4月から9月は紫外線対策を!シミ・シワを防ぐ4つのポイント

サンスクリーン剤の使用は表示を理解して適切に

お肌だけでなく全身に害が。紫外線を防ぐためのポイントを紹介します

皮膚がん、免疫力の低下、白内障まで

 日焼けといえば夏のイメージですが、油断はできません。4月から9月ごろまでは強い紫外線が降り注いでいます。特に5月のよく晴れた日は、紫外線量が多い割に肌は日差しに慣れていないため、ダメージを受けやすいので注意しましょう。

 オゾン層の破壊によって、地上に達する紫外線の量が増え、皮膚がんになる人が増えることが懸念されています。白色人種に比べ日本人は皮膚がんになりにくいと言われていますが、紫外線を大量に浴びれば発症しやすくなります。皮膚がんとはいかないまでも、しみ、しわの原因となることはみなさんご存じですね。

 ほかにも、紫外線が体に及ぼす影響には、主に次のようなことがあげられます。

 免疫力が低下する:体にウイルスなどの異物が侵入すると、情報を免疫機能に伝えようとする働きがあるが、紫外線によるダメージでその働きが鈍ってしまう。

 白内障になりやすい:眼の水晶体の主成分であるたんぱく質が紫外線によって変質して白く濁ってしまう。

UVAはしわ、UVBはしみの原因に

 ところで、女性にとって気になるお肌のしみやしわは、どのようにしてできるのでしょうか?

 肌にダメージを与える紫外線は、UVA(長波長紫外線)とUVB(中波長紫外線)の2種類に大きく分けられます。波長の長いUVAは肌の深い組織に作用し、しわやたるみの原因に、UVAより波長の短いUVBは肌の表面に作用して、しみの原因になります。

 UVBを浴びると、肌を守ろうとして皮膚の表面の表皮に黒い色素「メラニン」が作られます。これは、通常は数カ月ほどでアカとしてはがれ落ち、もとの肌の色が戻ってきます。しかし、皮膚の老化や紫外線を浴び続けたことによって再生のサイクルがうまく働かなくなると、メラニン色素が残ってしまい、その結果しみができるのです。
 UVAは表皮の下の真皮まで到達して、皮膚にハリを与えるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与え、しわができやすくなります。

サンスクリーン剤の表示を理解し、2時間に一度は塗り直す

 紫外線からお肌や健康を守るため、外出の際に欠かせないのが日傘や帽子、サンスクリーン剤(日焼け止め)です。サンスクリーン剤は表示をよく理解したうえで使用しましょう。

 市販のサンスクリーン剤には、SPF30とか、PA++などと表示されています。SPF(sun protection factor)の数値は、大きくなるほど紫外線をさえぎる時間が長く、PA(protection grade of UVA)の+、++、+++は、+が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。ただし、SPFの値が高い数値であってもそれほど大きな差はありませんので、ふだんの外出はSPF20、PA++程度のものを使用し、海や山へ行くときはもう少し高い数値のものを選ぶとよいでしょう。

 また、朝サンスクリーン剤を塗ったからと安心してはいけません! 汗で流れたりこすれて落ちたりしますから、2~3時間に一度は塗り直しましょう。分量は片腕でスプーン1杯程度。白く浮くのがいやで薄く伸ばす人がいますが、これでは効果は落ちてしまいます。
 大量に汗をかいたあとや、プールや海に入ったあとは、2時間たたなくても塗り直します。サンスクリーン剤が肌に合わなかったら、別の種類に変えて自分の肌に合うものを選んで下さい。いずれにせよ、サンスクリーン剤は紫外線の暴露量を減らすだけで、ゼロにはしませんのでその点を注意して下さい。

紫外線の害を防ぐ日よけのポイント

 日差しの強い日は外出は控えたいくらいですが、そうもいかないのが現実。外出時は以下のポイントを押さえ、紫外線をシャットアウトしましょう。

●サンスクリーン剤をこまめに塗る
●長袖の衣類でできるだけ肌の露出を抑える(顔だけでなくうなじや手の甲も忘れずに)
●日傘やつばの広い帽子を使用する(色は黒っぽいものほど効果が高い)
●紫外線防止効果のあるサングラスを使用する

 紫外線は空から降り注ぐだけでなく、地上からも反射しています。日傘や帽子だけで安心せず、サンスクリーン剤もしっかり塗って、紫外線対策は万全にしましょう。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
渡辺晋一先生


帝京大学医学部皮膚科主任教授
1978年東京大学医学部医学科卒業後、同大学皮膚科入局。1979年同助手、1983年同医局長。1984年三楽病院皮膚科部長。1985年~88年米国ハーバード大学マサチューセッツ総合病院皮膚科リサーチ・フェロー。1988年帝京大学医学部皮膚科助教授、1994年同教授を経て1998年より現職。帝京大学医真菌研究センター教授を併任。専門は皮膚科一般、特にシミ・アザのレーザー治療。皮膚の真菌・細菌感染症。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧