甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

甘いものだけが悪者じゃない。今日からできるセルフケア。

将来、虫歯や歯周病に悩まされないために、その原因を知って予防のオーラルケアに励みましょう。

口内が酸性になると、虫歯の危険信号!

 虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。

 まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。

 虫歯ができる原因には、口内のPH値が大きくかかわっています。本来、口内は唾液の働きによってPHは中性に保たれているものですが、モノを食べると食物中に含まれる炭水化物が細菌によって分解され、酸性に傾いていきます。そのため、プラーク(歯垢)も酸性となり、歯の表面のエナメル質からカルシウムイオンやリン酸イオンなどの基本物質が溶け出していき、虫歯になってしまうのです。

 口の中に入る食物や飲み物は、すべて虫歯菌のエサとなり、PH値を下げるのですが、とりわけ値を低下させるのが砂糖を多く含むもの。だから「甘いものを食べると虫歯になる」と一般にいわれているのです。

 いっぽう「甘いものはそんなに食べないから大丈夫」という人にも思わぬ落とし穴が。それは、日頃口にするドリンク類。缶コーヒーやジュース、スポーツドリンク、栄養ドリンクにも糖分が含まれているので注意が必要です。

 虫歯を防ぐのに大きな役割を果たしているのが唾液。唾液は虫歯や歯周病の原因菌を胃に流すだけでなく、飲食によって酸性に傾いた口内を中性に戻す作用を持っています。飲食をして一定時間がたつと、唾液の働きにより口内は中性になり、溶け出した歯は再石灰化によって元の状態に戻ります。

 しかし唾液の働きも、食事の間にダラダラお菓子などを食べていると台無しになってしまいます。虫歯のリスクを減らすためにも、間食はひかえめにしましょう。

“4面磨き”が効果的

 歯磨きは「食後すぐ」行うのが効果的といわれてきました。しかし実際には、1日1回“歯の4面をきちんと磨く”方が効果があるとされています。

 磨くタイミングとして、重要なのは就寝前。就寝中は唾液の分泌量が減るので、その前に細菌の量を減らしておかないと、高いレベルで菌が繁殖してしまうのです。

 そして朝起きたら、ご飯を食べて唾液で菌を洗い流し、歯磨きをして菌を減らす、これを習慣にしましょう。

 磨くときはゴシゴシ強くこすったり、強力な研磨材入りのものを使うのを避けること。歯にも歯ぐきにも悪い影響を与えます。歯ブラシを鉛筆を持つようにして、ソフトなタッチでブラッシングするように磨くといいでしょう。また、年齢とともに歯周病のリスクも高まります。ときにはフロスや歯間ブラシを使って、歯と歯の間や歯と歯ぐきのすきまを掃除しましょう。

フッ化物とキシリトールの効果

 市販の歯磨き粉にも含まれているフッ化物。フッ化物には再石灰化の促進やエナメル質の耐酸性を向上させる作用があります。フッ化物は低濃度のものを毎日使用するのが効果的で、虫歯の発生率を50%にするといわれています。虫歯予防のためには、フッ化物配合の歯磨き粉などを使うといいでしょう。

 また、ガムなどに含まれ、一般に知られるようになってきたキシリトールは、虫歯菌が代謝できない甘味料で、菌の育成を阻害して再石灰化を促進します。ガムを噛むという行為自体が、唾液の分泌をうながすものでもあるので、意識してキシリトール入りのものを選んでみるのもいいでしょう。

 もうひとつ、オーラルケアにとって大切なのは、かかりつけの歯科医を持つこと。歯科医では、歯のクリーニングはもちろん、その人の口腔内の写真を撮って、虫歯や歯周病のリスクを判断し、それを未然に防ぐための治療や指導を行ってくれます。信頼できる病院を見つけて、定期的にチェックに通いたいものです。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
河野正清氏


河野歯科医院院長

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

口臭や歯のくすみ大丈夫? 加齢とともに口内環境は悪化する

「平成17年歯科疾患実態調査」(厚生労働省:6年ごとに行っている調査)によると、1日の歯みがき回数は調査ごとに増加し、口の中の健康に対する意識が高まっていることがうかがえます。
一方、別の調査では、毎日歯みがきしているのに、口の中のネ... 続きを読む

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む

あなたは大丈夫?オーラルケア知識の間違い5つ

オーラルケアと言えば、口内の歯のケアのこと。最近ではオフィスに歯ブラシを持ち込んで、ランチタイム後にしっかり磨いている女性が増えました。けれど、それで虫歯が減ったのかといえばそうでもなく・・・。残念ながら、間違ったオーラルケアをしている... 続きを読む

当てはまる人は要注意!?虫歯になりやすい人の原因3選

毎日毎食後歯磨きを欠かさずしているのに、なぜか昔から虫歯ができやすい体質だという人がいるでしょう。 それは一体何故なのか?もしかすると、他の人にはない共通点があるかもしれません。当てはまる人は要注意!!虫歯になりやすい人、3つの原因とは... 続きを読む

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)... 続きを読む

女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは

日本人の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病というと、中高年男性に多いというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、女性のほうが歯周病の危険がいっぱいです。
最近の研究で、女性ホルモンやホルモンバランスの変動が、歯周病の... 続きを読む

リカルデント(CPP-ACP)

歯の治療は、むし歯を削って詰め物を入れたら完了と思っていませんか?
実は、詰め物をした歯は、よりむし歯になりやすくなっているんです。それをリカルデントが防いでくれます。
ちなみにリカルデントは登録商標で、正確な名称はCPP-ACP(カゼ... 続きを読む

歯周病と骨粗しょう症を一緒に予防-カルシウムや大豆を摂って

歯は主に歯肉(歯茎)と歯肉の中にある歯槽骨という骨に支えられています。ところが、これらの歯周組織が歯周病菌に感染すると炎症が起こり(歯周炎)、悪化すると「歯の支え」が破壊され、歯を失うことになります。
一方、骨粗しょう症は骨密度の低下(... 続きを読む

成人の2人に1人が歯周病? 癌や病気、メタボを招く歯周病の原因とは

全身の健康を守るにはまず歯の健康から。歯周病は、歯をむしばむだけではなく、病気やメタボまで引き起こす。そのメカニズムと予防法を解説します。 気をつけて!成人の2人に1人は歯周病&予備軍 歯周病は、歯の下にある骨などが歯周病菌によって破... 続きを読む

口の開け閉めで音がするのは顎関節症かも-9つの原因と予防法

口を開け閉めするとき「カクッ」「パキン」「ジャリジャリ」などと音がする、口が開けづらい、食事中にあごが痛む、といったことはありませんか?
これらの症状が一つでもあったら、顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれません。顎関節症は若い女性に増... 続きを読む