コーヒーのすごい効能‐肝機能を高め、肥満を予防してくれる

肝臓がん・糖尿病などに効き目が

生活習慣病といわれるがんや糖尿病、さらに肥満解消にもコーヒーが役立つという注目のニュースです。

肝機能を高めるコーヒー

 お茶の時間に何気なく口にしている一杯のコーヒー。それが、さまざまな生活習慣病の予防に効果があるという研究成果が発表されています。

 生活習慣病というのは、食生活、運動、嗜好など、生活習慣が発症や進行に大きくかかわっている病気。がんや糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病などがこれにあたります。

 厚生労働省が10年間、40~69歳までの男女約9万人を対象とした調査によると、コーヒーをほとんど飲まない人の肝臓がん発病率を「1」とすると、毎日1~2杯飲む人は「0.52」と約半分、5杯以上飲む人は「0.24」と約4分の1に下がることがわかりました。これを元に、コーヒーには肝臓がんを抑制する効果があると同省より発表されました。

 とはいえ、現在のところコーヒーの中の何の成分が肝臓がんに効くか、ということははっきりしていません。ただ、動物実験によればコーヒーに含まれるクロロゲンという成分が肝臓がんを抑制するという説が出ています。また、コーヒーはがん予防をするだけでなく、肝臓では飲酒によって上昇するγーGTP値の増加もゆるやかにするというデータが出ています。

糖尿病にも予防効果が

 コーヒーが予防するのは肝臓がんだけではありません、糖尿病患者のうちの9割を占める2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)を防ぐということも明らかになってきました。

 コーヒーをふだん飲まない人と比較すると、1日1~2杯飲む人は糖尿病の発症率が約30%減少し、3~4杯の人では40%減少、5杯以上飲む人は危険度が半減するという結果が出ています。

 これには、コーヒーの中のクロロゲンがインスリンの働きを活性化しているということや、カフェインが作用していることなどがいわれています。また、それ以外では痛風の原因である血清尿酸値や、血圧値も改善してくれるという研究発表があり、コーヒーを常飲しているとまさにいいことずくめの結果です。

気になるダイエットへの影響

 もう一つ、体重が気になる人には、コーヒーのカフェインは肥満抑制効果を持って いるという研究データもあるのです。

 国内のラットを使った実験では、カフェインを混ぜた餌を2週間与えたラットは、体重の増加は1gていどに抑えられたのに対して、カフェインを与えないラットは 6.5g増加したそうです。

 このメカニズムは、カフェインが脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化し、体内の貯蓄脂肪が分解される、というものだそう。味と香りを楽しみながらコーヒーをいただいて、ダイエットも兼ねられるとすれば、まさにこんなにいいことはありませんね。人体にも確実に効果があるという証拠の確立が、一日も早く待たれるところです。

 「たくさん飲むと胃を荒らす」など、以前は、健康面への影響ではネガティブな評価をされていたコーヒー。近年のこのような研究でさまざまな疾病の予防、改善効果が発表されると、その愛好者もぐっと増えるかもしれません。でも、刺激のある飲料には違いないので、胃腸の弱い方は飲み過ぎにはご注意を!

【取材協力】
全日本コーヒー協会


1953年に発足し、コーヒー業界の発展と国民食生活の向上を目的に1980年に社団法人 に。コーヒーに関する広報やその飲用と健康への効果等をテーマとする研究の振興、研究情報の収集等を行っている。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  4. 4
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  15. 15
    たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  18. 18
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…

一覧