美しい髪の毛は食生活から-抜け毛はストレスが要因にも

毛髪にはストレスや食生活が反映されている。

髪はからだの栄養状態や不調があらわれやすい箇所です。正しいシャンプーのしかたも併せてご紹介します。

髪は健康の履歴書

 最近髪がパサつく、抜け毛が増えたなど、頭髪に関する悩みをかかえている人は少なくありません。

 髪の毛は、もちろん体の一部ではありますが、肌と並んで全身の健康状態を反映しやすい箇所です。

 抜け毛、毛根、頭皮の状態などから、自然脱毛かそうでない脱毛かをチェックすることもできますし、髪と頭皮の健康度も分かります。また、欧米では以前から毛髪ミネラル検査というものがあります。これは、髪の毛を分析して、その人のからだの有害ミネラルの蓄積度や必須ミネラルの過不足を測定するものです。

 からだの健康状態をすぐに反映する肌と違って、髪の毛の場合はその影響があらわれるまで時間がかかります。逆にそれを利用して、過去数カ月の健康状態の履歴を知ることができるのです。

生活習慣に由来する抜け毛に注意!

 髪は全身の他の器官とおなじように、血液からの栄養分でつくられています。しかし、血液中の栄養分は心臓などの重要な器官に優先的に運ばれ、髪や肌に運ばれるのは一番最後になります。

 したがって、食事でしっかり栄養を摂らなければ髪まで栄養が行き渡らず、栄養不足になってしまうのです。たとえしっかり栄養を摂っていても頭皮の血行が悪ければ、同じことが該当すると考えられます。

 また、パソコンなどで目を酷使する作業を続けていると、周辺の筋肉の緊張によって頭皮がひっぱられ、直毛だった髪がくせ毛になることも。

 髪についての悩みのうち、代表的なものである抜け毛は、遺伝による薄毛など先天的な要因からくるものもありますが、本人の生活習慣に由来することも多いのです。

 生活習慣による要因のうち、よく知られているものがストレス。ストレスを受けると、頭皮の毛細血管が収縮し、栄養の供給が停滞するなど、髪が抜けやすくなる原因を招く場合があるのです。強いストレスにより髪の毛がまっ白になったというのもよく聞く話。これは、比較的弱い髪のメラニン細胞が、ストレスの影響を早期に受けやすいために起こると考えられています。美しい髪のためにも、日頃からなるべくゆったりした気持ちで過ごしたいものですね。

 その他の生活習慣による要因としては、食生活の偏り。脂分の多い食事や栄養バランスの偏った食事は悪影響があります。喫煙や深酒もよくありません。また、「海藻が髪にいい」というウワサは俗説。基本はあくまでもバランスのいい食事です。

 もう一つ、脱毛の原因はヘアケアによるトラブルであることも多いのです。シャンプーの仕方によっては、髪や頭皮のトラブルを招く場合があるのです。ドライヤーのかけ方などにも注意しましょう。

正しい洗髪のしかた

 正しいシャンプーのしかたをご紹介しておきましょう。

 まず、シャンプーは自分の髪質や頭皮の状態に合ったものを選ぶこと。たとえば髪質がパサつきやすい人は「しっとりタイプ」、べとつきやすい人は「さらさらタイプ」を選ぶといいでしょう。

 シャンプーをする前に、ブラッシングでほこりを落とし、次にぬるま湯で十分すすぎます。シャンプーは2度洗いがポイントです。はじめに髪を、続いて頭皮を洗いましょう。頭皮は指の腹でもみながら、マッサージするように洗います。洗い終わったら頭皮にシャンプーが残らないよう十分すすぎを。以上を10~15分かけてゆっくり行います。その後リンスをしますが、リンスもまた十分に洗い流しましょう。

 ドライヤーをかけるときは、まず髪をタオルドライしてから。タオルを使うときも、髪をごしごしこすらずに、水分を移しとるつもりで優しく行うといいでしょう。

 ドライヤーは頭皮から20cm以上離し、一箇所に長時間あてないよう、こまめに動かしながら手早く頭皮を中心に乾かします。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
株式会社アデランス

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  8. 8
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  9. 9
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  10. 10
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  11. 11 頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    「片頭痛」と「緊張型頭痛」。女性に多い慢性頭痛の対処方法。まず自分の…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  14. 14 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  15. 15
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  18. 18 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  19. 19
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  20. 20
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…

一覧