気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

口の中を清潔にすること、唾液を増やすことが肝心

口臭を強くしている原因を確かめ、原因に応じたセルフケアで口臭防止を

口の中の細菌がたんぱく質を分解するときにおいが発生する

 きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか? 多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。

 口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新陳代謝が行われたあとの古い細胞や食べ物のカスなどのたんぱく質が豊富です。これらのたんぱく質が口内の常在菌によって分解されるとき、さまざまな臭気物質ができてにおいが発生します。なかでも、玉ねぎの腐ったようなにおいを発するメチルメルカプタンなどの揮発性硫化物の濃度が高いと、口臭が強く現われることがわかっています。

 口の中以外にも、鼻やのど、胃腸の不調などが原因で口臭が強くなることもあります。においを強くする原因を確かめ、口臭を防ぎましょう。

口の中を清潔にして口臭のもとを絶つ

 歯に歯垢(しこう=プラーク)が残っていると、細菌が増殖して口臭だけでなく、むし歯や歯周病のもとに。とくに歯周病による歯肉の炎症は、口臭の大きな原因となります。

 まずはきちんとした歯磨きで口の中全体を清潔に保ちましょう。食後や就寝前の歯磨きは口の中をきれいにするための基本。特に就寝前の歯磨きは、口臭やむし歯、歯周病などの予防に大変効果があります。磨きにくいところは、鏡で確認しながら歯ブラシをあて、磨き残しのないように。歯周病は自覚症状がほとんどないため、口臭を指摘されたり、歯磨きのとき出血するなどの異常があるときは、歯科を受診しましょう。

 舌の表面に白や黄色の苔状(こけじょう)の汚れがこびりついた状態を舌苔(ぜったい)といいます。これは食べカスや細菌、はがれ落ちた細胞などの集まりで、やはり口臭のもと。歯磨きの仕上げには、歯ブラシで舌を奥から手前に軽くこすって、舌苔をとりましょう。ストレスや疲れがたまったり、体調がよくないときにも、舌苔が増えやすくなりますから、原因を除くようにしましょう。

唾液は口の中の細菌の活動を抑えて口臭を防ぐ

 唾液には、口の中の汚れを洗い流して細菌の活動を抑える働きがあります。だから普段は口臭もあまり気にならないものです。寝起きや空腹時、緊張したときなどには唾液の分泌量が減るため、口臭が多少強くなります。また、唾液の分泌量は加齢によっても低下することが知られています。

 口を開けたまま呼吸をしていると、口の中が乾燥して口臭が強くなりやすいので、口は閉じて鼻呼吸を。また、食事をするときにも、口をきちんと閉じてかむようにしましょう。よくかむほど、唾液の分泌もよくなります。
 就寝中は唾液による口の中の洗い流しがほとんどないので、細菌やたんぱく質が増加します。だから起床時は、1日の中で最も口臭が強くなりやすいとき。朝食をしっかりとり、食後には必ず歯磨きを。

口の中以外の病気や薬が原因の場合も

 鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症=ちくのうしょう)、咽頭炎・喉頭炎など、鼻やのどに炎症があるときは、細菌によるたんぱく質の分解量が増えて、口臭の原因になります。胃腸の具合が悪い場合には、舌乳頭(舌の表面を覆っている小さな突起)に変化が起こり、舌苔が多量に沈着するといやなにおいがすることがあります。
 また、糖尿病では甘酸っぱいにおい、腎臓病ではアンモニア臭、肝臓病では腐った卵のようなにおいなど、それぞれの病気によって特徴的な口臭がすることがあります。

 ニンニクやニラなどの香りの強いものを食べたり、お酒を飲んだりすると息が臭くなるのは、血液中に取り込まれたにおいの成分が吐き出す息に混じるせいです。また、服用している薬の成分のにおいが口臭として感じられることもあります。

気になったら、口臭専門外来の受診を

 口臭に悩んでいる人は、少なくありませんが、においに対する感覚には個人差があります。自分のにおいは、自分では判断しにくいもの。ひどい口臭がしているのに気づかない人もいれば、特ににおうわけでもないのに「自分は口臭がひどい」と思い込んでいる人もいるのです。

 原因となる病気がある人には、適切な診断と治療が必要です。そして、心理的なものが原因で「口臭がある」と思い込んでいる人は、いくら歯磨きをしても問題を解決できません。
 最近は口臭の原因や診断方法の研究が進み、原因に応じた治療や指導をしてくれる口臭専門外来も増えてきています。口腔外科や歯科医院でも、口臭の診察をしているところがあります。口臭が気になる人は、受診することをおすすめします。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
角田正健先生


東京歯科大学千葉病院総合診療科 教授
1971年東京歯科大学卒業。1976年東京歯科大学講師、1991年同助教授(歯科保存学第二講座)を経て、2003年より現職、現在に至る。歯学博士。日本歯周病学会専門医(指導医)。著書に、『サヨナラお口の臭い』(医歯薬出版)ほか。

コラムに関連する病名が検索できます。

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

デリケートゾーンのにおいは洗って解決!正しいケアで女性ホルモンの分泌もアップ♡

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。デリケートゾーンのにおいやかゆみが気になったことはありませんか?今回は、なかなか人には聞けないデリケートゾーンのケアについてこっそりお伝えします。 美しい人は見... 続きを読む

余りに簡単なアスパラカス酢漬けダイエット

アスパラカス酢漬け
このダイエットはアスパラダイエットのメニューの一つだと思いますが、アスパラカス酢漬けを食べるだけ…と言う凄く手軽なダイエットです。

酢漬けを予め作っておくか、市販の物を買ってきて食事に取り入れるか…だけです。 ... 続きを読む

花粉症は早期対策で予防を-こんな症状は花粉症|6つの予防のコツ

年が明け、お正月の華やいだ雰囲気とは反対に、だんだん気が滅入っていくというのは花粉症の人たちでしょう。花粉症は、体の免疫機能がスギ花粉などを異物とみなしておこるアレルギー症状です。残念ながら、一度発症すると、自然にはなかなか治りません。そ... 続きを読む

口臭の原因になるドライマウスが若者に増えている-症状や予防法

口の中が乾く、ネバネバする、舌がヒリヒリする、唾液が出ない、食べ物が飲み込みにくい、舌がもつれて話しづらい、口臭が気になる、食べ物の味がよくわからない、急にむし歯が増えたといった症状はありませんか?
このような症状は「ドライマウス」によ... 続きを読む

におい立つ発酵食品カタログ

日本で手に入る代表的な世界の発酵食品を集めました。気になる写真をさっそくクリック! 乳製品 ヨーグルト チーズ 乳酸飲料 大豆製品 ... 続きを読む

口の開け閉めで音がするのは顎関節症かも-9つの原因と予防法

口を開け閉めするとき「カクッ」「パキン」「ジャリジャリ」などと音がする、口が開けづらい、食事中にあごが痛む、といったことはありませんか?
これらの症状が一つでもあったら、顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれません。顎関節症は若い女性に増... 続きを読む

背中の開いた服が着られない…。背中ニキビの原因と治し方

背中の大きく開いたドレスを着て、いざ出かけようと振り返って鏡を見たら、赤く腫れたニキビがブツブツ!
そんな経験はありませんか?
思春期のホルモンの影響でできる10代の顔のニキビに対し、背中のニキビは20代以降に増えてきます。
顔のニ... 続きを読む

若見え美人は唾液が多い?唾液分泌マッサージで痩せ体質に!

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。痩せにくい、ホルモンバランスの乱れ、肌荒れ、口臭などで悩んでいませんか?それは、もしかしたら唾液の分泌量が少ないのかもしれません。唾液に含まれる美容パワーでキレ... 続きを読む

ダイエットにどうしてたんぱく質が必要?

たんぱく質が不足するとダイエットは失敗する! かつては「たんぱく質を多く摂ると太る」と敬遠されがちだった肉や魚、乳製品などですが、ここ数年は「たんぱく質をきちんと摂らないと、きれいにやせない」ということが分かり、にわかに脚光を... 続きを読む

やせるためには欠かせない!たんぱく質ダイエットレシピ

「ダイエットするなら食事の量を減らすのが一番!」「ダイエットするならお肉や魚は厳禁!」なんて言っている人、いませんか?
以前はダイエットの敵として扱われてきたたんぱく質ですが、最近の研究では必要量を摂... 続きを読む