美肌には禁煙が必須-非喫煙者より5倍もシワができやすい

タバコが肌に与える悪影響とは?

5月31日は世界禁煙デー。吸わない人にも及ぶタバコの弊害。

軽いタバコの落とし穴

 最近、若い女性にニコチンやタールの少ないタバコが人気をよんでいるそうです。そして、「ニコチンの含有量が少ない軽めのタバコなら、健康への害が少ない」と思っている人がいるようです。

 しかし、常習的にタバコを吸う人の場合、1日に一定量のニコチンを体が必要とするようになります。そのため、軽いタバコに変えると、つい本数が増えたり、深く吸い込んだりしがちです。

 その結果、体内に取り込まれるニコチンやタールの量は、期待したほど減らないのです。それどころか、逆に一酸化炭素をたくさん取り込んでしまうので、強いタバコを吸うよりも、危険が増すとも考えられます。

 「軽いタバコ=害が少ない」と思っていたら、大間違いです。そもそもタバコは、麻薬と同じくらい依存性の高い危険な薬物です。たとえ軽いタバコであっても、喫煙習慣の本質はニコチン依存症=中毒であることをくれぐれもお忘れなく!

タバコはお肌の大敵!

 タバコに含まれる有害物質が、妊娠や出産に悪影響を及ぼすことは、どなたでもご存じですね。しかし、タバコの害はそれだけではありません。喫煙習慣のある女性は、骨の老化が促進されるため、骨粗しょう症にもなりやすいのです。

 さらに女性にとって気になるのは、タバコが肌の老化を促進させるということです。ヘビースモーカーは、非喫煙者の約5倍もシワができやすいという研究報告もあります。

 タバコを吸うと、血管が収縮して血液の流れが悪くなり、多量のビタミンCが失われて、肌があれてきます。ちなみに、タバコを1本吸うことで失われるビタミンCの量は、レモン1個分(20mg)よりも多い25mgといわれています。

 また喫煙は、肌の慢性的な酸素不足の状態を引きおこし、コラーゲンなどの肌の結合組織を傷つけます。それだけではなく、タバコの煙が皮膚に触れると皮膚が乾燥しやすくなったり、化学的な刺激を受けて傷みます。その結果、肌の老化が進み、ハリを失い、シミやシワができやすくなるのです。

 お肌の大敵は、紫外線とタバコです。美肌を保ちたいのならば、紫外線対策だけではなく、受動喫煙も含めたタバコの害にくれぐれも用心しましょう。

タバコにさよならして、いつまでもきれいな肌を保とう

 5月31日は、世界保健機関(WHO)が定める世界禁煙デーです。毎年、スローガンが掲げられ、今年は、“Tobacco : Deadly in any form or disguise. (たばこ:どんな形や装いでも命取り)”となっています。軽い、優しい、といった新しいタイプのタバコが登場しても、やはり体に害を及ぼす危険な存在であることには、かわりはないのです。

 日本では厚生労働省が、このイベントを普及させる意味で、5月31日から6月6日までの1週間を禁煙週間としています。これを機会にあなたも、美しさの天敵タバコにさよならをして、いつまでもきれいな肌でいましょう。

(「なるほどタバコ学」中村正和監修、法研より)

【取材協力】
中村正和氏


大阪府立健康科学センター健康生活推進部長
1980年自治医科大学卒業後、大阪府立病院や大阪府立成人病センターで臨床および疫学を研修。84年大阪府門真保健所保健予防課長、87年(財)大阪がん予防検診センター調査課長、99年同調査部長を経て、2001年より現職。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  4. 4
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  15. 15
    たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  18. 18
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…

一覧