動を行うことが乳がん予防につながることがわかりました。

 ちなみに、運動するとリスクが下がることが確実とされるがんには、大腸がんがあります。適度な運動は、大腸がんや乳がんを始めとするがんやさまざまな生活習慣病の予防に役立ちます。

 体育の日には、地域で気軽に参加できるスポーツイベントなどが開催されますから、興味のあるものに参加してみてはいかがでしょうか。何かスポーツを始めるきっかけができるかもしれません。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  2. 2
    熱中症になりやすいのはどっち? 汗が多い人と汗が少ない人
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 連日…
  3. 3
    諦めてたガッチリふくらはぎがほっそり脚に!?ヘアゴムダイエット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 足の…
  4. 4
    傷口に消毒液は使ってはいけない? キズの治療の新常識
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】夏井 睦先生 傷の治療センタ…
  5. 5
    効率よく痩せるウォーキングのやり方|1日で何分歩くといいの?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】宮崎 義憲先生 東京学芸大学…
  6. 6
    人前でうまく話せない人に…上手に話せるようになる5つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】日本話し方センター副所長 山…
  7. 7
    これぐらいは知っておきたい! 熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    スーっとして気持ちいい!ハッカオイルの活用法|臭いや汗に便利!
    (編集・制作 (株)法研) 鎮痛作用や冷却作用のあるミントの効能。部…
  9. 9
    夕食に●●を食べるだけで脂肪が燃える!? 夜フルーツダイエット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  10. 10
    寝苦しい熱帯夜を乗り越える!快眠のための4つの秘訣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠れ…
  11. 11
    寝苦しい夜をぐっすり眠るには?クーラーなしで涼むための知恵
    (編集・制作 (株)法研) ちょっとした工夫でひんやり、リラックス。…
  12. 12
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  13. 13 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  14. 14
    その夏バテ症状『かくれ脱水』では?放置すると熱中症の恐れも…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体が…
  15. 15
    アウトドアで注意すべき虫|こんな症状がでたら病院へ!刺された時の対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夏休…
  16. 16 昼夜逆転、睡眠リズムの乱れ…こころの問題が関係してるかも?
    昼夜逆転、睡眠リズムの乱れ…こころの問題が関係してるかも?
    【執筆】松浦慶子カウンセラー 快適な睡眠、とれていますか?睡眠のリズ…
  17. 17
    油断できない加齢臭より強烈なミドル脂臭|女性もやるべき体臭対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  18. 18
    汗をかいたあとの嫌なニオイ…服が臭わなくなるお手軽な方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 洗っ…
  19. 19
    汗をかけない人ほど臭いに注意!臭わない体作りのポイントは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…

一覧