笑うことで難病を克服したジャーナリスト-その3つのポイント

ユーモアやジョークに大笑いして病気を早く治す

笑いは免疫力をアップさせます。アメリカでは、1980年代から医療における笑いの効用が研究されています。

1人のジャーナリストが「笑い」で難病を克服

 「笑い」は免疫力をアップさせます。実際に、漫才や喜劇を見て、おなかの底から大笑いをした後には、ウイルスやがんをやっつけるナチュラルキラー(NK)細胞という免疫細胞の働きが大幅に活性化したという国内からの報告もあります。

 アメリカでは1982年に、医師や心理学者を中心に「笑い療法学会」が発足されて以来、医療における「笑い」の効用が本格的に研究されています。学会発足に際して開かれたシンポジウムでは、以下のことが確認されました。

 (1) 大笑いによってリラックスすると、自律神経の働きが安定する。

 (2) 強力な鎮痛作用をもつエンドルフィン(モルヒネの6倍以上の鎮痛作用をもつ)という神経伝達物質が増加し、痛みを忘れてしまう。

 (3) 情動をつかさどる右脳が活性化され、ストレスで左脳を使う人にとって、リラックス効果があると考えられる。

 そして、この学会の発足に大きな影響を与えたのが、ノーマン・カズンズという1人のジャーナリストの「笑い」によって難病を克服した体験だったのです。

毎日笑い続けて半年で、仕事に復帰

 30年以上にわたり、アメリカ有数の書評誌「サタディ・レビュー」の編集長を務めていたノーマンは、1964年に強直性脊椎炎(注)という難病にかかり、医師からはほとんど治る見込みはないと伝えられました。

 そこで彼は、さまざまな文献や資料から集めた情報をもとに、自身で病気を治すための戦略を立てます。それが、「笑い療法」とビタミンCの大量投与でした。お笑い番組やコメディのフィルムを病室に持ち込んでは、映写機を回して観て大笑いする毎日。ちなみに、ノーマンが笑いの癒し効果を求めて観た映画フィルムは、おもにマルクス兄弟の主演する喜劇だったということです。

 笑いの効果はてきめんで、10分間腹を抱えて笑うと、少なくとも2時間は痛みを感じずに眠れました。そして、1週間ほどで症状が改善し始め、半年でもとの編集長に復帰してしまいました。非常にまれな例ではありますが、笑いで難病を克服してしまったのです。彼は、その経過をイギリスの医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に投稿。その後、カリフォルニア医科大学の教授に就任し、笑いの効用を研究するチームをつくりました。

明るく笑いのある病室なら、自然治癒力もアップ

 日本にも、ストレス解消を目的として、看護師ら職員に「笑いが取れる」話術の指導を実施しようという医療機関があります。

 暗くて陰気で静かな病室は、もう時代遅れです。ユーモアやジョーク、しゃれを連発する医師や看護師がいて、患者さんはいつも楽しそう。そんな雰囲気の病院が自然治癒力をアップさせてくれそうです。

(注)自己免疫疾患の1つで、脊椎(背骨)が固まり、硬直してしまう病気。背骨や股関節など靭帯のある部分が炎症を起こし、強い痛みをともなう。

(「免疫力がアップする50の法則」松下 祥監修、法研より)

松下 祥


埼玉医科大学医学部 教授 
九州大学医学部卒業。日本では珍しいライター病の症例との出合いを契機に遺伝学・免疫学の研究者に。熊本大学大学院助教授を経て2001年より現職。アレルギー、自己免疫などが対象の新世代ワクチンの開発に詳しい。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  15. 15 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  16. 16
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  17. 17
    たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  18. 18
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…

一覧