死亡リスクの高い糖尿病・肥満・痛風-検診データを活用して予防

異常サインを発見するために、自分の基準値を把握しよう

Part2では、「死の四重奏」に含まれる糖尿病、肥満(内臓脂肪型肥満)と、痛風に関わる健診データの読み取り方を紹介します。痛風は、「なりやすい体質」に過食、過度の飲酒、運動不足、肥満、精神的ストレスなどが加わることで発症します。これは糖尿病をまねく生活習慣とほぼ一致します。定期的な健診で、自分の数値を確認するとともに、生活習慣を見直すことが大切です。

糖尿病―血液中のブドウ糖の量が一定の基準値を超えた状態

 糖尿病は、血液中のブドウ糖を低下させるホルモン、インスリンの不足によって、血液中のブドウ糖濃度=「血糖値」が高くなった状態です。血液中のブドウ糖は、食事をすると一時的に増えるものの2~3時間ほどでまた元に戻ります。血液検査では、(1)随時血糖値(食事制限をしないで採血した血液で計測)、(2)空腹時血糖値(前夜9時から絶飲食した血液で計測)や、(3)ブドウ糖を摂取2時間後の血糖値を測定するブドウ糖経口負荷試験などが行われます。

 日本糖尿病学会の糖尿病の判定と診断(図1)によると、随時血糖値が200mg/dl、早朝空腹時血糖値126mg/dl、75gブドウ糖経口負荷試験2時間後値が200 mg/dl のいずれかに該当する場合は、慢性的に高血糖が続いている「糖尿病型」と判定され、別の日に検査し、(1)~(3)のいずれかが確認できた場合は「糖尿病」と診断されます。

 高血糖を放置すると、神経障害や血管障害を招き、進行すると失明や腎不全、壊疽(えそ)などの合併症を引き起こす原因になります。血糖値が基準値を超えた場合は、常に一定レベルに下げるとともに、合併症の予防のために、眼底検査、尿たんぱく、血液中の尿素窒素、クレアチニンの検査、血清脂質検査などにも注意しましょう。

肥満-内臓脂肪型肥満はとくに危険

 肥満によって、健康障害を合併したり、合併が予測され、医学的に治療が必要な状態が「肥満症」です。肥満症は、肥満判定基準のBMI(Body Mass Index=体格指数)が25以上で、かつ(1)肥満に関連する健康障害があり、減量によっても改善や進展が防止されない、(2)身体計測で上半身の肥満が疑われ、腹部CT検査によって確定診断された内臓脂肪型肥満であること、の2項目に該当する場合に診断されます。肥満のなかでも、体脂肪が内臓につく内臓脂肪型肥満の人には、高血圧、高脂血症、糖尿病の人が多いとされています。

 体脂肪を測定する方法はいろいろありますが、日本肥満学会は、身長と体重を体重㎏÷(身長m×身長m)の式に当てはめるだけで簡単に算出できるBMI(Body Mass Index=体格指数)を推奨しています(図2)。また、BMI22が最も病気にかかりにくく、長寿であることから、身長m×身長m×22で理想体重kgを算出することもできます。

痛風―尿酸値が高くなり、末梢関節が激しく痛む

 足の親指など、抹消の関節の激しい痛みで知られる「痛風」の原因は、尿酸という物質です。尿酸は、食べものや体内の細胞の中にあるプリン体の代謝物質で、いわばエネルギーの燃えカスのようなものです。通常、尿酸値が7㎎/dl以上になると高尿酸血症と診断されますが、このうち痛風を発症するのは10%ほどです。しかし、放置すると、腎臓結石を起こすなど腎障害の原因になりますので、治療が必要になります。尿酸値が9㎎/dl以上の人、すでに痛風発作が起きている人は、尿酸値を下げる薬を服用します。また、尿酸値が高めの人は、日ごろから尿素窒素、クレアチニンなど腎機能検査の数値にも注意を傾けておきましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
昭和大学医学部医学教育推進室 高木 康氏

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ロングヘアーの黄金比は【身長の1/3】

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 《長い黒髪》はプロポーションとのバランスが重要
女らしさというと、髪の長さを基準にすることがしばしばで、女優の萬田久子さん、... 続きを読む

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む

健康診断の結果の見方-前年との推移も確認しよう

健康診断の中でも人間ドックは検査項目が多く、報告書が手元に届いてすべての項目が問題なしという人は少ないでしょう。しかし、それぞれの検査項目は前回の「賢い健診講座2」で示したように重要度が異なっています。今後それぞれの検査項目についてみてい... 続きを読む

血糖値の上昇を抑えるシジュウム茶ダイエット

シジュウム茶
痩せるだけでなく美肌効果も高いダイエットとして注目を集めているのが、シジュウム茶ダイエットです。
シジュウム茶は南アメリカ大陸の熱帯原産の植物で、現地では薬草として多くの民間療法に用いられています。シジュウム茶の健康効... 続きを読む

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧は、高ければ高いほど、血管... 続きを読む

信頼性の高い「HbA1c検査」で糖尿病の早期発見・早期治療

日本では成人の5人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍といわれています。糖尿病は、インスリンの分泌不足や働きが悪くなることによって血糖値の異常に高い状態(高血糖)が続く病気。放置すれば合併症を起こし命にかかわることもあります。
「血糖値」... 続きを読む

女性は40代から肥満になりやすい-太る理由と内蔵脂肪を減らすコツ

中年太りというように、若いころほっそりしていた人が、中年になって太ってくるのはよくあることです。「平成22年国民健康・栄養調査」によると、男女とも20代から30代、40代と肥満者(BMI25以上の人)の割合が増えています。全体に肥満者の割... 続きを読む

健康診断で尿たんぱくが指摘されたら-腎臓を健康に保つポイント

原因となる病気にかかわらず、腎機能が慢性的に低下する状態を慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)と言いますが、そのほとんどは進行するまで自覚症状が乏しく、気づいたときには失った腎機能を元に戻すことができないこ... 続きを読む

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子


高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内... 続きを読む

糖尿病は万病のもと!合併症による命の危険も

世界中で糖尿病の患者が増加し、深刻な問題として捉えられています。一説には10秒間に1人が糖尿病の合併症で亡くなるといわれており、日本でも、患者と予備群を合わせると1,870万人と推測され(平成18年「国民健康・栄養調査」)、国民病といって... 続きを読む