女性に多い冷え性は免疫力も低下させる-体を温める食材は?

全身に悪影響をおよぼす「冷え」から体を守る

冬でも冷たい飲み物、旬を意識しない食事、不規則な生活など、現代人の生活が「冷え」をつくる

若い世代に低体温の人が増えている

 「冬になると、手足の先が冷えてつらい」という冷え性は、とくに女性に多くみられます。さらに、最近ではこうした「冷え」の自覚症状のあるなしにかかわらず、平熱が36.5度以下という低体温の人が若い世代や子どもに増えており、35度台の人が珍しくないといいます。

 体温が下がって体が冷えると、血管が収縮して血行が悪くなり、心臓から送られる温かい血液が末梢血管までうまく届かなくなります。同時に新陳代謝も悪くなり、水分を排出する力も弱まって、むくみが出たりします。
 昔から東洋医学では「冷えは万病のもと」といわれ、こうした血のめぐりが悪い状態を「お血(けつ)」、余分な水分がたまった状態を「水毒(すいどく)」といい、どちらも体が冷えやすい状態をさします。

免疫力が低下するのが問題

 冷えが体のさまざまな機能に悪影響を与えることは、現代医学でも認められています。

●白血球の働きが悪くなるため免疫力が低下し、かぜをはじめ自律神経失調症、膠原病(こうげんびょう)、がんなど、さまざまな病気にかかりやすくなる。体温が1度低くなると、免疫力が30%以上低下するといわれる
●代謝が低下して太りやすくなり、肌や髪にもトラブルがあらわれる
●血行不良から、頭痛、肩こり、腰痛、月経不順などを起こしやすく、悪化しやすい
●胃腸の冷えや自律神経の乱れから、便秘や下痢になりやすくなる

 意外なことに、手足のほてりも冷えが原因。これは体温調節がうまくいっていない証拠で、臓器が集まっている腹部はむしろ冷えていることが多いそうです。ほかにも次のような状態は体に「冷え」があるサインですから、見逃さず、冷えをため込まないことが大切です。

<こんな症状は冷えのサイン>
唇の色が紫色/目の下にクマがある/歯ぐきに色素が沈着して黒っぽい/舌が全体的にぼってり厚ぼったい/おへその上側より下側が冷たい/手のひらが赤っぽい/青あざができやすい

体を温める工夫をしよう

  「冷え」は次のような、ごく普通の生活習慣から生まれます。
・真冬でも冷たい飲みものを飲んだり、季節外れの野菜や果物を食べる
・運動不足で筋肉量が不足している
・不規則な生活、過剰なストレスで自律神経が乱れている
・入浴は湯船につからずシャワーですませる
・冬でも薄着、体を締めつける下着やハイヒールなどを着用している
・極端なダイエットで体脂肪が低下している

 こうした冷えの原因となる習慣はあらため、次のような工夫で体を温め、冷えにくい体をつくりましょう。

●体を温める食品をとる
 食品にはそれ自体に体を温めたり冷やしたりする性質がある。とくに冬には体を温める食品を積極的に。

 体を温める陽性食品: にんじん、れんこん、山いも、ごぼう、ねぎ、にら、しょうが、にんにく、黒ごま、塩、みそ、とうがらし、シナモン、梅干し、チーズ、肉類、魚介類、卵、紅茶、赤ワインなど
 体を温めも冷やしもしない食品: 玄米、大豆、とうもろこし、りんご、ぶどう、いちご、プルーン、白ごま、黒砂糖、はちみつ、かぼちゃ、さつまいも、さといも、こんにゃくなど
 体を冷やす陰性食品: レタスなどの葉野菜、きゅうり、トマト、もやし、柿、パイナップルなどの南方産の果物、牛乳、白砂糖、コーヒー、ビール、清涼飲料水、ケーキなどの菓子類、豆腐など

●朝はしょうが紅茶で体を温める
 睡眠中には体温が下がるため、朝は体が冷えている。1日を元気に始めるには温かい「しょうが紅茶」がおすすめ。熱い紅茶に、すりおろしたしょうが小さじ1~2杯を加える。黒砂糖やハチミツで好みの甘さにして。

●外出時はマフラーやストールで首元を温かく
 首には余分な脂肪を熱に変えて放出させる働きのある褐色脂肪細胞がある。ここを冷やすと体温が放出され、体を冷やすので、マフラーなどで首元をしっかりガード。

●腹巻&5本指靴下で下半身をガード
 冷え予防にはとくに下半身のガードが重要。薄手の毛糸のパンツやスパッツ、腹巻で腰回りとおなかを温める。足元は、指が自由に動き血行促進によい5本指靴下がおすすめ。

●運動不足は通勤時のウオーキングで解消
 筋肉を使うと熱を生み出すので、運動は冷えの予防に効果大。とくにウオーキングは足先の血行を促進し、血流を心臓に戻す働きをするふくらはぎの筋肉の増強にも役立つ。

●全身浴のあとにゆっくり半身浴
 寒い季節の半身浴は、全身浴で体を温めてから行うとよい。39~40℃の湯に30~40分ほどつかる。肩には乾いたタオルなどをかけて肩を冷やさないように。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
石原結實先生


イシハラクリニック院長
1948年長崎市生まれ。長崎大学医学部卒業後、同大大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。コーカサス・グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員。テレビの健康番組での医学解説や、全国各地で公演活動なども行う。著書に『医者と薬に頼らない! 女性の病気は自分で治す』(主婦の友社)、『「体を温める」と病気は必ず治る 実践編』(三笠書房)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

しょうが紅茶でポカポカ代謝あげダイエット

しょうが紅茶
しょうがと紅茶を使ったダイエットが話題に多くのぼっていますが、以前からこの組み合わせは風邪の引きはじめによく利用されていました。しょうがは、血行をよくする生薬なので悪寒がする時に温かい紅茶にすりおろしたしょうがを入れて飲む... 続きを読む

黒砂糖がダイエットを効率化してくれます

黒砂糖
世の中には、同じような味や効果がありながら、まったく異なった成分を持っているものがあります。黒砂糖は含まれている成分によって、あなたのダイエットを効率化してくれます。
普段一般的に使われている、白い砂糖に比べると黒砂糖は糖分が... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

実は冷え性悪化の原因だった…。寝るときに履く靴下の注意点

冬も本格的になると、足が冷たくてなかなか寝付けない・・・という女性も多いようです。そのような人々は多くは靴下を履いて寝ているようですが、実はそれが冷えを促進させている原因だった?という説があります。本当なのでしょうか?実は冷え性悪化の原... 続きを読む

午前中果物だけ食べる簡単ダイエット

午前中果物だけ
午前中果物だけのダイエット方法は、午前中は生の果物を、好きなだけ食べます。
お好きな果物の名前をメモして、買い物に行って果物を購入してください。
このダイエット方法では、果物を朝の主食として考えていくことが重要です。... 続きを読む

ネバネバ食品はダイエットの強い味方

ネバネバ食品
ネバネバ食品というと、見た目がネバネバしている食品ですので、誰でも分かりやすいと思います。例えば、納豆・山芋・めかぶ・オクラ・なめこなどがあります。ネバネバ食品ダイエットとは、このようなネバネバ食品を積極的に食べるというダ... 続きを読む

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

センスのいい人!と思わせるマフラーとアウターの色合わせ【キャメル・カーキ】

本格的に寒くなってきましたね。寒さを防ぐだけではなく、コーディネートのアクセントにもなる「マフラー」。冬に欠かせないアイテムですが、悩みがちなのがコートとの色合わせ。センスのいい人!と思われるには、どんな風に色を組み合わせればいいのか?... 続きを読む

センスのいい人!と思わせるマフラーとアウターの色合わせ【ネイビー・グレー】

コートに合わせるマフラーの色って、ついワンパターンになりがちですよね。でも、どんな色のコートであっても、合わせるマフラーのカラーバリエーションは、実はとても沢山あるのです。前回のキャメルとカーキのコートに続き、今回はネイビーとグレー、そ... 続きを読む

新鮮で美味しい野菜と果物の見分け方-産地表示マークも参考に

現在スーパーでは、季節や旬にかかわらず、ほとんどの野菜が1年をとおして並べられています。旬の野菜と季節はずれの野菜、見た目はそう違いませんよね。しかし栄養価の点において、旬のもののほうがずっと優秀なのです。たとえば、トマト。夏が旬のトマト... 続きを読む