太りにくい体は自律神経から-痩せないのは交感神経が原因かも?

脂肪の燃焼は自律神経にかかっている

生活習慣をリセットして、自然のリズムに合わせて生活しよう

やせにくいのは交感神経の働き低下から

 あの手この手でダイエットに取り組んでも、なかなかやせにくいという場合、その原因としては、交感神経の働きが低下していることが考えられます。

 交感神経は、副交感神経とともに自律神経と呼ばれます。交感神経は体を活動モードにする昼間の神経、副交感神経はリラックスモードに切り替える夜の神経です。昼間は交感神経が優位に働くため、体は活発に働きます。

 その活発な働きの一つが脂肪の代謝、つまり体内に蓄積された脂肪を燃焼させ、分解することです。もし、代謝がスムーズに行われていれば、脂肪が効率よく燃焼して、やせられるはずです。しかし、食事の量を控え運動してもなかなかやせられないとしたら、代謝がスムーズに行われず、脂肪が十分に燃焼していないことが考えられます。原因は、自律神経のうちの交感神経の働きが低下していることにあります。

エアコンどっぷり、昼夜逆転を改めないと

 夏は冷房、冬は暖房と、私たちの生活は大変快適になりました。少なくとも、建物や乗り物の中では、夏の暑さや冬の寒さを感じなくてよいのですから。しかし、もともと自律神経は本来の自然環境、つまり夏の暑さや冬の寒さに適応するように働く神経です。それが、夏は冷房による冷やしすぎから、冬は過度の暖房から体を守るために不自然な働き方を強いられ、自律神経は大きなダメージを受けて乱れてしまうのです。

 また、昼夜逆転の生活も、自律神経の乱れに拍車をかけています。本来、夜になって交感神経優位から副交感神経優位に切り替わるころになっても、体は活動し続けているからです。

 ほかにも、忙しくて食事を抜くことが多かったり、逆に食べすぎたり、動かない・歩かないといった現代の生活は、自律神経に不自然な働き方を強要し、交感神経と副交感神経のバランスをくずしやすい環境にあるといえます。これでは、自律神経は疲労困憊し、脂肪の代謝などにかかわりあっていられません。

体を自然な環境の中に置く

 脂肪の代謝を促してやせやすい体に変えるには、自律神経のバランスを整えて、交感神経の働きを向上させる必要があります。それには、体を不自然な外的環境に適応させるのではなく、自然な環境に適応させるようにすることです。

 今すぐにでも始められて最も手軽な方法は、日常生活を自然のリズムに合わせること。つまり、早寝早起きを心がけることです。朝起きたら朝の太陽光を浴びて体を動かし、夜はできるだけリラックスして、夜更かしをしないで寝るようにしましょう。こうして昼と夜で活動と休息のモードを切り替えるのです。朝は熱めのお湯と冷水のシャワーを交互に浴びて体を目覚めさせ、夜はぬるめの半身浴でリラックスすると、切り替えがスムーズにいきます。

 食事と運動も重要な要素です。食事は1回分の量は控えめにして、1日3食を決まった時間にとりましょう。運動は、お金をかけなくてもできます。車を使っていたところを徒歩に変えたり、エレベーターやエスカレーターはやめて階段を上るなど、意識して体を動かすようにするだけで、運動量はグンと増えます。

 また、できるだけ外気に触れ季節を感じるようにするなど、人間本来の自然な生活習慣を取り戻せば、自律神経の働きも回復し、脂肪が燃焼しやすい体になります。あなたも日常の生活習慣を見直して、自律神経の本来の働きをとり戻し、太りにくい体を手に入れましょう。

【監修】
青木 晃先生


順天堂大学大学院加齢制御医学講座准教授
フィールファインクリニック丸の内 内科統括医
1988年防衛医科大学医学部卒業。日本抗加齢医学会専門医。日本エイジマネージメント医療研究機構理事、日本抗加齢医学会評議員を務める。抗加齢(アンチエイジング)医学の第一人者としてTV・ラジオ、雑誌などでも活躍。体の中からのアンチエイジングを提唱し自らも実践。アンチエイジング・ライフスタイル・プロデューサーとしても知られる。著書に『“若返り”の食と生活』(宝島新書)、『40歳からの週末リセットダイエット』(海竜社)など多数。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

夏のダメージを解消するお肌と頭皮のケア-ポイントは朝のスキンケア

この夏、日本列島を襲った猛暑は危険レベルでしたね。日中をアウトドアで過ごした人はもちろん、ずっとエアコン下で過ごした人も、肌が夏バテしているのでは?
外気が乾燥し始める前の秋口に、夏ダメージをリセットしておかないと、老化スイッチが入った... 続きを読む

睡眠とこころの関係-よく眠れないのは精神的な問題が原因かも?

日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む

自律神経の働きとは-手軽にできる自律神経の整え方3つ

暑さも一段落し、秋の虫の音も聞こえる時期になりました。皆さん、今年はどんな夏を過ごされましたか? 季節の変わり目であるこの時期、体調を崩す方も少なくありません。今回は、心身をリセットし、ニュートラルな状態に戻す方法を、自律神経をヒントに考... 続きを読む

心臓のはたらきとは? 4つの部屋の構造|心臓病を予防する方法

日本人の成人の平均的な体重は、年齢層により多少の差がありますが、大体は男性が70キロ台、女性は50キロ台といったところでしょう。この体を動かしているのは、重さわずか250~300グラム、果物だと中くらいのリンゴほどの大きさでしかない心臓で... 続きを読む

夜遅く食べるとなぜ太る?-原因はBMAL1(ビーマルワン)

「夜遅く食べると太る」ことは、だれでも知っているでしょう。ダイエットをする人にとって「夜遅く食べない」ことは鉄則ですよね。
でもどうしてなのでしょうか?食べてすぐに寝てしまうのでエネルギーが消費されず、脂肪としてため込まれるためという... 続きを読む

ステキな恋愛が免疫力を高める?-緊張とリラックスで活性化

ステキな恋をしていると免疫力が高まる!?
これは本当のことです。恋愛と免疫力という一見何の接点もないようなこの2つが、実は根本の部分で深くかかわっているのです。
白血球は、免疫系で重要な役割を果たしていますが、その免疫細胞の働きに大きな影... 続きを読む

「量」より「時間」!「いつ食べるか」を考えて健康的にダイエット!

ダイエットで最近注目されているのは、「時間栄養学」という考え方。ダイエットというと「何を、どれくらい食べるか」という点に注目されがちですが、「いつ、何をたべるか」を重視する体内時計の働きに基づいた方法です。 ただ痩せればいいという不健... 続きを読む

冷房を我慢しないで!寝苦しい熱帯夜を乗り切る、快眠美人の熟睡法

高温多湿で寝苦しい夏。ただでさえ紫外線などによるダメージで、肌トラブルが増えやすい時季なのに、うまく眠れないことで睡眠時間にキレイが育めず、翌朝もお疲れ肌で、夏がおわる頃にはぐっと老けてしまった!なんてことだけは避けたいですよね。熱帯夜... 続きを読む

朝食を食べて集中力UP!食べられない人は体内リズムを整えて

「朝は起きるのがやっとで食欲もない。朝食なんてとても…、」という人が多いのでは?
厚生労働省の平成16年「国民健康・栄養調査」によると、朝食を食べない人は年々増えており、その割合は男女とも20代で最も高く、男性で34.3%、女性で22.... 続きを読む