新鮮で美味しい野菜と果物の見分け方-産地表示マークも参考に

新鮮な旬の野菜をお店で見分けるコツを紹介します。

味と栄養がアップする、旬の野菜・くだもの。食生活にうまく取り入れて、真夏をヘルシーに過ごしましょう。

真夏のトマトの栄養価は1.5倍!

 現在スーパーでは、季節や旬にかかわらず、ほとんどの野菜が1年をとおして並べられています。旬の野菜と季節はずれの野菜、見た目はそう違いませんよね。しかし栄養価の点において、旬のもののほうがずっと優秀なのです。たとえば、トマト。夏が旬のトマトは、それ以外の季節のトマトに比べると、1.5倍ものビタミンCを含んでいるのです。冬が旬のホウレンソウなら、冬には100gあたりビタミンCを60mgを含んでいますが、夏には20mgしか含んでいないのです。旬の野菜から豊富な栄養素を摂るほうが、効率よく、健康的な体を作ることができるというわけです。

 また、旬の野菜は大量に収穫できるため安価で購入できますし、栄養価もずっと高いのです。季節はずれのものに較べ、あくや苦みなどが強くなりますが、その野菜ならではの独特の香りと味が楽しめます。
 では、今が旬である夏野菜・くだものの見分け方をお話ししましょう。

トマトはヘタ、きゅうりはトゲに注目!

 夏の野菜・くだものは、このような点に気をつけて選びましょう。

トマト……ヘタが青くピンとしていて、あまり大きくないもの。ずっしりと重く肉厚のものが良いでしょう。
きゅうり……濃い緑色のものを選びましょう。太さが均一で、表面のトゲがさわると痛いくらいのものが良いでしょう。
なす……表面に傷がなく、紺色のツヤがあるもの。紺色が薄いものや茶色に近いものは鮮度がないので避けましょう。
ピーマン……緑色が濃く、全体にツヤがあり、形に張りのあるもの。腐りやすいヘタ部分をよく見て選ぶと良いでしょう。
とうもろこし……粒が均一に入っていて、指で押すとへこむくらいのものが新鮮な証拠です。穂先が濃い茶色で、縮れているものが良いでしょう。
さやいんげん……緑色が濃く、細めでみずみずしいもの。表面が白っぽいものや皮にシワのあるやわらかいものは避けましょう。
すいか……皮を軽くたたいて、鈍いポーンという音がするもの。ツルの切り口が新しいものを選ぶと良いでしょう。
桃……傷みやすいので、あまり触らず、見た目で選ぶ。全体に色づきがよく、甘い香りのするものが良いでしょう。

産地の表示、マークも参考に

さらに店頭では、商品のラッピングについているマーク、POP(販売用広告)などにも注目すると良いでしょう。最近では、トレーサビリティ・システム(識別番号によって、商品の生産、加工、流通などの履歴がわかるしくみ)により、生産地がわかるケースも増えています。
 一般的には、生産地と販売場所が近い方が、輸送時間やコストがかからないため、新鮮で安価と考えることができます。
 また、農林水産大臣の登録を受けた認定機関の、厳しい審査に合格した食材につけられる「有機JASマーク」なども参考にするといいでしょう。

 「旬」を辞書で調べると、「味のよい食べ頃の時期。出盛りの時期」と出ています。おいしく食べて体にも役立つ……「旬」を忘れがちな私達の日常生活ですが、季節の恵みをもっと暮らしに活用し、新鮮で栄養価の高い野菜を自ら選んで健康的に過ごしたいものですね。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
古旗照美氏


株式会社しょくスポーツ 代表取締役/管理栄養士・健康運動指導士
プロ野球やJリーグ選手などの栄養サポート、食育と運動を融合した「食育アドベンチャー」の考案と実践など、幅広い活動を行っている。
株式会社しょくスポーツ http://www.shoku-sports.jp

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

旬の野菜でキレイにやせる!

旬の野菜は、おいしい上に、必要な栄養素もたっぷりだから、ダイエットの強いミカタ。体の中からキレイを作るためにも欠かせない存在です。野菜を1つずつピックアップして、「キレイにやせる」レシピをお届けします。 ... 続きを読む

最旬を取り入れよう!おすすめトレンドネイル2016夏

最旬のトレンドネイルは、ストーンを使ったものと、カラーで攻めるもの、この2つがやってくると言われています。カラーでいえばパッと鮮やかに目を引くカラーが選ばれており、ストーンはパワーストーンなどに人気が集まっています。あなたはこの夏、どの... 続きを読む

あなたのそのケア大丈夫?色素沈着の茶色クマの原因と対策

目元の色素沈着によっておこるのが、茶クマと呼ばれるもので、すっぴんになっても、何日経っても消えることのないクマのことです。そんな茶クマが出来たらかなりショックでしょう。しかし対策がないわけではありませんから、今からでもしっかり行いましょ... 続きを読む

女性に多い冷え性は免疫力も低下させる-体を温める食材は?

「冬になると、手足の先が冷えてつらい」という冷え性は、とくに女性に多くみられます。さらに、最近ではこうした「冷え」の自覚症状のあるなしにかかわらず、平熱が36.5度以下という低体温の人が若い世代や子どもに増えており、35度台の人が珍しくな... 続きを読む

【低GI値レシピ】朝食に!ダイエット中におすすめの栄養価抜群パンケーキ

こんにちは、コラムニストの愛子です!ダイエットには和食がいいとよく聞くけど、洋食が大好きで止められない、というか止めたくない!今日はそんな方におすすめのレシピをご紹介します。【低GI値レシピ】洋食好きさんの朝食におすすめ!ダイエット中で... 続きを読む

きのこを洗うか洗わないか。どちらの栄養価が高い?→洗わない

A3
きのこに付いている菌に整腸作用があるのですが、洗うと菌が減ってしまいます。また、香りや風味が落ちてしまうので、汚れを軽く落とす程度にしておきましょう。ただし、マッシュルームは土の付いた部分を洗ってもよいでし... 続きを読む

【レシピつき】今が旬!新玉ねぎのおいしい“まるごとスープ”はいかが?

春になり、おいしい「新玉ねぎ」の季節。サラダで食べる方も多いのでは?実はこの「新玉ねぎ」、素敵な効果がたくさんあるのです。今回は、今が旬の「新玉ねぎ」についてご紹介いたします。 【レシピつき】今が旬!新玉ねぎのおいしい“まるごとスープ”... 続きを読む

旬なうちに楽しもう!アラサー的MA-1の着こなし方

引き続き勢いを増しているMA−1。皆さんはもう手に入れましたか?すぐに流行が去るかもしれないからと様子を見ていた方も今は買い時!綿がしっかり入っているものであれば、本格的な冬の間でも活躍出来そうですよ♡そこで今回は、旬なMA-1を大人ら... 続きを読む

サンマの漁獲量、サンマの漁法、サンマの産地

サンマのことがだいたいわかってきましたか~?
引き続きさらにサンマについてくわしく知りたい人のために、ここではどんな漁法で収穫されるのか、どれぐらい獲れるのか、ちょっと自慢ができちゃいそうな社会派... 続きを読む

熱帯夜が寝苦しい・・・。実は間違っていた夏の快眠法3つ

真夏がやってきました。寝苦しい熱帯夜が続きますね。あなたは、どんな真夏の快眠法を実践していますか?でもその快眠対策を誤ると、かえって熟睡ができなくなります。今回は間違った夏の快眠法3つをご紹介したいと思います。実は間違っていた夏の快眠法... 続きを読む