女性に多い冷え性は免疫力も低下させる-体を温める食材は?

全身に悪影響をおよぼす「冷え」から体を守る

冬でも冷たい飲み物、旬を意識しない食事、不規則な生活など、現代人の生活が「冷え」をつくる

若い世代に低体温の人が増えている

 「冬になると、手足の先が冷えてつらい」という冷え性は、とくに女性に多くみられます。さらに、最近ではこうした「冷え」の自覚症状のあるなしにかかわらず、平熱が36.5度以下という低体温の人が若い世代や子どもに増えており、35度台の人が珍しくないといいます。

 体温が下がって体が冷えると、血管が収縮して血行が悪くなり、心臓から送られる温かい血液が末梢血管までうまく届かなくなります。同時に新陳代謝も悪くなり、水分を排出する力も弱まって、むくみが出たりします。
 昔から東洋医学では「冷えは万病のもと」といわれ、こうした血のめぐりが悪い状態を「お血(けつ)」、余分な水分がたまった状態を「水毒(すいどく)」といい、どちらも体が冷えやすい状態をさします。

免疫力が低下するのが問題

 冷えが体のさまざまな機能に悪影響を与えることは、現代医学でも認められています。

●白血球の働きが悪くなるため免疫力が低下し、かぜをはじめ自律神経失調症、膠原病(こうげんびょう)、がんなど、さまざまな病気にかかりやすくなる。体温が1度低くなると、免疫力が30%以上低下するといわれる
●代謝が低下して太りやすくなり、肌や髪にもトラブルがあらわれる
●血行不良から、頭痛、肩こり、腰痛、月経不順などを起こしやすく、悪化しやすい
●胃腸の冷えや自律神経の乱れから、便秘や下痢になりやすくなる

 意外なことに、手足のほてりも冷えが原因。これは体温調節がうまくいっていない証拠で、臓器が集まっている腹部はむしろ冷えていることが多いそうです。ほかにも次のような状態は体に「冷え」があるサインですから、見逃さず、冷えをため込まないことが大切です。

<こんな症状は冷えのサイン>
唇の色が紫色/目の下にクマがある/歯ぐきに色素が沈着して黒っぽい/舌が全体的にぼってり厚ぼったい/おへその上側より下側が冷たい/手のひらが赤っぽい/青あざができやすい

体を温める工夫をしよう

  「冷え」は次のような、ごく普通の生活習慣から生まれます。
・真冬でも冷たい飲みものを飲んだり、季節外れの野菜や果物を食べる
・運動不足で筋肉量が不足している
・不規則な生活、過剰なストレスで自律神経が乱れている
・入浴は湯船につからずシャワーですませる
・冬でも薄着、体を締めつける下着やハイヒールなどを着用している
・極端なダイエットで体脂肪が低下している

 こうした冷えの原因となる習慣はあらため、次のような工夫で体を温め、冷えにくい体をつくりましょう。

●体を温める食品をとる
 食品にはそれ自体に体を温めたり冷やしたりする性質がある。とくに冬には体を温める食品を積極的に。

 体を温める陽性食品: にんじん、れんこん、山いも、ごぼう、ねぎ、にら、しょうが、にんにく、黒ごま、塩、みそ、とうがらし、シナモン、梅干し、チーズ、肉類、魚介類、卵、紅茶、赤ワインなど
 体を温めも冷やしもしない食品: 玄米、大豆、とうもろこし、りんご、ぶどう、いちご、プルーン、白ごま、黒砂糖、はちみつ、かぼちゃ、さつまいも、さといも、こんにゃくなど
 体を冷やす陰性食品: レタスなどの葉野菜、きゅうり、トマト、もやし、柿、パイナップルなどの南方産の果物、牛乳、白砂糖、コーヒー、ビール、清涼飲料水、ケーキなどの菓子類、豆腐など

●朝はしょうが紅茶で体を温める
 睡眠中には体温が下がるため、朝は体が冷えている。1日を元気に始めるには温かい「しょうが紅茶」がおすすめ。熱い紅茶に、すりおろしたしょうが小さじ1~2杯を加える。黒砂糖やハチミツで好みの甘さにして。

●外出時はマフラーやストールで首元を温かく
 首には余分な脂肪を熱に変えて放出させる働きのある褐色脂肪細胞がある。ここを冷やすと体温が放出され、体を冷やすので、マフラーなどで首元をしっかりガード。

●腹巻&5本指靴下で下半身をガード
 冷え予防にはとくに下半身のガードが重要。薄手の毛糸のパンツやスパッツ、腹巻で腰回りとおなかを温める。足元は、指が自由に動き血行促進によい5本指靴下がおすすめ。

●運動不足は通勤時のウオーキングで解消
 筋肉を使うと熱を生み出すので、運動は冷えの予防に効果大。とくにウオーキングは足先の血行を促進し、血流を心臓に戻す働きをするふくらはぎの筋肉の増強にも役立つ。

●全身浴のあとにゆっくり半身浴
 寒い季節の半身浴は、全身浴で体を温めてから行うとよい。39~40℃の湯に30~40分ほどつかる。肩には乾いたタオルなどをかけて肩を冷やさないように。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
石原結實先生


イシハラクリニック院長
1948年長崎市生まれ。長崎大学医学部卒業後、同大大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。コーカサス・グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員。テレビの健康番組での医学解説や、全国各地で公演活動なども行う。著書に『医者と薬に頼らない! 女性の病気は自分で治す』(主婦の友社)、『「体を温める」と病気は必ず治る 実践編』(三笠書房)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  2. 2
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  3. 3
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  7. 7
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  8. 8
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  11. 11
    失った肌のハリが戻ってくる!?おからパウダーが凄い理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  12. 12
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  13. 13
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  14. 14
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  15. 15
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    【発達障害の特徴】2.コミュニケーション障害-言葉の遅れやオウム返しなど
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  18. 18
    ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  19. 19
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…
  20. 20
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一…

一覧