コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

知っておきたい目の病気とケア方法

少しでも目に違和感を感じたら、眼科医に相談を。正しい選び方やレンズケアについて知っておきましょう。

コンタクトレンズは、高度管理医療機器です

 コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。

 便利で快適なコンタクトレンズも、使い方を誤ると痛みや充血、視力障害などの眼障害が起こりやすくなってしまいます。最近増えているアイトラブルにはどんなものがあるのか、いくつかケースをお話してみましょう。

目の痛み
 表層角膜炎が進行した状態で、角膜上皮にただれ(びらん)ができると、「角膜上皮びらん」を起こします。強い痛みを伴いますが、ソフトレンズでは初期には痛みがないこともあるので注意が必要です。

角膜潰瘍
 「角膜上皮びらん」を早期に治療せず、そこに細菌が感染すると「角膜潰瘍」を起こします。不適切なレンズの取り扱いやレンズケースの汚染も原因となるので、レンズの洗浄、交換などのケアが大切です。角膜潰瘍は治っても、その後は白い濁りとして残り、角膜の中央にできると視力が悪くなります。

アカントアメーバによる角膜炎
 湖沼や汚水中に生息している原虫であるアカントアメーバの感染によって生じる難治性の角膜炎です。コンタクトレンズ、とくにソフトコンタクトレンズ装用者に、突然、充血と眼痛が生じるというのが典型的パターンです。取り扱いがルーズであったり、装用が不定期な場合おこりやすく、汚染は、通常、保存容器内で起こり、傷害された角膜上皮を通して感染すると考えられています。

ドライアイの症状が出ることも

 ドライアイは、涙の分泌が少ないときや不安定なとき、角膜が乾燥してキズがついたり、充血、疲れ目を起こす疾患です。涙は目に酸素を供給する役割を持っていますが、コンタクトレンズを使用することでさらに涙の量が少なくなり、角膜が酸素不足となって、さまざまな症状を起こすのです。重度のドライアイの人はコンタクトレンズを使用できないのですが、症状が軽い人なら、レンズ装着中に涙と同じ濃さの食塩水の目薬を使うことによってレンズの装着が可能になります。

 またアレルギー体質の人は、レンズの使用によってアレルギー性結膜炎を起こすこともあります。コンタクトレンズそのものに反応して、アレルギーの症状が出るのです。具体的な症状としては、レンズを入れると目がごろごろする、レンズが汚れやすい、レンズがずれてしまう、など。これは上まぶたの裏側で「乳頭」と呼ばれるものが増えることによって起こります。初期には点眼治療のみで治ることもありますが、ひどくなるとレンズの使用を中止しなければいけなくなるので、早めに医師の診療を受けましょう。

定期検診を習慣にする

 コンタクトレンズといえば、最近はインターネットによる通信販売、薬局の店頭などで、医師の処方なしでも購入でき、簡単で便利になりました。しかし、便利で快適なコンタクトレンズも、使い方を誤ると痛みや充血、視力障害などの眼障害が起こりやすくなってしまいます。

 コンタクトレンズを購入するために眼科を受診をすると、医師はあなたの目の健康状態によってレンズの装着のしかたを決めてくれます。一日何時間装着が可能か、ということや、人によっては毎日新しい使い捨てレンズを使用すること、などが指示されます。大切なのは、医師が決めた装着時間や条件を守ること。そして、その後定期的に検査に通うことです。

 処方されたレンズが目に合っているかどうかは、しばらく使ってみなければわかりません。そしてとくに健康に支障はなくても、視力や目の表面のカーブの形は時間がたつと徐々に変化します。“瞳美人”になるために、定期的に検査を受けて、そのときの自分の目に合ったレンズを使いましょう。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

処方箋不要のコンタクトレンズの使用は危険?最悪は失明の危険も

コンタクトレンズによる目のトラブルが目立っているようです。日本眼科医会では、コンタクトレンズを使っている人の7~10%の割合で、目の障害が起きているのではないかと推測しています。しかもそれは、コンタクトレンズそのものの問題ではなく、誤った... 続きを読む

老眼はいくつからはじまるの? 眼の老化は40代から、どんな症状?

40歳を過ぎる頃になると、近くのものが見えづらくなったことに気づきます。目の疲れを感じることもあるので、そのせいかと思う人もいるでしょう。そんなとき、「もしかして老眼?」とは、あまり考えたくないかもしれません。40代で自分の老化を目の当た... 続きを読む

糖分を上手にとって中性脂肪を下げる-甘党も辛党も糖分過多かも

メタボリックシンドロームに関心が集まるなかで、糖質のとりすぎに対する注意が叫ばれています。糖質とは、三大栄養素の一つである炭水化物のうち、食物繊維を除いたもの。食事でとった糖質は、肝臓でグリコーゲンになり、エネルギーとして使われますが、使... 続きを読む

市販薬の販売方法の変更-第一・第二類医薬品は店頭でしか買えない?

6月1日の改正薬事法の完全施行にともない、一般用医薬品の販売方法が変わります。一般用医薬品とは、市販薬、大衆薬、あるいはOTC(Over the counterの略、店頭でカウンターごしに買えるから)薬とも呼ばれ、医師の処方せんがなくても... 続きを読む

心の病気を予防する-こんな症状は要注意13のセルフチェック

現代社会を生きていくのに、ストレスと無縁ではいられません。「いや、私は一度もストレスを感じたことがない」といえる人がもしもいるとしたら、それはとても幸せな人だといっていいでしょう。なにしろ、「国民の2人に1人は過去1カ月間にストレスを感じ... 続きを読む

現代人は眼が疲れてる-眼筋の疲れをほぐす6ステップストレッチ

10月10日は「目の愛護デー」です。パソコンと携帯電話のない生活はもう考えられないという人は多いと思いますが、これらの普及に伴い、目の疲れを訴える人が急増しています。仕事で長時間パソコンを使い、通勤途中にケイタイでメールを打ち、自宅ではテ... 続きを読む

目のつくりと物が見えるメカニズム-近視や老眼はなぜ起こる?

目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(... 続きを読む

急増するドライアイ患者-予防・改善のポイントは温度と湿度

「ドライアイには、涙の量が少なくなる涙液減少型と、涙が蒸発しやすい蒸発亢進型がありますが、圧倒的に多いのは後者の蒸発亢進型のほうです」と木下氏。
涙は下からムチン層、水層、油層の3層からなっており、一番外側の油層は涙の蒸発を防ぐバリアー... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む

卵巣のう腫ってどんな病気? 良性の場合がほとんど|治療は必要?

卵巣のう腫という病名は、女性ならどこかで聞いたことがあるかもしれません。身近にも卵巣腫瘍の検査や治療を受けた方がいらっしゃるかもしれませんが、実際にはどういう病気なのか、イメージがつかみにくいと思います。
卵巣のう腫はいったいどういう病... 続きを読む