自覚しづらいアルコール依存症-コントロールできなくなる飲酒量

お酒の量、自分でコントロールできていますか?

お酒の量がコントロールできなくなるアルコール依存症。
その特徴を知って、自己確認をしてみましょう。

飲酒の量を自分でコントロールできなければ要注意

 アルコール依存症は、生物的・心理的・社会的要因などが関与する複雑な病気ですが、具体的には、自分で飲酒の量をコントロールできないことが特徴としてあげられます。

 たとえば、少しだけ飲むつもりがついつい飲み過ぎてしまったり、仕事や人づきあいのお酒がつい度を過ぎてしまいます。また肝機能障害を指摘されアルコールを控えるように医師に指示されても節酒を止められないなど、過度の飲酒行動が日常的に続くようになります。またお酒を断つと禁断症状が強くでてくるので、さらに飲み続けるという悪循環に陥るのです。

本人がアルコール依存を認めないのも特徴

 アルコール依存症は“否認の病”とよばれています。家族や知人などから飲酒について指摘されると、不機嫌になったり、「いつでも止められるから大丈夫」と開き直ったり、「自分はそれほど飲んでいない」と否定したり、よほどのことがないかぎり本人はアルコール依存を認めようとしません。

 このような症状に心当たりがある方は「アルコール依存症」または「予備軍」の可能性が高いといえます。

飲酒に走る要因に目を向ける

 自分でコントロールが効かなくなるアルコール依存症を治療するには、もちろん周囲のサポートも大切になりますが、注意しなくてはいけないのが、過ぎた飲酒を止めさせようとする周囲からの働きかけが逆効果になることです。このような周囲との軋轢そのものも、依存症に拍車をかけるひとつとして考えた方がよいでしょう。

 むしろ大切なのは、飲酒行動自体を止めさせることではなく、飲酒に走らせている要因に本人が目を向ける機会を与えてあげることです。

アルコール依存の治療は長い目で見ることが大切

 アルコール依存症の方は、自分のお酒の飲み方が“病的”であるとうすうす気がついており、自分で飲酒行動をコントロールできないことに罪悪感をもっています。しかし、お酒以外の方法でストレスに対処する術をもっていないため、手軽な対処法=すなわち飲酒でストレスをまぎらわせてしまうのです。

 結局、何らかのきっかけで、本人が止められない飲酒行動に気づき「こんなことを続けるのはもう止めよう」と自覚できて初めて、治療や周囲の力が功を奏してくるようになります。

 具体的には、アルコール依存症について書かれた本などを読んで知識を深めたり、周囲も専門の治療機関やサポート機関の情報を集めるなどしてサポートしてあげましょう。依存症という病気なので、治療には時間が必要ですが、本人と周囲が協力し合い、あせらずじっくり向き合って行くことが大切です。

(「へるすあっぷ 21」、法研より)

【取材協力】
伊藤 絵美氏


洗足ストレススコーピング・サポートオフィス所長

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧