食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

科学的な根拠にもとづいた元気の出る食べ合わせの知識

消化吸収を助けたり、有害物質の吸収を抑える食べ合わせを知って、日頃の食事を栄養アップ!

必要なのは科学的食べ合わせの知識

 昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。

 しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせが、実際に消化吸収を助けたり、体内への有害な物質の吸収を抑えたりする働きをするということがわかってきました。たとえば、「揚げ物と大根おろし」「豚肉とニンニク」「肉とパパイア」「生魚とショウガ」「ソーセージとリンゴ」などです。このような食材の組み合わせが、相乗効果をうむのです。ここで、「現代風・賢い食事」のとりかたと、その効果・作用を紹介しましょう。

体のためになる食品の食べ合わせ

揚げ物と大根おろし
 大根にはフライや天ぷらの油を酸化しにくくする働きが。酸化した油が体内に入ると、細胞の老化を促進するため、老化防止に効果がある。

豚肉とニンニク
 ニンニクに含まれるアリシンという物質が、豚肉の中のビタミンB1の吸収を促進する。

肉とパパイア
 パパイアには、パパインという肉に多く含まれるタンパク質の消化を助ける酵素が含まれている。

生魚とショウガ
 ショウガには、体を温めたり、殺菌に有効な成分が含まれているため、生魚と食べるとよいとされている。また、におい消しの作用も。

ワカメとみそ汁
 ワカメに含まれるアルギン酸カリウムは、みそ汁に含まれる食塩のナトリウムと入れ替わって結びつく。つまり、食塩は体内で吸収されずに排泄されるため、ナトリウムの摂取量を減らすことができる。

ソーセージとリンゴ
 リンゴに含まれる食物繊維のペクチンには、ソーセージに含まれる飽和脂肪酸を吸収して、大腸の乳酸菌の増殖を妨害しない作用が。また、飽和脂肪酸の吸収をさまたげ、肥満を防止する働きも。

緑黄色野菜と油
 緑黄色野菜に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変わるが、油で炒めるとβカロテンが油に溶けて吸収されやすくなる。また野菜のかさが減り、量も多く食べられる。

食べ方によって、長所にも短所にも

 そのほか、食品にはイメージもついて回ります。たとえば、“サラダは美容食”“ニンニクは万能食品”“ハチミツは健康食品”などのイメージがありますが、それは、正しい食べ方をしたうえでのことです。

 まず、サラダにかけるドレッシングやマヨネーズは高カロリーなので、量に気を配る必要があります。また、ニンニクの食べ過ぎは貧血や胃炎のもと。さらに、ハチミツは体によい各種のビタミンやミネラルが多く含まれているものの、糖分も多いのです。とくにハチミツに多く含まれる果糖は、脂肪に変わりやすいので、とりすぎは要注意です。

 日頃から、偏った食事をしないよう注意をするとともに、体によい有効な食べ合わせに気を配り、元気の出る賢い食事法を身につけましょう。

(「オン&オフ生活術」、法研より)

【取材協力】
落合 敏氏


前茨城キリスト教大学教授・(有)NHP OCHIAI Office代表・ 天使大学 大学院非常勤講師
栄養学博士。相模女子短期大学部家政科卒、現バークレー科学大学大学院研究員。日本テレビ「おもいッきりテレビ」などメディアにも多数出演。著書に『臨床栄養指導必携』『食べて健康になる辞典』『食べ方ひとつで野菜はからだの毒をとる』など。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ

ふと立ち上がった拍子に腰に激痛が!
息が止まるような痛みに襲われて、思わずしゃがみこんでしまう。少し体を動かしただけでも痛いので、動けない……こんな体験をした人はありますか?
これは、西洋では「魔女のひと突き」と呼ばれるぎっくり腰の症状で... 続きを読む

蒸しショウガダイエットレシピ(3) 蒸しショウガとニンニクの焼きうどん

蒸しショウガとニンニクでスタミナ補給! 材料(1人分) 蒸しショウガ…小さじ半分 ニンニク…1片 タマネギ…4分の1 うどん…1玉 作り方 (1)フライパンにサラダ油を熱し、スライスした... 続きを読む

たったこれだけ!ハチミツでできる簡単パックで角質ケア

スーパーに行けば手に入るハチミツ。そのハチミツを使うだけで角質ケアができ、トーンアップが期待できるのです!その方法をご紹介いたします。角質ケアで美肌を目指す!お手軽ハチミツパック法 大人の肌は角質ケアが必要! 大人の肌対策は角質ケアと美... 続きを読む

大根ダイエットコラム  発ガン物質を解毒する、大根おろしは優れもの!

みずほ先生コラム
旬!の野菜、カラダにちょっとイイ話 奈良時代に中国から渡来し、『日本書紀』には「於朋花(おほね)」と記されて登場、江戸時代には飢饉対策食料として奨励された野菜です。春の七草では「スズシロ」と呼ばれ、七... 続きを読む

高ファイトケミカル食材 タマネギ・ニンニクなど→システインスルホキシド類

おなじみ、血液サラサラ タマネギ、ニンニクなど→システインスルホキシド類 タマネギ、らっきょう、長ネギ、ニラなどのネギ類やニンニクなどのユリ科の野菜に含まれ、独特の刺激臭のもとになっているのが... 続きを読む

【科学が証明】正しい疲労回復法-疲労がたまると老化が進む

正しく対処しないと疲労は蓄積する一方。疲れが蓄積すると自律神経の働きが乱れ、生活習慣病や老化の促進にも。思い込みではなく科学的な対処法を。 疲労と老化の原因は同じ。こまめに解消を 暑い日が続くと、ふつうに生活しているだけで疲れてしま... 続きを読む

女性は特に日課にしたい「骨盤底」ケア どこでもできる筋トレ

骨盤底は、骨盤の下にあるハンモック状の筋肉群。膀胱、子宮、直腸などの腹部臓器を支えていて、筋肉にゆるみができると、尿もれ、尿意の切迫感、性器脱など、さまざまな障害が起こります。
筋肉は、肥満や妊娠、さらに加齢によって、ゆるみやすくなり... 続きを読む

小豆は女性の味方-疲労回復・むくみ解消・美容効果も

春到来。お彼岸に卒業・入学シーズンがやってきました。こうした季節の行事やお祝いごとに欠かせないのが小豆(あずき)です。お彼岸のぼたもちの甘いあんは小豆で作られ、祝いの席のお赤飯はもち米と小豆を蒸して作ります。お正月にも、鏡開きのお汁粉、小... 続きを読む

揚げ物vs粉モノ、ダイエット中に食べるならどっち? 低カロリーの揚げ物とは

ダイエット中なのですが今度友達と大阪でご飯行く約束をしました! 友達が串カツを食べたいといっているのですが、一本あたりでもかなりの高カロリーなので凄くまよってます。 大阪名物で他に串カツより低カロリーな食べ物お好み焼きやたこ焼きを探して... 続きを読む

ライム、リンゴ、イチゴ…かわいくても油断できない“果物”の名前がつく病気

カナダ出身の人気歌手アヴリル・ラヴィーンが、「ライム病」という病気で5ヶ月も寝たきり状態となり、インタビューで「死ぬかと思った」と告白したニュースに驚いた方は多いと思います。 この「ライム病」、ダニによって感染する細菌感染症で、今回の... 続きを読む