冬の食中毒、ノロウイルスは11月から増える-7つの対策方法

ノロウイルスにはさわらない、吸い込まない、持ち込まない

ノロウイルスによる食中毒は毎年冬にピークを迎える。手洗いと食品の加熱、感染源の消毒で身を守ろう

11月に増えはじめるノロウイルスの食中毒

 ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎は1年を通して発症しますが特に冬に多く、11月頃から増えはじめ、1~2月にピークを迎えます。昨シーズン大流行したことは、どなたも記憶に新しいのではないでしょうか?

 国立感染症研究所の発表によると、昨冬全国で猛威をふるったノロウイルスは、これまで日本をはじめ欧米では検出されたことのない新型ウイルスでした。ウイルスや細菌は、形を変えていくことで、免疫システムから逃れ、感染力を高めていきますが、このことも昨シーズン大流行を起こした原因の一つとみられています。

 ノロウイルスに感染すると、12~72時間で嘔吐(おうと)と下痢、腹痛があらわれます。突然の嘔吐や下痢に驚かされますが、健康な人では重症化したり長引くことはまれですので、あわてずにお湯で薄めたスポーツドリンクなどで水分補給をしつつ、安静に努めましょう。ただし抵抗力の低い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。脱水症状が強い場合は、病院を受診するようにしましょう。

ノロウイルスはこうしてうつる

 ノロウイルスは口から入って小腸で感染し、急性の感染性胃腸炎を起こします。ウイルスが口に入る経路には、次のようなものがあります。

●食品から人へ
 ウイルスで汚染された食品や水を飲食することによる「経口感染」
●人から人へ
 感染者の便や嘔吐物をさわった手による「接触感染」
 感染者の便や嘔吐物の細かい粒子(塵)を吸い込むことによる「空気感染」

 感染者の便や嘔吐物から二次的に感染する感染性胃腸炎が多く、食品からの経口感染によって起こる食中毒も多くみられています。
 ノロウイルスは、腸内で爆発的に増えるため、感染者の便や嘔吐物には大量のウイルスが含まれています。そのため、その処理を的確に行わないと、多くの人に二次感染を起こします。

感染しないための対策を知っておこう

 予防には手洗いと食品の加熱が効果的です。すでに周囲に感染者がいる場合は、感染源や環境の消毒も必要になります。

●手洗いは最低でも10秒以上かけ、2回洗う
 帰宅時、排便の後、食事前、調理や配膳の前などは必ず手洗いを。石けん(ハンドソープ剤が望ましい)をよく泡立て、手のひらや甲だけでなく、指先、指の間、手首までよくこすって洗う。特に親指とすべての指の先は、食べ物に触れるとき最も使う部分だが洗い残しやすいので注意。すすぎは温水の流水で十分に洗い流す。洗った手は、清潔なタオルや紙タオルでふき取る。この手洗いの操作を2回行う。家族間でもタオルの共用はしないように。

●食品は85℃以上で1分間以上加熱
 ウイルスがついた手で調理することによって食品が汚染されることが多い。また、ノロウイルスは海水を介してかきなどの二枚貝に入り込むことがある。食品の中心部までよく火が通るように、85℃以上で1分間または70℃以上で5分間以上しっかり加熱する。ノロウイルスを殺すには加熱が確実。

●消毒液でウイルスを完ぺきに除去
 家庭や職場にウイルスが持ち込まれた場合は、消毒が必要。アルコールや逆性石けん、中性洗剤、酵素系漂白剤ではウイルスを完全に殺すことができないので、市販の塩素系漂白剤(塩素濃度約5%)を水で薄めて消毒液をつくって消毒する。

●感染源(便や嘔吐物)の処理方法
 床や衣類についた感染源を処理するときは、使い捨ての手袋、マスク、エプロンで防護する。感染源は新聞紙等で覆い、それに1000ppm(0.1%)の塩素系漂白剤液を注ぎ、10分間置いた後、ふき取り、新聞紙ごとビニール袋に入れ、廃棄物がつかるよう1000ppm液を入れる。袋は2枚重ね、破けて中身がもれることがないようにする。
 汚物をふき取ったあとの床などは1000ppm液でひたすようにふき取り、その後水ぶきする。処理中に塩素ガスが出ることと、ノロウイルスは乾燥すると空気中にただようので、屋外に出ていくように窓を開けて換気する。

●汚れた衣類やタオルの洗濯法
 バケツなどに分別して下洗いし、熱湯消毒するか、200ppm(0.02%)液で消毒後、洗剤で洗う。その後、高温の乾燥機(排気口は屋外に出して行う)、熱いアイロンなどを使えばさらに効果的。下洗いした液には塩素系漂白剤液を50分の1量を加え(1000ppm液とする)消毒してから捨て、使用したバケツも1000ppm液で消毒する。

●調理台・調理用具の消毒
 調理台・調理器具は洗剤で洗ったあと、200ppm液でひたし、その後また水洗いする。調理器具、食器、ふきん等は熱湯消毒する。

●部屋の消毒
 手がよくふれるドアノブ、蛇口、手すり、電気のスイッチなどは200ppm液で消毒し、10分後に水ぶきする。

 感染源を処理した後は、手袋をしていたとしても必ず石けんを使って手洗いとうがいをするようにしましょう。

【監修】
西尾 治先生


前国立感染症研究所感染症情報センター室長(現客員研究員)

コラムに関連する病名が検索できます。

冬の食中毒、ノロウイルスは11月から増える-7つの対策方法 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【新型ノロウイルス】は「手洗い」と「加熱」で予防効果あり。

ノロウイルスによる食中毒が流行する時期になりました。ノロウイルスは寒さや乾燥に強く、カキ(貝)が感染経路に関わっているため、ノロウイルスによる食中毒は秋から春先にかけて、12~1月をピークに流行します。今年は新型のGⅡ/17が流行のきざ... 続きを読む

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

潜伏期間1~2日!ノロウイルスの症状と予防法

冬に多いノロウイルス感染症とは

潜伏期間は1〜2日で、症状は吐き気、嘔吐、水のような下痢、腹痛など。普通の成人は感染しても軽症ですむが、免疫力の低下した高齢者や乳児が感染すると、死亡することもある。
ノロウイルス - goo ヘル... 続きを読む

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む

ノロウイルスと牡蠣の関係 食中毒を起こしやすい牡蠣は生食用or加熱用?

ノロウイルスは牡蠣に蓄積している場合がありますが、適切に処理されたものなら安心して食べられます。牡蠣鍋に牡蠣フライと、冬は牡蠣のおいしい時期。正しい情報を身につけて、安全に楽しみましょう。 「生食用=新鮮=安全」ではない 冬になるとニュ... 続きを読む

ノロウイルスによる食中毒は冬場に増える-家族感染を予防しよう

夏を中心に起こる食中毒は細菌(サルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌など)によるものが多いのですが、冬になると細菌が検出されないものがかなりふえてきます。その大部分はノロウイルスによるものです。流行する時期は11月から3月くらいまで... 続きを読む

潰瘍性大腸炎が20~30代に急増してる? 主な3つの症状

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。もともと欧米に多くみられた病気ですが、近年日本でも患者数が急増しています。2013年の患者数は1000人に1人程度ですが、10年で約2倍になる勢いで急増してい... 続きを読む

ネバネバ食品はダイエットの強い味方

ネバネバ食品
ネバネバ食品というと、見た目がネバネバしている食品ですので、誰でも分かりやすいと思います。例えば、納豆・山芋・めかぶ・オクラ・なめこなどがあります。ネバネバ食品ダイエットとは、このようなネバネバ食品を積極的に食べるというダ... 続きを読む

大掃除に役立つとっておきの掃除方法-家の中の場所別・掃除の仕方

年の瀬も押し迫ってきました。そろそろ一年の汚れを落とす、大掃除のシーズンです。
「面倒くさいなぁ…」と思っている人もいるでしょうが、大掃除は新年に年神さまをお迎えするうえで欠かせないもの。また、かけがえのない健康を守るうえでも、大掃除は... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 2-盲腸(虫垂炎)の症状と治療法

虫垂炎(ちゅうすいえん)は、文字通り虫垂に炎症が起きる病気です。虫垂は、盲腸(大腸の一部で右下腹部に位置する)から突き出た通常5〜10cmほどの細い突起物です。(「大腸・直腸と排便 - 人体図・図解・体の仕組み」参照)
盲腸と虫垂が接... 続きを読む