太りにくい体は自律神経から-痩せないのは交感神経が原因かも?

脂肪の燃焼は自律神経にかかっている

生活習慣をリセットして、自然のリズムに合わせて生活しよう

やせにくいのは交感神経の働き低下から

 あの手この手でダイエットに取り組んでも、なかなかやせにくいという場合、その原因としては、交感神経の働きが低下していることが考えられます。

 交感神経は、副交感神経とともに自律神経と呼ばれます。交感神経は体を活動モードにする昼間の神経、副交感神経はリラックスモードに切り替える夜の神経です。昼間は交感神経が優位に働くため、体は活発に働きます。

 その活発な働きの一つが脂肪の代謝、つまり体内に蓄積された脂肪を燃焼させ、分解することです。もし、代謝がスムーズに行われていれば、脂肪が効率よく燃焼して、やせられるはずです。しかし、食事の量を控え運動してもなかなかやせられないとしたら、代謝がスムーズに行われず、脂肪が十分に燃焼していないことが考えられます。原因は、自律神経のうちの交感神経の働きが低下していることにあります。

エアコンどっぷり、昼夜逆転を改めないと

 夏は冷房、冬は暖房と、私たちの生活は大変快適になりました。少なくとも、建物や乗り物の中では、夏の暑さや冬の寒さを感じなくてよいのですから。しかし、もともと自律神経は本来の自然環境、つまり夏の暑さや冬の寒さに適応するように働く神経です。それが、夏は冷房による冷やしすぎから、冬は過度の暖房から体を守るために不自然な働き方を強いられ、自律神経は大きなダメージを受けて乱れてしまうのです。

 また、昼夜逆転の生活も、自律神経の乱れに拍車をかけています。本来、夜になって交感神経優位から副交感神経優位に切り替わるころになっても、体は活動し続けているからです。

 ほかにも、忙しくて食事を抜くことが多かったり、逆に食べすぎたり、動かない・歩かないといった現代の生活は、自律神経に不自然な働き方を強要し、交感神経と副交感神経のバランスをくずしやすい環境にあるといえます。これでは、自律神経は疲労困憊し、脂肪の代謝などにかかわりあっていられません。

体を自然な環境の中に置く

 脂肪の代謝を促してやせやすい体に変えるには、自律神経のバランスを整えて、交感神経の働きを向上させる必要があります。それには、体を不自然な外的環境に適応させるのではなく、自然な環境に適応させるようにすることです。

 今すぐにでも始められて最も手軽な方法は、日常生活を自然のリズムに合わせること。つまり、早寝早起きを心がけることです。朝起きたら朝の太陽光を浴びて体を動かし、夜はできるだけリラックスして、夜更かしをしないで寝るようにしましょう。こうして昼と夜で活動と休息のモードを切り替えるのです。朝は熱めのお湯と冷水のシャワーを交互に浴びて体を目覚めさせ、夜はぬるめの半身浴でリラックスすると、切り替えがスムーズにいきます。

 食事と運動も重要な要素です。食事は1回分の量は控えめにして、1日3食を決まった時間にとりましょう。運動は、お金をかけなくてもできます。車を使っていたところを徒歩に変えたり、エレベーターやエスカレーターはやめて階段を上るなど、意識して体を動かすようにするだけで、運動量はグンと増えます。

 また、できるだけ外気に触れ季節を感じるようにするなど、人間本来の自然な生活習慣を取り戻せば、自律神経の働きも回復し、脂肪が燃焼しやすい体になります。あなたも日常の生活習慣を見直して、自律神経の本来の働きをとり戻し、太りにくい体を手に入れましょう。

【監修】
青木 晃先生


順天堂大学大学院加齢制御医学講座准教授
フィールファインクリニック丸の内 内科統括医
1988年防衛医科大学医学部卒業。日本抗加齢医学会専門医。日本エイジマネージメント医療研究機構理事、日本抗加齢医学会評議員を務める。抗加齢(アンチエイジング)医学の第一人者としてTV・ラジオ、雑誌などでも活躍。体の中からのアンチエイジングを提唱し自らも実践。アンチエイジング・ライフスタイル・プロデューサーとしても知られる。著書に『“若返り”の食と生活』(宝島新書)、『40歳からの週末リセットダイエット』(海竜社)など多数。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧