お酢のダイエット効果-冷え性・便秘・高血圧に-上手な使分け方

酢にはヘルシーな成分がたっぷり。種類別に使い分けましょう

酢は健康な体を保つための予防医学的な調味料。毎日の暮らしのなかでもっと積極的に活用しましょう。

うれしいダイエット効果も

 疲れがたまっていたり、夏の暑さで食欲が低下すると酸っぱいものが食べたくなる…そんな方も多いのではないでしょうか。これは、無意識のうちに、体が酢のパワーを求めているとも考えられます。酢の主な成分は酢酸やアミノ酸。その中でも、最も大きなはたらきをしているのが、酢の酸度の90%を占めている酢酸です。

  酢酸は、新陳代謝をよくし、エネルギー消費活動を活発にします。その結果、脂肪がつきにくい体にするという、うれしい効果も持っています。  また、酢そのものは、交感神経を刺激し、血流を促進するので体温を上昇させます。そのため、冷え性にも効果があり、薬膳では、体を温める食品に分類されています。

 それだけでなく、疲労によって蓄積する乳酸の代謝を促進して、疲れをたまりにくくしたり、腸のぜん動を促進し、お通じをスムーズにして便秘を解消するなど、いろいろな効用が…。“目立つ存在ではないですが、意外にパワフル、はたらき者!”の酢ですが、酢の性質によって使い分けると、一歩すすんだ役立て方ができます。

善玉コレステロールを増やす黒酢

 米酢、純米酢、黒酢などの穀物酢は、日頃、酢の物やお寿司を作るときに使われるので、おなじみの存在ですね。穀物酢には、酢酸のほかにビタミンやミネラルがふくまれているので、生活習慣病の予防効果があります。

 穀物酢の中の黒酢は、最近、健康食品として飲用している人も見かけます。黒酢はとくにアミノ酸が豊富。善玉コレステロールを増やしたり、疲労物質である乳酸を抑えるはたらきを持っています。

 ぶどうの搾り汁からつくられるバルサミコ酢は、ワインと同じように、抗酸化物質のポリフェノールを豊富にふくみます。サラダのドレッシングや、チーズにかけて食べるなど、日頃の食卓にもっと取り入れてみてはいかがでしょうか。

 また、果実酢には、ナトリウムを排出するカリウムを多くふくむため、高血圧の改善効果が。血圧が気になる人は、酢の物を作るときなど、穀物酢の代わりに使ってみるといいでしょう。

空腹時に飲むのは危険!

 とはいえ、いくら体によくても、酢は刺激物にあたるため、とり過ぎにはご注意。とりわけ飲用でない酢は、胃の粘膜を傷めることがあるので、原液のまま飲まないよう注意しましょう。とくに空腹時に飲むと、胃の粘膜がただれた状態(びらん)になったり、十二指腸潰瘍をおこす恐れがあります。

 また、何の効果を期待しているのか、目的をはっきりさせて酢を選ぶことも重要です。たとえば、もろみ黒酢とうたっていても、もろみをクエン酸発酵させた清涼飲料水、ということもあるのです。さらに、カプセルに入って市販されている酢からは、酢の成分はとれても、唾液の分泌を促進したり、胃を活発にする効果は期待できません。

 酢を選ぶときのポイントは、容器の食品表示をよく見ること。原料と製法を確認し、JASマーク(日本農村規格)があるかどうかをチェックしましょう。

 酢にはそもそも、医薬品のようにスピーディーな体調改善効果はありません。しかし、漢方薬のようにじわじわと体力を高め、病気を予防してくれます。健康な体を保つための予防医学的な調味料と考えて、毎日の暮らしの中でもっと有意義に活用したいものです。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
中山貞男


昭和大学保健医療学部 作業療法学科教授・医学博士
1946年福島県生まれ。東京理科大学理学部化学科卒業。高脂血症、動脈硬化症、漢方薬の研究の傍ら、食酢、大豆などの効能についての研究を行っている。著書『玄米酢と玄米が効く!』(主婦と生活社)。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

働く人の介護を前向きに 両立のためにすべきこと7つのステップ

超高齢社会の日本で、働きながら介護する人は約290万人。そのうち働き盛りの60歳未満が約200万人を占めています(総務省平成24年「就業構造基本調査結果」)。多くの方が働きながら介護をする時代になりました。
仕事は家族の暮らしを支え、... 続きを読む

豊富な食材、BIOと茶色い穀物

りんごロワイヤルのパリダイエット日記 2月15日(木)曇り
夕方のパリには、バゲットを持って歩く人が多い。おおフランス、と思う瞬間だ。日本でいうところの長ネギ的ポジションだと思う。長いから目立つ... 続きを読む

有料老人ホームってどうやって探す?-チェックリストと手順など

もしも介護が必要となったとき、住まいという器にはケアの視点が必要となります。自宅での介護は難しいが、特養にはなかなか入れない……。そんなときどんな方法があるでしょうか。『高齢期に自分らしく暮らせる生活の場を選ぶ』では、高齢期の住まいとして... 続きを読む

酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果

人類最古の発酵調味料といわれる酢。最近はその健康効果が注目され、お店には色々な種類の酢が並び、酢を使ったドリンク商品がよく売れています。黒酢カフェやビネガーバーなども話題になっています。
食品成分表には食酢類として穀物酢、米酢、果実酢... 続きを読む

酢ダイエットレシピ オレンジのバルサミコ酢かけ

シミ対策にはCとバルサミコ
オレンジの甘味にバルサミコがマッチ!1人分39kcal 材料
2人分 オレンジ…1コ バルサミコ酢…大さじ1 砂糖…好みで適量 作り方 1)アボカドは、皮と... 続きを読む

お粥の弱点解消法 炊く時間の短縮&ベースの穀物置き換え

噛みごたえをアップさせて満腹感を得るには……こうしよう!炊く時間の短縮&ベースの穀物を別のものに置き換える お粥の噛みごたえをアップさせる方法は2つあります。 1つめの方法は、お米を炊く時間を短縮させること。炊き込む時間... 続きを読む

特定保健用食品「トクホ」って何?上手に活用して健康度UP!

生活習慣病の増加と低年齢化が問題となり、食事の大切さが見直されています。そんななか、コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できて価格も手ごろな「トクホ」が人気です。トクホとは「特定保健用食品」の略称。「おなかの調子を整える」、「コレステ... 続きを読む

健康お寿司

キレイになりたい人には……サカナ!! が自論
女性がひとり、居酒屋や定食屋で、焼き魚や煮魚定食はちょっとね……とパスタランチに収まりがち。「そんなこと無いわ、居酒屋のランチのサカナ定食よ!」という通の女性、そ... 続きを読む

ダイエットとキレイのためのお酢大辞典

ダイエットや健康に多く飲む人が多い“酢”。 400人のダイエッターに聞いたお酢体験アンケートでは、さまざまな効果が明らかに。チェックテストであなたにピッタリのお酢が探せます。その後、お酢が苦手でもおいしく簡... 続きを読む

便秘がひどい人に合う酢

桃酢 桃酢には、食物繊維ペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは腸内の掃除をしてくれる上、さらに有害物質排泄の手助けもしてくれるため、便秘が解消されやすくなります。 →桃酢を使った簡単レシピはこちら ... 続きを読む