睡眠不足は仕事に悪影響-働く世代の快眠10か条

午後10時から午前3時は睡眠のゴールデンタイム

睡眠時間が短いと生活習慣病のリスクが高まります。
ライフスタイルに合わせて質の高い睡眠をとる工夫を。

睡眠不足は仕事の作業能率を下げる

 ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。

 また、1日の睡眠時間が5時間を切ると、脳・心臓疾患の発症を高めるとされ、新しい労災認定基準では、残業時間が月に100時間、2~6カ月で平均80時間以上の場合には、業務と脳・心臓疾患の関連性が高いと判断されることになっています。

 今や日本人の4人に1人は睡眠不足に悩んでいるといわれています。そして睡眠不足は、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中、うつ病などの病気になる危険性を高めます。これらの生活習慣病と睡眠不足は、同じ健康問題としてとらえるべきなのです。

睡眠時間は人それぞれ、昼間の充足感が鍵

 人間には体温のリズムがあり、それに沿って生活するためには、夜中の12時までに寝て、朝7~8時に起きるのが理想的です。ただし、ライフスタイルの多様な現代人のなかには、昼夜逆転している人も多いはずです。

 夜型であっても、日中、仕事がしっかりできる人は無理して朝型に変える必要はありません。ただ、“睡眠の質”という点からいえば、午後10時から午前3時までの時間帯が睡眠の“ゴールデンタイム”です。夜型の人でも午前3時までには寝るようにして、それが難しい場合は、睡眠時間を長めにとるようにしましょう。

働く世代の快眠10か条

質の高い睡眠を確保するために、これだけは覚えておきましょう。

(1) 充分かつ快適な睡眠で仕事のやる気と効率がアップ
  疲労回復やストレス解消になり、翌日の仕事の能率を上げます。

(2) 睡眠時間は人それぞれ。日中の充足感が睡眠のバロメーター
  昼間に眠気がなく、気力の充実した状態で仕事がこなせるときの睡眠時間を基準にしましょう。

(3) 朝……目覚めとともに体内時計がスタート。快眠の秘訣は起床時間にあり
  毎朝、決まった時間に目覚め、しっかり日光を浴びると、14~16時間後に眠くなります。休日の寝だめは2時間以内にしましょう。

(4) 昼……わずかな昼寝が、午後の仕事効率を高める
  15分程度の昼寝は午後の眠気を減らし、仕事の効率をアップさせます。

(5) 夜……快適な眠りは自らの工夫で創り出す
  就寝前のコーヒー、紅茶、緑茶などからのカフェイン摂取、喫煙は寝つきを悪くし、睡眠の質を低下させます。睡眠薬代わりの寝酒も厳禁です。

(6) 寝る前……自分なりのリラックス法を見つける
  ぬるめの湯の入浴、軽い読書や音楽、香り、ゆったりしたストレッチなど、自分に合った方法をみつけましょう。

(7) 寝室……眠りやすい室内環境も大切
  騒音は40フォン以下(図書館程度)、照明は30ルクス以下(月明かり程度)、温度は20℃前後、湿度は50%くらいが快眠の条件です。寝室は睡眠以外に使わないようにしましょう。

(8) 眠れないときの対処……眠りは追いかけると逃げていく
  床に入っても30分以上眠れないときは、いったん床を離れましょう。睡眠が浅いときは、逆に遅寝・早起きを試みましょう。

(9) それでも眠れない場合は……早めに医師に相談を
  睡眠障害は「心や体の病気」のサインであることも。寝つけない日が続く、熟睡感がない、朝起きられない、十分眠っても日中の眠気が強いときなどは、早めに医師に相談をしましょう。

(10) 交代勤務の工夫……上手な休息と、睡眠時間の確保が大切
  夜勤明けで日が昇ってから帰宅するときは、サングラスなどで強い光を避けましょう。また帰宅後は、家族の協力を得て、快適な睡眠環境を整えましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
内村直尚氏


久留米大学医学部精神神経科助教授
久留米大学医学部精神神経科で1981年より日本最初の睡眠障害専門外来を開設し、現在、そのチーフとして心療や研究に従事している。現在の主な研究内容としては、不眠と生活習慣病との関係、昼寝(午睡)の有効性の検討。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

睡眠はストレスレベルを計るバロメーター 安眠の心得

「寝つきが悪い」、「夜中にたびたび目が覚める」、「熟睡感がない」、「朝すっきり目が覚めない」、「昼間眠たくて困る」など感じることはありませんか?
睡眠はストレスレベルを確認するバロメーターです。良く眠れない場合は、悩みや心配ごとによるストレ... 続きを読む

年齢ごとに異なる理想的な睡眠時間は? 昼寝は健康にいい?

私たちは睡眠によって脳や体の疲れを回復させています。睡眠時間が不足したり、時間は足りていても深い眠りが得られないような場合、生活習慣病やうつ病などにつながることがわかってきました。
一言で「理想的な睡眠」といっても、人によって、また世... 続きを読む

わたしの眠り足りている?「毎日5分ずつ」で睡眠不足習慣が変わる

巷では「8時間睡眠が健康と美容に良い」と言われていますが、実はこの説に科学的な根拠は一切ありません。3時間睡眠で十分な「ショートスリーパー」と呼ばれる人もいれば、10時間以上眠らないと調子が出ない「ロングスリーパー」と呼ばれる人もいるの... 続きを読む

中顔でもっとも形を変化させられる《眉》

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ メークのファイナルアンサー《眉》
梅雨空は、傘を持つのがいやな小生としてはうっとうしい限りです。手荷物が増えると美しさが... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む

黒砂糖がダイエットを効率化してくれます

黒砂糖
世の中には、同じような味や効果がありながら、まったく異なった成分を持っているものがあります。黒砂糖は含まれている成分によって、あなたのダイエットを効率化してくれます。
普段一般的に使われている、白い砂糖に比べると黒砂糖は糖分が... 続きを読む

なわとびダイエットで効率よく体重を減らす

なわとび
ダイエットするには有酸素運動と無酸素運動の両方行うことが必要です。
有酸素運動はマラソンやジョギングなど、無酸素運動は筋肉トレーニングです。
これらの運動を両方行うのでは手間や時間が掛かり過ぎてしまいます。
そんな忙しい... 続きを読む

寝だめは効果なし! 理想は6時間睡眠-ぐっすり眠る3つのコツ

暑くて寝苦しい日が続くと、お肌にも影響が出てきます。美容と健康にとって睡眠が重要なのはわかっているけれど、毎日質、量ともに十分な睡眠をとることはなかなか難しく、気がついたら肌が脂っぽい、粉をふいてきた、ニキビができた、という緊急事態になっ... 続きを読む

災害時のストレスからくる不調はどうすればいい? 6つの対策法

3月11日に発生した東日本大震災は東北地方太平洋沿岸を中心に、広い範囲にわたって甚大な被害をもたらしました。地震後しばらくは、津波による被害を伝える映像がテレビなどでくり返し放映され、日本中に衝撃を与えました。頻発する余震と福島第一原発の... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む