かぜをひきにくい人の習慣-免疫力を上げて生活習慣で予防する

かぜの予防は規則正しい生活と生活習慣の見直しがポイント

もうすぐかぜの季節。かぜ予防には免疫力を維持する発症予防とウイルス感染を予防する感染予防があります。

規則正しい生活で免疫力を落とさない

 かぜの予防法は、ウイルスに感染しても発症しないだけの免疫力を保つ発症予防と、ウイルス感染そのものを予防する感染予防の2つに分けられます。

 かぜを一度ひくと、その原因となったウイルスに対して免疫ができ、同じウイルスには感染しにくくなります。これは、ウイルスに対する免疫の間接攻撃です。免疫にはもうひとつ、侵入してきたウイルスに即座に攻撃し撃退する働きもあり、こちらは、いわば直接攻撃です。かぜの予防では、後者の直接攻撃力が重要になります。この直接攻撃を可能にする攻撃力を維持するためには、規則正しい生活とバランスのとれた食事が不可欠です。

 免疫というのは、体内の器官や組織(骨髄やリンパ節、胸腺、脾臓、血管、皮膚、腸管、気管など)が相互に協力し合って構成しているシステムです。そのため、睡眠や疲労度、食事内容など、体調を左右する誘因に免疫力も影響されるのです。不規則な生活や偏った食事、運動不足、肥満、ストレス、喫煙などが免疫力を低下させる要因になります。

 このほか、アスピリンやステロイド、免疫抑制薬、がん治療薬の使用や、抗菌薬(抗生物質)の長期使用によっても、免疫力が低下しやすいとされています。また、これらの医薬品を使用する原因となった病気そのものも免疫力を低下させることが多いのです。

生活習慣で感染を予防する

 感染予防では、何よりも手洗いを習慣にすることが重要です。ウイルスはおもに口と鼻を介してからだに入りますが、手が仲介するケースがとても多いのです。ウイルスのついたドアノブや道具類などに触れた手で口や鼻に触ることで感染が生じます。

 また、外出時には衣服にウイルスが付着する可能性があるため、外から帰ったら、着替えをすることも予防ポイントのひとつです。さらに、水によるうがいには、ウイルスを殺すだけの作用はないものの、のどについたウイルスを洗い流す効果は期待できます。ウイルスはのどに到達すると数十分で粘膜内に侵入するので、かぜをひいた人と接するなど感染の機会があったと思われるときには、うがいをすることが大切です。

 もうひとつ、とても重要なのが空調です。まず、換気は、室内のウイルス濃度を高めないために有効です。また、空気の乾燥しやすい冬場は加湿器を使うことによって、乾燥に強いインフルエンザウイルスに感染しにくい室内環境を保つことができます。

 これからマスクをした人が増えてきますが、残念ながら、マスクにはかぜの予防効果はないといわれています。ただし、感染者のマスク着用は飛沫感染をある程度抑制するので、マスクの着用は、かぜをひいた人のエチケットとして定着させたいものです。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
五十嵐正紘氏


五十嵐子どもクリニック院長

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧