お酒は飲むほど強くなる? ちゃんぽんは悪酔いするって本当?

チャンポンで飲むと悪酔いしやすいってホント?

お酒を飲む機会の多いこの時期に、巷で聞くお酒に関する常識はウソかホントかを専門家の眼で検証。

アルコールは飲めば飲むほど強くなる?

 アルコールを常飲することによって、アルコールに強くなるのはホントです。

 その理由のひとつは肝臓でのアルコールの処理量が増加することがあげられます。平均的な大人では、1時間に純アルコール7g(※アルコール1単位=純アルコール20g=日本酒で1合に相当)が代謝されますが、常時アルコールを飲み続けると、10gが代謝できるようになります。

 もうひとつは、脳の神経細胞膜に変化がおこって、アルコールに対する感受性が鈍くなり、酔いにくくなると考えられています。ただし、詳しいことはまだ解明されていません。

 ところで、アルコールは2割が胃で吸収され、残りの大部分が小腸で吸収されて血液中にとり込まれます。何も食べずに空腹の状態でアルコールを飲むと、すみやかに小腸に移行するため、小腸での吸収が早くなり、その結果、酔いやすくなります。

 血中アルコール濃度の高い状態をくり返すことは、アルコール依存症になる要因のひとつです。悪酔いを防ぐためにも、食べながらゆっくり飲むようにしたいものです。

日本人は欧米人に比べてアルコールに弱い?

 血液中のアルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素によって、悪酔いの原因物質であるアセトアルデヒドという中間代謝物質に分解されます。この酵素の働き方によって酔いの早さが決まってきます。欧米人に比べて日本人のほうが、この酵素が活発に働くため、早く酔ってしまうのです。

 さらに、欧米人と日本人とでは、二日酔いの原因にもなるアセトアルデヒドを体外に排泄するスピードが違います。アセトアルデヒド脱水素酵素が活発に働くと、酔いから醒めるのも早くなります。しかし残念ながら、日本人のアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは非常に悪く、そのため、欧米人に比べて日本人はアルコールに酔いやすく、顔が赤くなり、悪酔いしやすいのです。

 このように、日本人のお酒の弱さは民族的な“特性”であり、それゆえに良くも悪くもお酒に寛容な文化が育ったともいえます。

チャンポンで飲むと悪酔いしやすい?

 さまざまな体重の人に同量のビール、ワイン、ウイスキーを、(1)空腹時(2)食事と一緒に(3)食事の1時間後に飲んでもらい、血中アルコール濃度を比較した実験で、(1)ではウイスキーが、(2)と(3)ではビールが高いという結果になりました。

 この結果から、空腹時はアルコール度数の高いお酒が、食事中や食後はアルコール度数の低いお酒が吸収されやすいことが推測できます。しかし、通常の飲酒状態で異なる種類のお酒を飲ませる実験では、血中アルコール濃度の上昇率や最高濃度に差はみられませんでした。

 このことから、いろいろな種類のお酒をチャンポンで飲むことが悪酔いにつながるとは考えられません。チャンポンによってお酒の味が変わることから、つい飲み過ぎてしまうことによるものだと考えられています。

迎え酒は二日酔いに効く?

 迎え酒はアルコール依存症に発展するリスクが高く、アルコール依存症の診断基準にもなっている厳禁事項です。

 もし迎え酒で気分がよくなるとしたら、すでにアルコールに対する身体的な依存傾向があると考えられます。

 また、果物やハチミツなどの果糖がアルコール濃度を下げるとか、お茶や柿に含まれるカテキンやビタミンCがアルコールの分解を早めるなど、よく二日酔い対策としていわれていることは俗説にすぎません。

 二日酔いのための治療はないため、静かに嵐の過ぎ去るのを待つしかありません。ただ、頭痛にはカフェインの入ったコーヒーが効果的で、酔い醒めの水も多少は気分改善に役立つでしょう。それより飲み過ぎないことを心がけ、12時前には就寝することが大切です。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
高木 敏氏


新町クリニック健康管理センター所長/医学博士

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  2. 2
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  3. 3
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  4. 4
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  5. 5
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  6. 6
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  9. 9
    【発達障害の特徴】幼児期に視線があわないことがあったー理由と対処法
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  10. 10
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  11. 11
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  12. 12 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  14. 14
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  15. 15
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  16. 16 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  17. 17 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  18. 18
    【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  19. 19
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  20. 20
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…

一覧