コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

知っておきたい目の病気とケア方法

少しでも目に違和感を感じたら、眼科医に相談を。正しい選び方やレンズケアについて知っておきましょう。

コンタクトレンズは、高度管理医療機器です

 コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。

 便利で快適なコンタクトレンズも、使い方を誤ると痛みや充血、視力障害などの眼障害が起こりやすくなってしまいます。最近増えているアイトラブルにはどんなものがあるのか、いくつかケースをお話してみましょう。

目の痛み
 表層角膜炎が進行した状態で、角膜上皮にただれ(びらん)ができると、「角膜上皮びらん」を起こします。強い痛みを伴いますが、ソフトレンズでは初期には痛みがないこともあるので注意が必要です。

角膜潰瘍
 「角膜上皮びらん」を早期に治療せず、そこに細菌が感染すると「角膜潰瘍」を起こします。不適切なレンズの取り扱いやレンズケースの汚染も原因となるので、レンズの洗浄、交換などのケアが大切です。角膜潰瘍は治っても、その後は白い濁りとして残り、角膜の中央にできると視力が悪くなります。

アカントアメーバによる角膜炎
 湖沼や汚水中に生息している原虫であるアカントアメーバの感染によって生じる難治性の角膜炎です。コンタクトレンズ、とくにソフトコンタクトレンズ装用者に、突然、充血と眼痛が生じるというのが典型的パターンです。取り扱いがルーズであったり、装用が不定期な場合おこりやすく、汚染は、通常、保存容器内で起こり、傷害された角膜上皮を通して感染すると考えられています。

ドライアイの症状が出ることも

 ドライアイは、涙の分泌が少ないときや不安定なとき、角膜が乾燥してキズがついたり、充血、疲れ目を起こす疾患です。涙は目に酸素を供給する役割を持っていますが、コンタクトレンズを使用することでさらに涙の量が少なくなり、角膜が酸素不足となって、さまざまな症状を起こすのです。重度のドライアイの人はコンタクトレンズを使用できないのですが、症状が軽い人なら、レンズ装着中に涙と同じ濃さの食塩水の目薬を使うことによってレンズの装着が可能になります。

 またアレルギー体質の人は、レンズの使用によってアレルギー性結膜炎を起こすこともあります。コンタクトレンズそのものに反応して、アレルギーの症状が出るのです。具体的な症状としては、レンズを入れると目がごろごろする、レンズが汚れやすい、レンズがずれてしまう、など。これは上まぶたの裏側で「乳頭」と呼ばれるものが増えることによって起こります。初期には点眼治療のみで治ることもありますが、ひどくなるとレンズの使用を中止しなければいけなくなるので、早めに医師の診療を受けましょう。

定期検診を習慣にする

 コンタクトレンズといえば、最近はインターネットによる通信販売、薬局の店頭などで、医師の処方なしでも購入でき、簡単で便利になりました。しかし、便利で快適なコンタクトレンズも、使い方を誤ると痛みや充血、視力障害などの眼障害が起こりやすくなってしまいます。

 コンタクトレンズを購入するために眼科を受診をすると、医師はあなたの目の健康状態によってレンズの装着のしかたを決めてくれます。一日何時間装着が可能か、ということや、人によっては毎日新しい使い捨てレンズを使用すること、などが指示されます。大切なのは、医師が決めた装着時間や条件を守ること。そして、その後定期的に検査に通うことです。

 処方されたレンズが目に合っているかどうかは、しばらく使ってみなければわかりません。そしてとくに健康に支障はなくても、視力や目の表面のカーブの形は時間がたつと徐々に変化します。“瞳美人”になるために、定期的に検査を受けて、そのときの自分の目に合ったレンズを使いましょう。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧