疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

体を動かして疲労回復を促進しよう!

慢性的な肉体疲労に悩まされている現代人。休息だけでは解消されない肉体疲労の回復のカギとは。

血行促進で疲労物質とサヨナラ

 運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。

 筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排泄されるのが代謝産物、すなわち乳酸などの疲労物質です。運動をしたときだけでなく、パソコン作業などで同じ姿勢を続けたときでも、筋肉は働いているので疲労物質はたまっていきます。

 たまった疲労物質は、筋肉を休ませれば血流に乗って除去されていきます。しかし、同じ姿勢を続けてこりが生じているような人は、血行不良になっているため、この除去がうまくいかない。“ゴミを出したのに、回収車が来ない状態”に陥っているのです。

 現代人の肉体疲労の多くはこうした“ゴミの未回収”によるものです。ゴミを回収させるためには、軽い運動で筋肉を動かすのが最も効果的です。血流が改善されてゴミ(疲労物質)の回収がスムーズに行われるようになります。

軽い運動は疲労物質の再利用も可能にする

 こりを感じたら、その周辺の筋肉をゆっくり、そして十分に動かすることです。たとえば、肩が張ったら、腕を回してみて、筋肉が温かくなったと感じたところでやめます。同じ姿勢を続けて脚が疲れたら、軽くウォーキングをするだけでも有効です。

 軽い運動の効果は、別の角度からも解明されています。筋肉を構成している線維には白筋と赤筋がありますが、この赤筋には筋肉の代謝産物(疲労物質)をエネルギー源として再利用する働きがあります。赤筋は軽い運動でよく使う筋肉であるため、軽い運動をすれば、ゴミの再利用で効率よく疲労物質を除去できるというわけです。

よい姿勢が身につけば疲れにくくなる

  肉体疲労の訴えで、最も多いのは首や肩、腰まわりのだるさなどです。こうした症状の根本の原因は姿勢にあるのです。

 体は重力の垂線に対して傾いているので、姿勢が悪いと、全身のバランスをとるために、さまざまな筋肉が絶えず緊張状態になります。つまり悪い姿勢は疲れやすいのです。

 そこで重要になるのが姿勢の改善ですが、疲れにくい、正しい姿勢のポイントはどこにあるのでしょうか。骨盤の姿勢が悪くなると、それを補正するために胸椎から頸椎にかけての姿勢まで悪くなってしまいます。つまり、正しい姿勢のポイントは骨盤にあるのです。

 姿勢の改善法としては、骨盤を支える深部の筋肉を日ごろからよく使うこと。正しい姿勢をとること自体が、その筋肉を働かせる習慣をつけることになります。「歩く」「昇る」という動作も有効です。

 姿勢が悪い人は、正しい姿勢を維持すると疲れると錯覚しがちですが、それが身につけば、疲れにくくなります。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
石井直方氏


東京大学大学院身体運動科学研究室教授

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

余り餅 名残を惜しむな 白ゴミじゃ 

餅の処理は迅速に
正月の三が日を過ぎても、例年残ってしまうもの。それはダイエッターの天敵である餅です。餅は1食に1個までしか食べてはダメ。これは正月が終わっても同じこと。余った餅はさっさと処分してしまいましょう。... 続きを読む

余り餅 名残を惜しむな 白ゴミじゃ 

餅の処理は迅速に
正月の三が日を過ぎても、例年残ってしまうもの。それはダイエッターの天敵である餅です。餅は1食に1個までしか食べてはダメ。これは正月が終わっても同じこと。余った餅はさっさと処分してしまいましょう。... 続きを読む

花粉症は早期対策で予防を-こんな症状は花粉症|6つの予防のコツ

年が明け、お正月の華やいだ雰囲気とは反対に、だんだん気が滅入っていくというのは花粉症の人たちでしょう。花粉症は、体の免疫機能がスギ花粉などを異物とみなしておこるアレルギー症状です。残念ながら、一度発症すると、自然にはなかなか治りません。そ... 続きを読む

ゴミを出しながら ゴミ出しダンベル巻き上げ [5グループ・上半身の筋トレ]

●1分間の消費カロリー:3.6kcal ●1度に行う目安:6秒×10回 ●ながらチャンス度:★★ ゴミ出しも工夫すれば、立派なダンベル体操になります。簡単な動作なので、歩きながら、ゴミ集積場まで... 続きを読む

良い姿勢とるだけダイエットで時間を使わず痩せ

良い姿勢とるだけ
良い姿勢とるだけダイエットとは、まっすぐに背筋を伸ばして、正しい姿勢を取ることで、結果的に腰回りの筋肉などを鍛えることが出来て、ダイエットにつながるという、時間も手間もかからずに誰でも簡単にできるダイエットです。
猫... 続きを読む

姿勢ダイエット・その1

特別ゲストに中村利恵さん!
今週は素敵なゲストをお招きしています。元日立の全日本選抜女子バレー選手で、パリコレなどにも出演し、現在もモデルやウォーキングの講師として活躍なさっている中村利恵さんです。のちほど姿勢の... 続きを読む

姿勢ダイエット・その2

前回のあらすじ
ダイエットにそもそも必要なのは「やる気」です。気分を上向きに変えることがどれほどダイエットに重要であるかは、ダイエットアドバイザーがみな口をそろえて言うことです。
そして前回は、姿勢を正して歩... 続きを読む

大根ダイエットコラム  発ガン物質を解毒する、大根おろしは優れもの!

みずほ先生コラム
旬!の野菜、カラダにちょっとイイ話 奈良時代に中国から渡来し、『日本書紀』には「於朋花(おほね)」と記されて登場、江戸時代には飢饉対策食料として奨励された野菜です。春の七草では「スズシロ」と呼ばれ、七... 続きを読む

姿勢を矯正するストレッチポールダイエット

ストレッチポールダイエット
ストレッチポールとは丸くて細長い、ダイエット器具です。
ストレッチポールダイエットは、この器具で背中周りなどのストレッチなどを行い痩せる方法です。
ストレッチポールの効果は、その矯正力にあります。
背中... 続きを読む

姿勢の悪さと足の太さの関係性について

体が硬くなるとボディーラインにも影響が

背骨や骨盤がゆがむことは、誰にでも多かれ少なかれ見られます。ゆがむといっても、骨自体が変形するのではありません。ふだんの生活のなかでのちょっとした習慣的な動作やクセにより、骨盤や背骨の前後左右... 続きを読む