夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

暑さ負けと自律神経の乱れ、両方への対策が必要

栄養バランスのよい食事をして運動で汗をかきよく眠る、規則正しい生活を

現代型の夏バテは自律神経の乱れも大きな原因

 まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは? 昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過剰な冷房による自律神経の乱れが大きな原因となっています。

 自律神経は、血液循環や脈拍、血圧、発汗など、体の基本的な働きを意思とは無関係にコントロールし、体を一定の状態に保つ働きをしています。暑くなるとまず体表面の血管を広げて熱を体の外に逃がし、さらに暑くなると汗を出し、汗が蒸発するときの気化熱で体を冷やすというように、発汗による体温調節も自律神経の働きによるもの。
 本来は気温が高くなるにつれてより低い体温で汗をかくようになり、夏の暑さに順応できるようになっていくのですが、エアコンの普及で暑さに慣れることができなくなっています。さらに、屋内外の激しい温度差が自律神経をまいらせ、体調をくずす原因に。現代型の夏バテには、暑さ負けと自律神経の乱れの両方への対策が必要なのです。

夏バテ回復はバランスのよい食事から

 夏バテ回復にはまずエネルギーを不足させないこと。少量でも栄養バランスのよい食事をこころがけ、1日3食きちんと食べましょう。
 ご飯やパンなど、エネルギー源となる炭水化物は少量でも毎食欠かさずに。たんぱく質が不足すると基礎体力が落ちてしまうため、脂肪が少ない肉や魚、豆腐など、良質なたんぱく質を意識してとるようにしましょう。

 体調を整えてくれるビタミン、ミネラルはたっぷりとる必要があります。夏に不足がちなビタミン、ミネラルは旬の野菜に多く含まれますが、冷房で冷えた体には、生でとるよりは加熱することをおすすめします。
 しょうがやねぎなどの薬味や香辛料は体を温め、発汗作用もあるので、まさに現代型の夏バテ対策にぴったり。これらはまた、食欲を高め、疲れた胃腸の機能を回復する効果があるので積極的に利用しましょう。
 夏バテ回復にとくに効果が高い栄養素がビタミンB1。糖質をエネルギーに変える働きを助け、疲労回復に役立つビタミンB1は、豚肉、うなぎ、卵、枝豆などに多く含まれます。

適度な運動で汗をかきやすい体に

 汗をかいて体温調節がスムーズにできる体になるために、適度な運動を習慣づけましょう。実際に汗を出している汗腺を「能動汗腺」といいますが、その数は汗腺全体の半分ほど。しかも、使わなければ退化してしまいます。そのため冷房の効いた部屋に1日中いると、能動汗腺の数が減って、ますます汗をかきにくい体になってしまいます。
 そうならないためには運動で汗をかくのが一番。室内でできる腹筋やスクワット、涼しい時間帯にするウオーキング、水中運動などがおすすめです。汗ばむほどの運動を継続して行っているうちに能動汗腺の数も増え、汗をかきやすい体になってきます。

 運動をすると新陳代謝が盛んになり、血行もよくなって疲労物質が取り除かれるため、疲労回復につながります。ぬるめのお湯にゆったりつかる半身浴やストレッチ、マッサージなども同様の効果が。
 運動中に限らず、こまめな水分補給は夏バテ防止に欠かせません。普段は水でもお茶でも結構ですが、ミネラルを含む麦茶がとくにおすすめです。

十分な睡眠・休養で体力回復を

 睡眠不足では疲れがとれず、夏バテも解消されません。しかし、暑くて寝られないからと冷房をつけっぱなしで寝るのは避けましょう。体が冷えると、体温を維持しようと寝ている間も体が働き続け、疲れてしまいます。眠ってしまうと体温が下がるので、室温を28度くらいの高めに設定したり、タイマーで寝入ったころ冷房が切れるようにしておくといいでしょう。
 扇風機を使ったり、敷布団の上にゴザや麻素材のパッドなどを敷くのも、寝苦しさをやわらげることができて効果的。それでも眠れない日が続く場合、可能なら30分くらい昼寝をして、疲れがたまらないようにしましょう。

規則正しい生活で自律神経をメンテナンス

 現代型の夏バテは自律神経の乱れが原因となっていますから、回復には自律神経のバランスを整えることが重要です。しかし夜型の生活やストレスといった現代人特有の生活環境は、自律神経の乱れにさらに拍車をかけています。朝早く起きて日光を浴び、昼間活動して夜は早めに寝る、食事時間も一定にするといった規則正しい生活を取り戻し、自律神経を整えましょう。

 冷房の効いた場所では上着をはおり、外では脱ぐというように、こまめに体温調節をするのも自律神経への負担を軽くするのに役立ちます。また、腹式呼吸でゆっくり行うヨガやストレッチは自律神経を整えると言われ、ストレス解消にも効果があります。

 ここで注意しなくてはいけないのは、だるいのは夏バテのせいと思っていたら、鉄欠乏性貧血や甲状腺機能障害、糖尿病、肝炎などの病気が隠れていたという場合もあることです。疲労感が強かったり長引く場合は、一度医師に相談してみましょう。

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
稲次潤子先生


医療法人社団正潤会 パークサイドクリニック院長
1981年千葉大学医学部卒業後、同付属病院循環器内科入局。1983年米国クーパーエアロビクスセンターでエアロビクス理論に基づく予防医学を学ぶ。1984年より日本エアロビクスセンター エアロビクスクリニック、君津健康センター勤務を経て、2001年乃木坂いなじクリニック開業。2005年芝公園に移転し、パークサイドクリニック開業、現在に至る。医学博士、日本体育協会認定スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医、人間ドック学会認定指定医、日本医師会認定産業医など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

冷房を我慢しないで!寝苦しい熱帯夜を乗り切る、快眠美人の熟睡法

高温多湿で寝苦しい夏。ただでさえ紫外線などによるダメージで、肌トラブルが増えやすい時季なのに、うまく眠れないことで睡眠時間にキレイが育めず、翌朝もお疲れ肌で、夏がおわる頃にはぐっと老けてしまった!なんてことだけは避けたいですよね。熱帯夜... 続きを読む

水分豊富なゆでなすで夏バテ防止ダイエット

なす
なすは95%が水分と、とても水分が豊富な野菜です。
特徴として「体を冷やす」という効果があります。
夏に何も食べずに水分をがぶがぶ摂るよりも、なすレシピで賢く水分を摂りながらダイエットが賢い方法です。
なすは油を吸ってしまい... 続きを読む

足元の冷房冷えを一発解消 夏の「ムートンブーツ」が超オススメ

外は暑いのに、オフィスなどの室内は冷房のせいで寒い…。特に下半身の冷えは、体調不良を招きます。そこで活躍するのが、ムートンブーツ。ムートンブーツが活躍するのは冬だけにあらず!
しまい込んであるムートンブーツを早速出してきましょう! 冷... 続きを読む

生活に支障をきたす汗は「多汗症」かも-症状によっては保険も適用

汗が気になる季節になりました。スポーツやサウナでかく汗は別として、普段は嫌われることの多い汗ですが、暑いときに発汗して体温の上昇を防ぐなど、体にとって大切な役割を果たしています。
しかし、それほど暑くもないのに皮膚の表面がぬれてしまうほ... 続きを読む

夏バテしない!夏のバランス栄養食

夏でもバテずにダイエット!
「夏って暑くて食欲が落ちて自然に痩せるのよねー。」そんなこと考えてる方、いませんか?
でもそれって夏バテなんです。いくら体重が落ちてもなんだかだるくて食事もできないなんて良いダイエ... 続きを読む

スポーツインストラクターが実践する夏バテ予防のコツ

立っているだけで汗が吹きだすような暑さなのに、スポーツをする人はどうやって夏バテを防いでいるのでしょうか。スポーツインストクターの田中舞さんに、免疫力を上げて夏バテを予防するコツを教えてもらいました。 食事の調整で疲れにくいカラダをキー... 続きを読む

夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは

食材の効果を生かした組み合わせを知って夏バテを即効解消。焼肉、にんにく、酢など夏バテ対策食の定番は、かえって夏バテを促進することも。新しいスタミナ食を紹介。 疲れをとるつもりで食べて、かえって疲れることもある 「焼肉やにんにく」でスタミナ... 続きを読む

夏バテを引きずった体に優しいのは、ソバやそうめんなどの、あっさりメニュー?

栄養IQを高める!~今回の解説~ Q. 夏バテを引きずった体に優しいのは、ソバやそうめんなどの、あっさりメニュー? A. NO…たんぱく質を摂ることが夏バテ解消&ダイエットに! 夏場の食... 続きを読む

夏バテで痩せるどころか夏太り!?「夏」のダイエットを成功させるコツ3つ

「夏バテで体重が減ると思いきや、むしろ増えてしまった!」という人も多いかもしれません。夏は食欲が落ちやすいですが、内臓機能が低下した分代謝も減退しがち。夏太りを防ぎ、ダイエットを成功へと導くコツをご紹介します。「夏」のダイエットを成功さ... 続きを読む