血液をサラサラにするには?-ドロドロ血液は動脈硬化を招く

ドロドロ血液は生活習慣病をまねく

毛細血管を流れにくいドロドロ血液は、体のあちこちに不調をまねき、動脈硬化のリスクを高めます。

ドロドロ血液は生活習慣病のリスクに

 体内の血管をすべてつなぎ合わせると約9万km、地球2周半分の長さになるといわれます。そして、その血管の99%は直径7マイクロメートルほどの毛細血管です。

  これらの細い血管をスムーズに血液が通り抜けるためには、血球が柔軟に形を変え、かつ血液がサラサラでなければなりません。粘度の高いドロドロの血液では血管の抵抗が大きく、流れにくいからです。

 血管の病気というと動脈硬化を思い浮かべがちですが、実は毛細血管には、その細さゆえに硬化は起こりません。しかし、毛細血管が詰まったり、渋滞を起こせば、すぐに、そこから先の細胞は壊死してしまいます。さらに、ドロドロの血液が慢性的に流れていれば、どんなに太い血管でも、汚れが血管壁に付着し、コレステロールなどの脂質が入り込み、アテローム(粥状物質)をつくり、やがては動脈硬化に至ります。そして進行すれば、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)や脳卒中を起こすことにもなりかねません。

ドロドロ血液には3つのパターンが

 ドロドロ血液は3つのパターンに大別されます。1つは、血糖値が高くなったときに起こる「ネバネバ血液」で、血液中の過剰な糖と細胞膜のたんぱく質が結合した結果、赤血球同士がネバネバとくっついて血液が流れにくくなるもの。

 2つめは、ストレス、たばこ、紫外線、過労などの刺激を受けて白血球が硬くなり、粘着性が増した「ベタベタ血液」で、血管にくっついて血液の流れを悪くするもの。

 3つめは、無数の血小板が集まってひとつのかたまりをつくり、血液の流路付近に集まって流れを悪くする「ザラザラ血液」。ただし、大きさの直径が赤血球よりも小さいため、凝集しなければ問題はなく、アルコールや甘いもののとりすぎによる一過性のものもあります。

すぐに生命の危険はなくても、放置すれば動脈硬化に

 毛細血管が詰まっても、すぐに生命に危険が及ぶわけではありません。しかし、徐々に機能低下を起こすので、たとえ健康診断では異常がなくても、体のあちこちに不調を感じるようになります。

 ドロドロ血液の人には、体がだるい、疲れやすいなどの症状のほか、冷え性、肩こり、肌あれ、生理痛、また、脂肪肝や高脂血症糖尿病などの生活習慣病を伴っているケースも多くみられます。さらに、ドロドロ血液の人を追跡調査すると、そうでない人に比べ、動脈硬化を起こす確率が明らかに高くなっています。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
栗原 毅氏


東京女子医科大学内科教授/戸塚ロイヤルクリニック所長

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

血液サラサラ度を10個の質問でチェック!改善のポイントは?

血液のサラサラ度は、日々の生活と密接なかかわりがあります。まず、下に掲げた「あなたの血液サラサラ度チェック」表に答えて、あなたの血液のサラサラ度を調べてみましよう。
ただ、血液のサラサラ度、ドロドロ度は、通常の血液検査ではわかりません... 続きを読む

狭心症・心筋梗塞の原因は? 予防のための11個のポイント

日本人の死亡原因の第2位は心臓病。なかでも多いのが狭心症と心筋梗塞です。中高年に多い病気ですが、最近は若い人にも増えています。
狭心症は、心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈が狭くなって血液が十分に流れなくなり、急に胸が圧迫されるような... 続きを読む

肌にも地球にもやさしい!自分で染める簡単リメイクTシャツ

衣類のほとんどは、より美しく機能的になるように染料で染色され、薬品で加工されます。何が使われているかを私たち消費者が知ることはありません。もちろん使われているものの安全性は法的に保障されていますが、時にこれが肌トラブルの原因になることも... 続きを読む

高血圧を放置するとどうなるの?-脳・心臓・腎臓の病気

アメリカでは高血圧のことを「サイレントキラー」と呼ぶそうです。「静かなる殺人者」とは、ずいぶん怖いネーミングですね。でも実際、高血圧であっても痛みや体調不良というようなはっきりと自覚できる症状はほとんどありません。そのため治療もせずに放っ... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その2 旅行計画は慎重に

前回は、妊娠がわかったときに夫に知っておいてもらいたいことを7カ条にまとめて紹介しました。(「二人のための「イクメン」大作戦
1」)。今回は、その中の1~4カ条について、少し詳しく説明します。
そのときにならないと、なかなか実感できない... 続きを読む

美しさのベースは「血液」改善から!ドレスアップより重要な理由

Aloha~
ウォーキングプロデューサーOK和男です♪私たちは小さな細胞の集合体です。その細胞のひとつひとつに、酸素や栄養素を届けて老廃物を回収する重要な役割を果たすのが、血液です。数え年以上に「血管年齢」が重要と言っても過言ではありま... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む

失恋したときによくあるパターンは?

とにかく泣き続ける 引きこもりたくなる 食事がのどを通らない 暴飲・暴食 友人に手当たり次第に連絡する ... 続きを読む

失恋したときによくあるパターンは?

とにかく泣き続ける 引きこもりたくなる 食事がのどを通らない 暴飲・暴食 友人に手当たり次第に連絡する ... 続きを読む

脚の冷えや痛み、しびれは動脈硬化が原因かも-最悪は脚の切断に

末梢動脈疾患(PAD:Peripheral Arterial Disease)は、脚の動脈が狭くなったり詰まったりして血液が流れにくくなる病気で、閉塞性動脈硬化症とも呼ばれます。喫煙や高血圧、糖尿病などが動脈硬化の原因となります。ごく初期... 続きを読む