温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

気持ちいいだけじゃない。泉質を知って、体質改善!

海、山、森。温泉は所在地によって効能が異なります。
標高、湿度などの環境も効能に含まれるのです。

温泉がもつ4つの効能

 疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。

 「温熱」は、お湯の熱が血管を拡張させて血液の循環を促します。「水圧」は、マッサージの効果で血行を促進します。「浮力」は、お湯の中で体重が10分の1になり、足腰にかかる負担を軽減させてくれます。これらは、家庭のお風呂でも体験できる効能ですが、温泉では、その効能がさらに高まるのです。

 温泉の最大の効能は“温まること”=高い温熱効果です。温泉に入ると体の芯から温まるのは、温泉に含まれるミネラル成分が皮脂と結びつき、体の表面に被膜をつくるからです。そのため、温熱効果が持続して、長時間にわたって体がポカポカします。腰痛、肩こり、婦人病などは、体を温めることによって症状が改善するものもたくさんあるので、こうした持病のある人は積極的に温泉を利用してみてはいかがでしょうか。

温泉も楽しめます

 温泉とはそもそも、源泉に温泉法で定められた物質が、規定量以上に含まれているもの、あるいは成分は規定に満たないけれど、温度が25度以上あるものをいいます。温泉を飲んで、その薬効を取り入れるという楽しみ方もあります。飲泉許可がある場合は、体質に合わない泉質もあるので、注意事項をよく読んでから、実際に飲んでみるのもいいでしょう。

 温泉の泉質に、塩化物泉、炭酸水素塩泉と記載されている場合は、空腹時に飲むと胃液の分泌が高まり、食欲が刺激されることから、食前に飲むのが適しています。一方、鉄泉や放射能泉は、食後が適しています。鉄泉は、空腹時に飲むと胃腸の粘膜を刺激して胃腸障害を起こしやすくなるからです。また放射能泉は、食後の方が神経系を安定させる作用のあるラドンをより吸収するためです。ただし、いずれも天然の湧き水なので、持ち帰った場合は翌日までに飲み切るようにしましょう。

海、山、森。それぞれの温泉の特徴は?

 全国各地には、さまざまな効能をもつ温泉がありますが、海、山、森と、存在する場所によっても、その効果は異なります。それぞれの特徴をあげてみましょう。

 海にある温泉は、疲れた心と体を癒すのに効果的です。海辺はマイナスイオンの空気に包まれ、海水のヨード、塩分などが空気中に溶け出しています。この空気を吸い込んだり、からだに浴びたりすることで、自律神経のうち、副交感神経の働きが活発になり、身心がリラックスして、疲労回復やストレス解消に効果的です。また、適度に湿気を含む海の空気は、呼吸器の弱い人にも効果的です。ただし、この湿度は、腰痛や関節痛のある人には向いていません。

 山にある温泉は、今よりもっと元気になりたいという人に向いています。標高800m以上ある山の上の温泉は、平地に比べて空気が薄く、気圧が減少します。そのため、血行が促進され、新陳代謝が活発になります。自律神経のうち、交感神経が活発に働くので、元気度をアップさせてくれます。一方、イライラしているときには、気分が高揚しすぎてしまうため、避けたほうがいいでしょう。また、心臓に負担がかかるため、高血圧の人も向いていません。

 森にある温泉は、健康な人から病弱な人まで、比較的どんな人にも向いています。森林内の環境は、気温、風などの気象が比較的穏やかで静かです。しかも、フィトンチッドと呼ばれる樹木が発散する成分や香りには、気分を安定させるアロマテラピー効果があることから、身心ともにリラックスできるのです。

 このように、泉質による効能だけでなく、「温泉旅行をする」という行為そのものも、温泉の効能に含まれているのです。つまり、広い意味では温泉を取り巻く環境のすべて--標高、気温、湿度、風や音、新鮮な空気、宿泊地でのおいしい食事--が温泉の効能といえます。「効能」と「場所」、この二つを念頭におきながら旅先を決めれば、よりいっそうの効果が期待できるでしょう。

(「Just Health」、法研より)

【取材協力】
植田理彦氏


帝国ホテルタワー内幸町診療所 医学博士
1927年東京生まれ、1950年東京大学卒業後、同大学物療内科にて温泉医学を学ぶ。温泉療法専門医、医学博士、温泉医学の解説と普及に努め、わが国の温泉療養地の指導に当たる。温泉、入浴に関わる著書多数。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧