夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

暑さ負けと自律神経の乱れ、両方への対策が必要

栄養バランスのよい食事をして運動で汗をかきよく眠る、規則正しい生活を

現代型の夏バテは自律神経の乱れも大きな原因

 まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは? 昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過剰な冷房による自律神経の乱れが大きな原因となっています。

 自律神経は、血液循環や脈拍、血圧、発汗など、体の基本的な働きを意思とは無関係にコントロールし、体を一定の状態に保つ働きをしています。暑くなるとまず体表面の血管を広げて熱を体の外に逃がし、さらに暑くなると汗を出し、汗が蒸発するときの気化熱で体を冷やすというように、発汗による体温調節も自律神経の働きによるもの。
 本来は気温が高くなるにつれてより低い体温で汗をかくようになり、夏の暑さに順応できるようになっていくのですが、エアコンの普及で暑さに慣れることができなくなっています。さらに、屋内外の激しい温度差が自律神経をまいらせ、体調をくずす原因に。現代型の夏バテには、暑さ負けと自律神経の乱れの両方への対策が必要なのです。

夏バテ回復はバランスのよい食事から

 夏バテ回復にはまずエネルギーを不足させないこと。少量でも栄養バランスのよい食事をこころがけ、1日3食きちんと食べましょう。
 ご飯やパンなど、エネルギー源となる炭水化物は少量でも毎食欠かさずに。たんぱく質が不足すると基礎体力が落ちてしまうため、脂肪が少ない肉や魚、豆腐など、良質なたんぱく質を意識してとるようにしましょう。

 体調を整えてくれるビタミン、ミネラルはたっぷりとる必要があります。夏に不足がちなビタミン、ミネラルは旬の野菜に多く含まれますが、冷房で冷えた体には、生でとるよりは加熱することをおすすめします。
 しょうがやねぎなどの薬味や香辛料は体を温め、発汗作用もあるので、まさに現代型の夏バテ対策にぴったり。これらはまた、食欲を高め、疲れた胃腸の機能を回復する効果があるので積極的に利用しましょう。
 夏バテ回復にとくに効果が高い栄養素がビタミンB1。糖質をエネルギーに変える働きを助け、疲労回復に役立つビタミンB1は、豚肉、うなぎ、卵、枝豆などに多く含まれます。

適度な運動で汗をかきやすい体に

 汗をかいて体温調節がスムーズにできる体になるために、適度な運動を習慣づけましょう。実際に汗を出している汗腺を「能動汗腺」といいますが、その数は汗腺全体の半分ほど。しかも、使わなければ退化してしまいます。そのため冷房の効いた部屋に1日中いると、能動汗腺の数が減って、ますます汗をかきにくい体になってしまいます。
 そうならないためには運動で汗をかくのが一番。室内でできる腹筋やスクワット、涼しい時間帯にするウオーキング、水中運動などがおすすめです。汗ばむほどの運動を継続して行っているうちに能動汗腺の数も増え、汗をかきやすい体になってきます。

 運動をすると新陳代謝が盛んになり、血行もよくなって疲労物質が取り除かれるため、疲労回復につながります。ぬるめのお湯にゆったりつかる半身浴やストレッチ、マッサージなども同様の効果が。
 運動中に限らず、こまめな水分補給は夏バテ防止に欠かせません。普段は水でもお茶でも結構ですが、ミネラルを含む麦茶がとくにおすすめです。

十分な睡眠・休養で体力回復を

 睡眠不足では疲れがとれず、夏バテも解消されません。しかし、暑くて寝られないからと冷房をつけっぱなしで寝るのは避けましょう。体が冷えると、体温を維持しようと寝ている間も体が働き続け、疲れてしまいます。眠ってしまうと体温が下がるので、室温を28度くらいの高めに設定したり、タイマーで寝入ったころ冷房が切れるようにしておくといいでしょう。
 扇風機を使ったり、敷布団の上にゴザや麻素材のパッドなどを敷くのも、寝苦しさをやわらげることができて効果的。それでも眠れない日が続く場合、可能なら30分くらい昼寝をして、疲れがたまらないようにしましょう。

規則正しい生活で自律神経をメンテナンス

 現代型の夏バテは自律神経の乱れが原因となっていますから、回復には自律神経のバランスを整えることが重要です。しかし夜型の生活やストレスといった現代人特有の生活環境は、自律神経の乱れにさらに拍車をかけています。朝早く起きて日光を浴び、昼間活動して夜は早めに寝る、食事時間も一定にするといった規則正しい生活を取り戻し、自律神経を整えましょう。

 冷房の効いた場所では上着をはおり、外では脱ぐというように、こまめに体温調節をするのも自律神経への負担を軽くするのに役立ちます。また、腹式呼吸でゆっくり行うヨガやストレッチは自律神経を整えると言われ、ストレス解消にも効果があります。

 ここで注意しなくてはいけないのは、だるいのは夏バテのせいと思っていたら、鉄欠乏性貧血や甲状腺機能障害、糖尿病、肝炎などの病気が隠れていたという場合もあることです。疲労感が強かったり長引く場合は、一度医師に相談してみましょう。

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
稲次潤子先生


医療法人社団正潤会 パークサイドクリニック院長
1981年千葉大学医学部卒業後、同付属病院循環器内科入局。1983年米国クーパーエアロビクスセンターでエアロビクス理論に基づく予防医学を学ぶ。1984年より日本エアロビクスセンター エアロビクスクリニック、君津健康センター勤務を経て、2001年乃木坂いなじクリニック開業。2005年芝公園に移転し、パークサイドクリニック開業、現在に至る。医学博士、日本体育協会認定スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医、人間ドック学会認定指定医、日本医師会認定産業医など。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  2. 2
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  3. 3
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  6. 6
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  8. 8 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  10. 10 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11 うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    心理学用語―転移とは? 臨床心理学の用語に、『転移』という用…
  12. 12
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  15. 15
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16
    春の眠気を吹き飛ばす!眠くなった時に集中力を取り戻す5つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ぽか…
  17. 17
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  18. 18
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  19. 19
    ひとりぼっち…誰もわかってくれない…と感じたらー不安の応急手当
    【執筆】石野朝子カウンセラー 「こころのひとりぼっち感」を抱えて…
  20. 20 疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧